スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
防災無線が聞こえずらい
 こんばんは。石井さちこです。

知事選がありましたので、政治活動を自粛しておりました関係上、ブログの更新ができませんでいた。

さて、本日は自転車で町内を回って活動のご報告をさせていただきました。

その際、皆さんからご質問やご意見をいただきます。

中でも多いのが、「防災無線の放送が聞こえずらい」といった内容です。

このところ東日本大震災や集中豪雨などの災害が相次ぐために、皆さんも関心が高まっているようです。

重要かつ緊急なお知らせだからこそ、防災無線が使われるのです。

流していても肝心な内容が住民に伝わっていないのであれば早急に改善すべきです。

皆様のところにお伺いしてこそ、聞こえてくる声です。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
【2011/08/01 21:08】 | 皆さんからのご質問 | コメント(2) | page top↑
住民の方から要望
 こんばんは。石井幸子です。

先日、住民の方からお電話をいただきました。


内容は「公民館の使用料の見直しをするという話があるが、どうなるのか?現在は、有料化のところ、減免ということで無料となっている。無駄がもっとあると思うので、そちらからてをつけてほしい」といったものでした。

また、「東埼玉総合病院が移転してしまう。巡回バスをなんとかまわせてもらえないか」という要望もありました。


私からは次のようにお答えさせていただきました。

「まず、公民館使用料の問題。行政の仕事に値段をつけて、棚卸をする。この作業により、無駄を洗い出す。これをせずして、受益者の負担原則を持ち出して、有料化へと進めるには住民の皆さまに理解を得ることはむずかしいのではないかと思う」とお話ししました。

「また、巡回バスの件です。子どもにツケを回さないという団体で、町長に巡回バスの運行目的とルートの変更を要望書にして提出してあります。医療機関や商業施設にもバスが止まることができるようお願いし、前向きな回答をいただいております。」

どんな些細なことでもかまいませんので、ご意見、ご要望がございましたら、遠慮なくご連絡ください。お待ちしております。

石井幸子がしっかりと取り組んでまいります。
【2011/05/24 22:25】 | 皆さんからのご質問 | コメント(0) | page top↑
杉戸高野台駅で駅頭活動
 おはようございます。石井幸子です。

今朝は杉戸高野台駅で朝5時40分から7時45分までの約2時間、駅頭活動をしました。

父の看病で約4か月ほどできませんでしたので、皆様に早朝お会いするのは久々となってしまいました。本当にご心配おかけしました。


 さて、本日は「杉戸町の放射線量について」情報提供させていただきました。

地域廻りをさせていただくと、福島第一原発の影響についての質問がかなりありました。

「杉戸町の放射線の量はどのくらいか?大丈夫か?」

「水は安心か?」「子どもには水を購入しているが、費用的にも大変だ。水道水を飲んで大丈夫か?」など、さまざまなご質問をいただきます。

私は、少しでもこうした不安に対して、情報の提供が必要だと感じましたので、今日はまず、放射線量についてお伝えしたのです。

通勤・通学の皆さんにお声掛けすることで、町の様子・状態がご理解いただけたようで

安心いたしました。

関心の高さにも驚きましたが、通学中の中学生、高校生が自らチラシに手を伸ばしてくれる。
今朝はこんなことが何度もあり、私は嬉しくもあり、次世代を担う子どもたちにも心配をさせているなと胸も締め付けられました。


そして、いつものことながら、私のこの活動にエールを送ってくださる方がいらっしゃいます。

「ありがとう」
「頑張ってください」
「活動、応援しています」
「情報ありがとう」

今日もたくさんの笑顔をエネルギーをいただきました。

石井幸子は、あなたとともに 杉戸町づくりをしていきます。
【2011/05/17 08:27】 | 皆さんからのご質問 | コメント(0) | page top↑
防災行政無線についての要望
 東北関東大震災後から、町の防災無線に関する問い合わせやご意見が多く寄せられています。

 まず、3月11日の大震災直後、防災無線からは何も流れてきていません。
停電はちょっとの間でしたが、断水は夜8時ごろまでだったでしょうか?
断水に関する情報を伝える防災無線が流れた時間ははっきりとしませんが、だいぶ時間が経過し、あたりが薄暗くなってからだったと思います。

断水の状況と復旧の見通しなど、防災無線での情報提供がもっと速やかにほしいとのご意見が多かったです。

  次に、近隣の自治体、春日部市では緊急地震速報が流れ、地震に気をつけ、落ち着いて行動しましょうというような放送が流れるが、杉戸町はどうなっているかとのお問い合わせがありました。「防災無線の実施を町に要望したが、一住民が意見してもどうにもならない。どうにかしてほしい。春日部市のように防災無線で緊急地震速報を放送してもらいたい。なんとかしてください。」との要望もかなり私のところに届きました。

 杉戸町では、この4月1日から防災無線で緊急速報を放送すると、4月号広報すぎに記事が掲載されていました。しかし、一度も緊急地震速報が防災無線で放送されることはありませんでしたので、町役場に問い合わせました。

本日、担当課の住民参加推進室の職員から回答がありました。
「システムに不具合がある。気象庁からのデーターなどで放送するシステムだが、緊急地震速報が流れても実際に地震が起こらないケースが多々ある。そこで今検討中だということである。春日部市の場合は、杉戸町とは違うシステムを使用しての緊急地震速報や地震後の、市民へメッセージを伝えているということである。」

私は、防災無線で「今、地震がありました。落ち着いて行動してください」と放送するだけでも住民は安心するのではないか。ぜひとも防災無線での呼びかけをしてほしいとお願いしました。
また、緊急地震速報に誤報があるためにシステム作動開始を見合わせ中というが、少しでも地震が来る前に心構えができればこれに越したことはない。たとえば、屋外にいたときにブロック塀の近くを歩いていたとしよう。緊急地震速報が防災無線で流れれば、塀から遠ざかることができるのである。また、屋内にいたとしても、現在の杉戸町では、家のテレビやラジオのスイッチを入れていなければ、緊急地震速報を聞くことはできない。携帯電話で登録をしてこの緊急地震速報の情報を得ることもできるが、多くの人のことを視野に入れれば、防災無線の活用が待ち望まれる。

 たとえ、実際に地震が起こらなくとも、緊急地震速報等のシステムを作動開始すべきと私は考えます。いざという時に備えるべきと思うのです。

 これだけ、多く大きな余震が続き、予断をゆるさない状況下ですから、できることはしたいものです。実際に地震が起こらなくとも不満を言う人は少ないでしょう。

  ぜひ、防災無線で緊急地震速報の放送を開始してほしいものです。

【2011/04/13 21:12】 | 皆さんからのご質問 | コメント(0) | page top↑
杉戸町ごみ収集運搬業務委託についてのご質問に答えます
 先月の中ごろ、ある住民の方から次のようなご意見・ご要望をいただきました。

 
杉戸町発注の委託業務(ごみ収集運搬業務)については、業者委託になってから一度も入札が行われたことが無く、随意契約にて行われており、指定業者3社ともそれぞれ請け負い金額がまちまちであると聞きました。
 町発注の委託事業については、ごみ収集運搬事業に関わらずすべて公平をきすために指名指定業者を選定し、公正公明な入札制度にて行われるべきと考えます。
 町民一人一人の血税が使われるわけですから、適正価格にて事業を委託業者に依頼し、浮いたお金については、他に使われるべきと思います。
 調査をしていただき、以上のような話が本当であれば、是正していただくようお願いします。

 ごみ収集運搬業務についての入札に関するご質問でした。
私はまず、11月24日に町政情報部分公開を求め、去る12月6日に回答がありました。
 その情報公開で得た資料をもとに、ご質問にお答えします。

      契約方式と委託金額


 平成6年度までは町の直営で収集。つまり、役場の職員自らが収集業務をしていました。

「可燃ごみ収集運搬業務委託料」   随意契約
 
 平成7年度4月~9月  一部直営
            ・委託業者  あすま商事
      10月~3月 全面委託
            ・委託業者  あすま商事、杉戸清掃
  
                    合計 21,757,011円
 
 平成8年度4月~9月  一部直営
           ・委託業者  あすま商事
      10月より全面委託
           ・委託業者  あすま商事、杉戸清掃

                    合計30,075,948円

 平成9年度
      町内を4ブロックに分けて全面委託

           ・委託業者  あすま商事        
                    杉戸清掃
                    杉戸クリーンサービス

                  合計44,696,686円
 平成10年度
          ・委託業者  あすま商事   14,868,000円      
                  杉戸清掃     14,868,000円 
                  
杉戸クリーンサービス14,868,000



 平成19年度まで、平成10年度と同じ内容で随意契約となっている。

 平成20年度
          ・委託業者  あすま商事   14,679,000円      
                   杉戸清掃    14,689,000円 
                   杉戸クリーンサービス14,689,584円

 平成22年度まで、平成20年度と同じ内容で随意契約となっている。


次に「不燃・粗大ごみ収集運搬業務委託料」   随意契約

 平成7年度  不燃・粗大ごみ収集  全地域直営

 平成8年度  不燃・粗大収集  直営
           杉戸クリーン      13,851,472円

 
平成9年度    不燃・粗大収集  直営
           あすま商事     10,190,756円

 平成10年度  粗大ごみ収集で一部委託が始まる
            不燃ごみ収集      あすま商事
            不燃・粗大ごみ収集  杉戸クリーンサービス
                      
                      合計 20,696,660円

 平成11年度  不燃 ・粗大ごみ収集  不燃1区分直営、粗大2区分直営
            

  不燃ごみ収集    あすま商事      8,820,000円
  不燃・粗大ごみ収集杉戸クリーンサービス  12,222,000円
  臨時収集                      489,994円
                      合計 21,042,000円

 平成12年度   
不燃 ・粗大ごみ収集  不燃1区分直営、粗大2区分直営
            
  不燃ごみ収集    あすま商事      8,820、000円
  
不燃・粗大ごみ収集杉戸クリーンサービス  12,600,000円
  臨時収集                      163,380円
                      合計 21、583,380円

 平成13年度・平成14年度
           
   不燃 ・粗大ごみ収集  不燃1区分直営、粗大1区分直営
            
  不燃ごみ収集    あすま商事      8,820、000円
  粗大ごみ       杉戸清掃       5,090,400円
  
不燃・粗大ごみ収集杉戸クリーンサービス  12,600,000円
  臨時収集                     571,830円
                      合計 27,082,230円

 平成15年度   
不燃 ・粗大ごみ収集  不燃1区分直営、粗大1区分直営
            
  不燃ごみ収集   あすま商事      8,820、000円
  粗大ごみ      杉戸清掃       5,090,400円
  
不燃・粗大ごみ収集杉戸クリーンサービス  12,600,000円
  臨時収集                      716、520円
                      合計 27,226,920円

 平成16年度   不燃 ・粗大ごみ収集  不燃1区分直営、粗大1区分直営
            
  不燃ごみ収集   あすま商事      8,820、000円
  粗大ごみ      杉戸清掃       5,090,400円
  
不燃・粗大ごみ収集杉戸クリーンサービス  12,600,000円
  臨時収集                     514,500円
                     合計 27,024,900円
 
 平成17年度から平成19年度
             
  不燃ごみ収集    あすま商事      8,820、000円
  粗大ごみ       杉戸清掃       5,090,400円
  
不燃・粗大ごみ収集杉戸クリーンサービス  12,600,000円 
                      合計 26,510,400円

 平成20年度から平成22年度
   
  不燃ごみ収集    あすま商事      8、694,000円
  粗大ごみ       杉戸清掃       5,029,320円
  
不燃・粗大ごみ収集杉戸クリーンサービス  12,448,800円 
                      合計 26、172,120円

 資料から読み取れる事は
  杉戸町のごみ収集運搬業務については、平成8年度以降徐々に直営方式から民間委託方式へと変遷をとげてきた。
  
 契約方法については、可燃ごみ、不燃・粗大ごみ、またごみ選別などすべて随意契約である。十年以上、同じ業者への随意契約となっていることは明らかである。


 可燃ごみ収集運搬業務委託料を見ると、
    3業者がほぼ同額で業務委託されていることがわかります。


              
 ところが、不燃・粗大ごみ収集運搬業務委託料を見ると
    3業者の業務委託金額にばらつきが見られます。かなりの金額の差です。

   担当課職員に12月7日電話で確認しました。
   
職員「エリア担当に差があります。また、稼動日数も違うため、金額に差が出ます」

石井幸子「業者によってかなりの差がある。エリア分けが公平ではない。業者から不満はでないのか?これまで随意契約をしているがその理由は?競争入札にする予定はあるのか?文書で出すように要求していたが・・・」


職員「業者から不満はでない。随意契約の理由は、収集個所が1000箇所以上ある。競争入札だと新たな業者が落札した時に、4月からスムーズに収集できるか疑問である。このため慣れている業者と随意契約している。今後は、収集エリアの変更を検討している。入札方法も検討したい」


 資料請求したものがすべて公開されていません。

ごみ収集運搬業務の詳細、単価を明記したものをと要求したのだが、総額でしか回答がありませんでした。

3業者の委託金額の差は、担当エリアの差、稼動日数の差であるのか、確かめてみたいと思います。
パッカー車1台あたりの単価は同じだとは思いますが、環境課に出向いて確かめます。

ちなみに、廃棄物収集運搬で業者登録している業者は32業者(町内外あわせて)あります。

 入札方法ですが、
ごみ収集運搬事業は他の事業と違い、随意契約となってきた経緯は私も理解します。しかい、随意契約における改革・改善を抜本的に見直すことは必要であると思われます。特に、特定業者との間で従前から随意契約をしているとの理由で安易に繰り返している事例については、制限つき一般競争入札、企画競争、公募等も視野に入れた見直しは当然行うべきと私は考えます。


 現在は、公共調達の公正性、透明性、公平性、競争性が強く求められています。
 業務を安定的にかつ継続的に実施する能力をつけた事業者が増加している事も事実です。


 ごみ収集運搬業務委託入札方法の改善については、後日、古谷町長に改善を申し入れたいと考えています。

 
【2010/12/09 13:07】 | 皆さんからのご質問 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。