スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
吉川市議選のお手伝い
 今週22日告示の吉川市議会議員選挙。日本創新党の仲間が立候補しておりますので出陣式のお手伝いに伺いました。

出陣式の司会と午後からは街宣カーで吉川市内を回りました。



定数20名に26名が出馬。厳しい選挙になります。


中日、最終日とお手伝いに再び入ります。
スポンサーサイト
【2012/01/24 20:31】 | 出来事 | コメント(0) | page top↑
杉戸町賀詞交歓会開かれる
こんばんは。石井幸子です。

本日は、杉戸町新春賀詞交歓会が開催され、参加しました。

各団体より多くの皆様が参加していました。

私は、新年のご挨拶をさせていただきながら、参加者の皆様とお話しをさせていただきました。

皆様からは、町政に対する、また議会に対するご意見をいただき、また私に対する激励も多くいただきました。本当に感謝いたします。

なかなかお会いできない方とも直接お会いしてご意見をいただくこともでき、大変貴重時間となりました。ありがとうございました。


また、本日のご来賓、中野譲衆議院議員の挨拶には、「おや」と思うような内容も一部ありました。

「今年は決別の年となる。自分もしっかりと決めて行く。腹を決めた」とありましたが、現在の国政、民主党の様子からしますと、何をお考えなんだろうと私は思ってしまいました。

ともあれ、杉戸町にご尽力いただいている皆様が多く参加されましたことは大変嬉しいことです。

【2012/01/11 23:50】 | 出来事 | コメント(0) | page top↑
日本を保守する「よい国フォーラム」で司会を務めました
 こんばんは。石井幸子です。

先日お伝えしました「よい国フォーラム」では、司会を務めてまいりました。

会長の上田埼玉県知事や、創生日本の会長の安倍晋三様、たちあがれ日本の平沼赳夫様、基調講演をしていただいた櫻井よしこ様をお迎えして盛大に開かれました。

その模様をご覧ください。heehttp://www.youtube.com/user/soushinsurukai?feature=mhsn


また、杉戸町12月議会も開会中です。

11月30日の一般質問には支援者の方が傍聴に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。

一般質問では、1.「公会計整備支援業務委託先であるトーマツが委託先企業として適正であるかどうか」 、2.「予定価格と設計価格の違い」、3・「ごみ収集と運搬業務委託の随意契約を一般競争入札へ」を質問しました。


今定例会では、杉戸町の公共施設の使用料金の見直し、減免制度の見直しをするためのj条例改正が議案として提出されています。

本日は本会議にて質疑がありましたので、それぞれの条例についてすべて質問させていただきました。

明日は、教育厚生委員会、明後日は建設経済委員会が開かれます。

詳細については、またご報告させていただきます。
【2011/12/06 21:55】 | 出来事 | コメント(0) | page top↑
議員有志で勉強会
 こんばんは。石井幸子です。

本日は会派を超え、改革23の皆さんとご一緒に私ども無会派議員3名が加わり、勉強会を行いました。

内容は、今後導入を検討している、「予算委員会」「決算委員会」の特別委員会設置です。

これまで、本会議で審議してきた予算・決算を特別委員会で審議ということです。

特別委員会になると町長・副町長は出ないということです。これはあくまでも案ですが・・・。

町長に質問する機会は総括質疑ということになります。

本日の話し合いでは、予算は町長が常時、質問に答えるべきではないかとの意見が出ました。

【2011/11/16 23:06】 | 出来事 | コメント(0) | page top↑
防災服の富岡町議員団
 昨日は、杉戸町の姉妹友好都市である福島県富岡町の遠藤町長、猪狩議会議長をはじめとする議員団、並びに富岡町職員の皆様方をお会いしました。

富岡町の議員は防災服でお越しになりました。正直、「ハッ」と息が詰まる思いがしました。
現在も郡山市で避難されています。頭で理解はしていても、震災後八カ月経過した今も避難されている事実をどこか他人事のように感じてしまっていることに恥ずかしさも感じます。

復興担当大臣は東京にではなく、福島に在中すべきではないでしょうか?

東京にいたのではなかなかこの切羽詰まった避難された方々の想いを受け止めることは難しいはずです。

富岡町議員の皆様は、昨日、国会への陳情の帰りに杉戸町にお寄りくださいました。

国会では、野田総理大臣をはじめとする、関係大臣と面会し、直接に早期復興のお願いをしてきたということです。

遠藤町長からは、「2年をめどに富岡町へ帰れるように頑張る」と決意を述べられておりました。

遠藤町長をはじめとする富岡町は、スポーツ事業や桜祭りなどを通し、素晴らしいまちづくりをしてこられましたが、今回の地震と津波と原発事故、風評被害に見舞われています。想像を絶するご苦労があります。

何とか、国への陳情が実を結ぶようお願いしたいものです。

福島の復興なくして日本の再生はない。

言葉だけでなく、早期実現を望んでいます。

【2011/11/03 06:15】 | 出来事 | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。