スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
教育委員会定例会を傍聴
こんばんは。石井幸子です。

本日は、教育委員会7月の定例会が開催され、傍聴しました。

本日は「高野台中学校建設予定地への西幼稚園園舎の移築及び西地区への中学校整備について」があり、各委員から意見が出されました。

まず、高野台中学校建設予定地への中学校建設についてですが・・・

・生徒数などから中学校建設となると町独自で建設することになり、建設は難しい。
・中学校学校区の再編にもつながるので高野台中学校の建設は難しい。

このような意見により、高野台中学校の建設は断念するとの方向で意見が集約された。

教育委員会として、町長に意見書・要望書とするが、町住民にも教育委員会から説明をし、理解を得るようしたほうがよいのではとの意見もありました。


次に、高野台中学校の建設を断念することから、建設予定地に西幼稚園を移設するとの案が教育長より提言され、各委員より意見が出された。

教育長のよると、

西幼稚園は老朽化し、建て替えが必要である。中学校建設予定地への移築を考えている。3園構想の一環として、総合子ども園的なものも視野に入れている。

また、仮グランドとして現在使用されているが、グランドとして利用できなくなった場合、他の施設が混雑することも考えられるので、少年サッカー等ができる施設を残してはどうかというのもである。

教育長は具体的に、幼稚園の敷地とスポーツ施設用地を確保し、残りを有効的にと話していた。

教育長の提案をもとに、各委員から意見がだされた。

・スポーツ施設は他の既存施設を整備し、西仮グランドは幼稚園用地以外は有効活用したほうがよい、との意見もあった。

・現在の少年スポーツでの利用を継続できるように施設として残すべきとの意見もあった。

・町としてどのような考えか知りたい。財政的に売却し、どのようなものに使いたいのか。青写真はあるのか。町から提言があると議論しやすい。

こうした意見のなか、委員長から
「とりあえず、教育委員会としては高野台中学校建設は断念するとの方向性を打ち出し、その後の活用は町の提言を聞いても良いのでは」とのまとめをした。

教育長からは
「教育委員会が中学校建設を断念したが、その見返りとして西幼稚園の移築、また、小中学学校への校舎補修など教育費に充当してくれるとよい」と述べていた。


傍聴の感想としては、

私、石井幸子はこれまでここ数回にわたり、西仮グランドの有効活用として一般質問で教育委員会での結論を出すよう促してきたわけですが、本日「高野台中学校建設は断念する」との意見集約ができ、一歩前進と評価したいと思います。

委員会でも意見が出ましたが、教育委員会と町行政は確かに、行政執行部と教育部局に分かれてはいますが、もっと連携する必要があるかと思うのであります。

町長は、行政側は、西仮グランドのありかた、有効活用の青写真を教育部局に提案し、議論してもらうこともありではないでしょうか?

教育委員会にすべてを委ねるのではなく、町長の構想を、町の構想を、教育委員会で意見集約してもらう。こうすることで決定が速くなるのではないでしょうか?

慣例に習い、役所的発想ではなく、実現するためには町長のリーダーシップ、いかいに進めて行くのか、早期に進める、決断するが求められています。

中学校建設は断念。その方向性でいきそうですから、その後です。

どのように有効活用していくのか?

これまでは建設予定地だが、予定もなかったので暫定的にグランドとして利用していましたが、あくまでもこれは暫定的に利用してきたのです。この土地を活かし、有効活用する、町の財産としていかに活用するのか、その視点で町長はどう考えて行くのか。

青写真を打ち出し、次のステージへ移ることとなりました。

引き続き、一般質問で町政の考え方を質してまいります。


スポンサーサイト
【2012/07/24 22:53】 | 教育委員会 | page top↑
素早い情報提供を
 本日10月1日、教育委員会臨時会が開催されます。

このことは、前回の教育委員会会議の中で聞いていました。町立幼稚園再編計画についての協議ですので関心があります。
しかし、本日午前8時現在、開催日時や場所が役場のホームページに告知されていません。

9月28日の段階では既に予定されていた臨時会。

なぜ、情報提供をしないのでしょう。

当日告知すればいいなどと考えているのでしょうか?

当日告知では困ります。

何のために住民に傍聴する機会を与えているのか?
何のために役場のホームページに告知するのか?

今一度、考えていただけませんでしょうか?

役場の職員の都合でなく、傍聴する側の都合も考慮して欲しいものです。

私は待ちきれなく、昨日、教育委員会に電話し、開催時間だけを聞きましたが、場所を聞くのを忘れてしまいました。


 町立幼稚園再編計画に関心のある方は、ぜひ、教育委員会臨時会を傍聴下さい。


   開催日時   平成22年10月1日(金)午後2時から
  
   ただし、人事案件の審議があるため傍聴できるのは2時半ごろになると言う事でした。
 
   開催場所   現段階ではわかりません。
【2010/10/01 08:15】 | 教育委員会 | コメント(0) | page top↑
教育委員会会議での審議会答申報告
 9月27日開催の教育委員会定例会議の報告です。
いくつか議題がありましたが、議題32号「町立幼稚園再編計画について」報告します。

鈴木教育次長より

「町立幼稚園運営審議会よりの答申書、パブリックコメント、審議会第1回、第2回の議事録を資料として用意。(なぜだか、第3回目の議事録は用意されていません。)  会議録をよく見て欲しい。答申の結果は妥当な計画であると思われますとなっていて、裏を返して言えば原案の計画は100%ではないということだ。付記事項として1~6があるが、これだけではイメージが伝わりにくいとの意見が審議会であり、資料をつけた。各委員の意見を議事録で見て欲しい。パブリックコメントは意見と教育委員会の考え方を書いた。ひとつのたたき台として教育委員会の考え方を提示してあるので、教育委員会委員で検討し、それぞれの項目について意見をいただきたい。議事録を参考にして欲しい。」

続いて、輪島教育長より

「これまでの流れを説明。8月4日に第1回目審議会で諮問。9月21日答申となった。3回の流れを言うと、1回目は審議会委員からも3回の審議とは少ないとの意見もあったが、私から第5次総合振興計画に載せたいのでよろしくと申し上げた。1回目は原案の説明と原案に対する質疑応答。2回目は議事録の5ページをごらんいただきたいが、会長の挨拶がある。第2回目として全員から意見を伺って意見を取りまとめたい。パブリックコメントを委員に読んでもらった。会長より、再編するのか、5園のままの現状維持なのか、どちらなのか1本の柱を決めてとなった。意見の中には1園でもいいのではないか。3園でいいのではないかなどあった。9月21日に答申案を事務局で作成し、意見を伺った。

 答申案で問題となったのが、妥当な計画であると認めます、というところだった

委員から慎重な審議とあるが、3回では十分審議されておらず、慎重とはいえないなど意見があり、概ね妥当な計画であると思われます、といった表現になった

1~6まで付記事項があるがこのままでは内容が伝わらないとの委員から心配が出たので、議事録をつけたので読んで欲しい。

個々の付記事項の内容は以下のとおり。

1、通園環境の整備。
 バス通園について。民間共存の問題もある。中央幼稚園の送り迎えの状況は車での送迎はだめとなっている。道路の拡幅、駐車場の整備。

2.保育サービス・教育内容の充実。
 預かり保育の延長などである。私立幼稚園と比べて内容を充実して欲しいといったもの。3 

3.付加機能の充実。
 子ども園にならないのかどうか。幼稚園より保育園のニーズが高いのでこれも検討。子育て支援センターなども含めた施設。

4.民間活力。
 町内2園の私立幼稚園が廃園となった経緯がある。公設民営なども考えてもいいのではないか。

5.多様化する保育ニーズ。
 保育ニーズをどう考えているのか。人口推移をどう捉えているのか。杉戸町の就学前教育をどう捉えているのかのかを計画に活かしていく。

6.国策の動向を。
 国が幼保一元化をしていきたいという動き。来年度法案が国会提出される予定。24年度より動きたい。現実的なった場合、杉戸町も考える。民意を聞く必要がある。パブリックコメンの扱いをどうするか。教育委員会で検討して回答していく。

委員からは3回では不十分との意見。概ねというような表現は教育委員会の原案をよしとはしていない。1~6を十分に検討して欲しい。

 
 10月1日開催の教育委員会臨時会以降、教育委員会の答申を作りたい。パブリックコメントに対しての教育委員会の考え方を載せたがこれでいいのか、これも次回以降考えて欲しい。再編計画の成案つくりをしていきたい。」
 
ここから各委員の意見。

遠藤委員  
 審議回数が足らないといっているのであれば、十分にやったほうが良い。町の方に集まっていただき意見をいただくのもひとつである。住民ニーズを把握する必要がある。幼稚園を5園から3園にすると効率化したとき、バズを出すとか、保育園との問題など検討する必要があるのではないか。若いお母さんたちの杉戸町に対する人気が下がってしまう。子どもたちの数が少なくなるとの前提で始まっているが、人口を増やすための視点で取り組んでもいいのではないか。幼児教育という全体像をもっと明らかにすべき。

戸賀崎委員 
 教育委員会では幼稚園を幼児教育として考えた。幼稚園、保育園としてがらりと変わることを考えている。

教育長 
 平成22年4月、国が子育て新システムを作る。13年度実施できるよう国が動いているが、法案が通るかが問題。通れば新システムになり、補助金も出る。3園のうち1園をそのシステムにしてみても良い。幼保一元に対して言えば杉戸は考え方は出来ている。国が動けばすぐにできる。5次総合振興計画に載せても中央幼稚園の整備、泉保育園の建て替えをやっていて、早くても3年さきである。そうすれば国の動きに乗っていく。

戸賀崎委員
 現行の制度の下で考えた。幼保一元の話は別。実施計画の中で話をする。

遠藤委員
 教育委員会から具体的な提案がなかったから審議会で十分な審議ができなかったのではないか。保育園担当部署とも意見交換すべきではないか。

橋本委員長
 国の動向がはっきりしないから。

吉村委員
 国の出方を見ているところがある。一元化は理想である。

遠藤委員
 子どもを預かって欲しいとの保育園ニーズは住民の中でも多い。こういった話し合いの場を持たなければ難しい。幼稚園と保育園が同じ敷地にあってもいいと思う。

橋本委員長
 3園がイエスなのかどうかということだ。国の動向が決まったら切り替えるとか。

遠藤委員
 これまで1園構想がでたり、今回3園構想。これまでは幼保一元化を検討したなど、場当たり的である。

教育長
 ある時期幼児園構想が出来たが、幼児園はできなかった。どうしてできなかったのか。1園構想があったのにどうしてできなかったのか。これらの経緯を踏まえてどうしていくのか。どうして構想がでてきてはつぶれの繰り返しなのか。進める為にはどうしたらよいのか、私からも不満がある。 

戸賀崎委員
 3園にして着実に進めていくことにしてはどうか。

遠藤委員
 幼保一元化のことも考えなくてはいけない。耐震工事にしろ、とにかく全体像がないから進まなかった。5園から3園だけの話ではない。建築担当課の職員の意見を聞きたいと要望しても教育委員会会議に担当職員がでてくることはなかった。エコスポいずみの件もそうである。すぐに対策委員会を発足させるなど、すぐに対応すべきものができていない。こんな状態であれば教育委員会の機能も果たせない。教育長はじめ、教育委員が責任を持って対処していかなくてはならないと思う。

以上である。


審議会内容が忠実に報告されるかどうか、確認の意味もあり傍聴しました。鈴木次長、輪島教育長は、審議会での内容を的確に報告していただいたと私は思いました。

答申書の問題点、上記報告では赤字の部分などは、あえて強調して説明していただきました。

審議会で私からお願いし、今回の会議は傍聴もしました。私のブログで意見も書きました。こうした活動が的確な説明に繋がったと私は思います。

今回の会議では、遠藤委員が非常にいいところを指摘しているなと感じました。

また、教育長のある時期幼児園構想が出来たが、幼児園はできなかった。どうしてできなかったのか。1園構想があったのにどうしてできなかったのか。これらの経緯を踏まえてどうしていくのか。どうして構想がでてきてはつぶれの繰り返しなのか。進める為にはどうしたらよいのか、私からも不満があるとの意見にはまたまた驚かされます。

1園構想を出したのも教育委員会、幼児園構想を無いものとしたのはだれですか?
そうです。教育委員会なのです。教育長、町長がこれを認めているのです。
構想を実現できなった原因追求をすることなく、今回の再編計画。
構想がころころ変わる。何が原因か。幼稚園教育を含む、就学前教育のあり方について杉戸町の確固たる方向性が定まっていないからです。

やっと教育長が問題点に気づきました。
構想が出てきても実現できない。
どうしてか。
それは方向性や全体像がないまま、思いつきで構想を出すからです。
また、それを成し遂げるだけのリーダーシップも責任がないからです。
つまり、真剣に取り組んでいない、と言う事になります。
行政を非難しているのではありません。
杉戸町が更なる飛躍をするには問題点を改善するしかないのです。

行政には成し遂げようという強い思いがない、と私は思います。
やったふり行政ではだめなのです。

審議会をやった、委員会をやった。これがやったふり行政です。
結果が伴わない、結果を出さなくても評価は変わらない。つまり給与にはひびかない。

幼稚園再編で見えてきた杉戸町行政の問題点。

根本を揺さぶるような教育長の発言。

今後の展開に注目です。

【2010/09/29 10:06】 | 教育委員会 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。