スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マラソン演説終了
昨日は東武動物公園駅の不二家さん前をお借りして街頭演説活動をしました。朝6時から夕方6時まで、皆さまのご理解のもとやり抜くことができました。多くの皆さまから温かいご声援をたくさんいただきました。また、多く方からご質問も受けました。杉戸町は破綻寸前で合併しかないと聞いたが本当か?というご質問がありました。財政は傾いてはいますが破綻寸前ではありません。このようにまことしやかな情報が出ていますので、皆さましっかりと判断していただいと思います。
昨日は初夏のような陽気で日差しも強く、日焼けをしてしまいました。
このマラソン演説をしたことで多くの町民の方々とお話ができ、そして私の考えをお伝えできよかったと感じた一日でした。
また、差し入れをしてくださった皆さま、ありがとうございました。お声をかけて下さった皆さまにも感謝しております。今日も一日頑張ります。
スポンサーサイト
【2007/03/30 07:30】 | いしい幸子の活動 | page top↑
東武動物公園駅前にてマラソン演説実施中
今日は、東武動物公園駅前でマラソン演説を実施しています。朝6時から始め、ただいま休憩です。携帯から更新しています。今日は夕方6時まで東武動物公園駅前にいますのでぜひ声をかけてください。通行中の方からご質問がありました。このままだと破綻してしまう。だから合併だといわれたがどうなのか?というものでした。こんなにも間違った情報を入れられてしまっていることに私はびっくりしました。早速マイクに向かい説明しました。相手とされる春日部市の財政状況を見てください。質問がありましたら、駅まで来て下さい。
また後で更新します。
【2007/03/29 09:46】 | いしい幸子の活動 | page top↑
桜の咲く中で 街頭活動しました
本当にいい天気でした。西公園の桜もビンク色にかわりつつあります。そんななかお邪魔してお話してきました。
ふれあいキャラバン
大島交差点
杉戸高校テニスコート前 杉小前
ベルクス前
西公園前
杉戸6丁目
中央公民館前
杉戸3丁目

どの場所でも 家の中から出てきてくださり話を聞いていただきました。賛同して下さり心強く思います。車より手をふってのご声援もたくさんいただきました。私の活力になります。ありがとうございます。
皆さまの反応を見ていますと何とかしたいと感じている方がたくさんいらっしゃるということです。行動を起こさなくては杉戸の借金は減りません。そして、町も変わらないのです。今、立ち上がるときです。



【2007/03/28 16:15】 | いしい幸子の活動 | page top↑
毎日新聞に子供にツケをまわさないの記事が掲載されています。
日本税制改革協議会の活動内容がまとめられています。私も納税者保護誓約者にサインしました。私の立場は納税者の皆さまの立場にあるということをお約束しています。とにかく均衡財政をすることです。
【2007/03/27 11:01】 | いしい幸子の活動 | page top↑
杉戸の職員はなぜ多い?
杉戸町は類似団体と比べると職員の数が多い。採用人事権はもちろん首長にあります。財政を考慮しながら、計画的な採用をしていればこんなことにはならなかったはずです。経常経費にしめる人件費の割合が多い。これが今大問題となり、大きな財政負担となっています。この責任は誰がとるのでしょうか?このツケは私たち住民にまわされているのです。住民が監視をしなければやりたい放題なのです。私たちの税金です。有効に使う首長が能力があるのです。能力あるものに税金を預けなければ無駄遣いをされてしまいます。私たちが選択をするときです。能力のないものは、即刻 退陣すべきです。大切な税金を預けることはできません。

【2007/03/25 20:22】 | いしい幸子の活動 | page top↑
時代の流れ
 今回の統一地方選挙における杉戸町の状況もだいぶ変化しました。今回の町長選では、選挙中でのローカル・マニフェストの配布が解禁、そして公開討論会開催されます。
 これからもわかるように政策が優先されることはいうまでもありません。何度もお話していますように、財政の再建をしなければなりません。財政再建はできないという方もおりますが、やろうと思う者でなければできません。私は、やると皆様にお約束をしているのです。まず、財政の全容を知ることが大切です。それには、棚卸しが必要です。今の状態では、財政の状況がつかめません。杉戸の町民の皆様、今までのやり方を変える、このことに気づいてください。
【2007/03/24 08:57】 | いしい幸子の活動 | page top↑
埼玉県庁で記者会見
子供につけをまわさない JTRの記者会見に参加しました。財政再建の重要性を話しました。明日の新聞が楽しみです。
【2007/03/23 19:06】 | いしい幸子の活動 | page top↑
総務省形式の決算カードでは財政の全てはわからない
現在のいわゆる総務省方式の決算カードでは財政の全てはわかりかねます。第三セクターや土地開発公社などを含めていないからです。公表されている数字では財政状況がつかめないのです。私の提案する棚卸しをまずすべきです。財政再建はできないというかたもいるようですが、まずやらなくては始まらないのです。約束のできない人には財政再建はできません。
私、いしい幸子は棚卸しをし、杉戸の財政状況を町民の皆様に報告いたします。これが、均衡財政への第一歩です。

【2007/03/22 17:56】 | いしい幸子の活動 | page top↑
統一地方選は「マニフェスト選挙」
 4月の統一地方選挙は、真の意味で「ローカル・マニフェスト元年の選挙」となることが予想されます。地方自治体主張選挙こそマニフェストが有意義であるという見方もあります。
 ローカル・マニフェストは特定の業界や団体などの支援を強く受け「しがらみ」が多い選挙であればあるほど、候補者自信の考えがマニフェストに出にくくなります。私、いしい幸子は、具体性をもったマニフェストを有権者に提示することで、有権者の皆様が適切な判断をしていただきたいと思っております。
 今後は、公開討論会もございます。また、政策論争ができるようにマニフェストも用意してあります。現在の杉戸町の状態は、住民置き去りの感があります。主役は皆さんです。杉戸町民であります。
 時が経てば、自治体を取り囲む状況が変化します。状況の変化を皆様に正しくお知らせすることも重要ではないでしょうか。街頭活動でこのような情報をお伝えしたいと考えております。街頭で私を見かけましたら声をかけていただければと思います。
【2007/03/21 09:27】 | いしい幸子の活動 | page top↑
決定! 公開討論会
杉戸町長選挙 公開討論会 決定しました
日時 4月10日 午後6時半 場所 すぎとピア

やっとこれで政策論争する場ができました。たくさんの方にお越しいただきたいと思います。
昨日の夕方、N陣営より電話がありました。討論会に出席するかどうかの確認でした。私がでないと言ったらでないのでしょうか?町長に立候補するのでしたら、Nご自身で答えを決めるべきです。しっかりしてください。討論会でお会いできるのを楽しみにしています。
杉戸も時代の波にやっとのることができます。政策論争で住民が判断そして選択ができるのです。 みなさん 来て下さい。
【2007/03/20 11:06】 | いしい幸子の活動 | page top↑
自治体のすべきこと・・・借金の減額
 自治体にとって今必要なことは、借金の減額です。これに目もくれずに、今までのように投資事業ばかりしていては財政の再建などできません。どうして、財政が悪化したのかを追求することなしに次のスッテプに移ってしまうのには危険が伴います。住民が正しい判断をしなくては、間違った方向に進んでしまいます。そのツケは私たち住民にまわってくるのです。

 今朝の新聞には、春日部市との合併応援団の住民団体の記事がありました。合併は行財政改革に有効と主張しているようですが、どのように有効なのでしょうか?

 ・春日部市の財政状況はどうなのでしょうか?
 ・合併すると一人当たりの借金はどうなるのでしょうか?
 ・大きな自治体になるほどコントロールはしにくくなりますがど  うなんでしょうか?
 ・春日部市は合併特例債の借金もあらたにかかえた状態です    が・・

 私が、日々お話させていただいているのは、今すべきことは財政再建だということです。財政基盤のしっかりしていないところに広域的なまちづくりができるのかということです。お互いの財政が安定したところで、自治体の再編を考えるのが健全だと思うのです。

 つまり、
 ・杉戸をしっかりとスリム化して再生させる
 ・合併を急ぐ必要とメリットはなく、再生してからでも遅くない

 何が先なのか。優先順位を考えるべきではないでしょうか?

先の合併をした春日部市と旧庄和町を見てみますと・・・
 行財政改革に有効としている合併であるはずなのに、旧庄和町の市街化区域内農地の固定資産税が宅地並みになるということはどう説明するのでしょうか?

 今、自治体は変革のときなのです。地方から変わらなければ・・・。皆さん、正しい情報で判断してください。
【2007/03/19 11:01】 | いしい幸子の活動 | page top↑
ふれあいキャラバン いしい幸子です
ふれあいキャラバン
東埼玉病院隣
倉松
清地5丁目
カスミ前
ベルクス
マミーマート

レポートを配布しながらお話しました。自らレポートを求める方が何人もいらっしゃいました。また、頑張ってと激励もたくさんいただきました。皆様とともに活動したいと思います。


【2007/03/18 17:39】 | いしい幸子の活動 | page top↑
合併すると市民税が安くなる????うれしい情報・・公開討論会開催?
 昨日、事務所に住民の方からお電話がありました。合併についての質問でした。
 「合併すると市民税が安くなると言われたが本当ですか?」というものでした。聞いて唖然としてしまいました。なぜ、合併すると市民税が安くなるのでしょうか?考えてください。春日部市も杉戸町も財政の厳しい状態です。この状況で市民税が安くなるのですか?根拠はどこにあるのでしょう。

 先に合併した春日部市と旧庄和町の状況をお知らせします。旧庄和町の市街化区域内の農地に対しては、段階的に宅地並みの固定資産税にする、つまり増税されることが明らかにされているのです。

 このように、数ある情報の中から、私たち住民は正しい情報を得て判断をしなくてはなりません。何か疑問がありましたら、ご遠慮なくご質問ください。


 皆さん、杉戸町もやっと政策論争での選挙ができそうです。

昨日、春日部市青年会議所の方から連絡がありました。公開討論会を予定しているそうです。待ってました。私は、以前からこの討論会やりたかったので大歓迎です。よろしくお願いします。
詳しいことが決まりましたらお知らせします。
【2007/03/17 10:04】 | いしい幸子の活動 | page top↑
東京新聞の取材
 昨日の夕方、東京新聞の記者さんからお電話がありました。マニフェストについての質問でした。
 今までの杉戸町は、政策論争をしての選挙ではありませんでした。これからは、具体的な政策とともに数値、期限を明記したマニフェストが必要となります。
 私、いしい幸子は、皆様に配布するマニフェストの最終チェックをしております。出来次第、皆様にご覧いただきたいと思います。
【2007/03/16 09:32】 | いしい幸子の活動 | page top↑
政治家にとって必要なこととは・・・?
 現在の地方自治体は、安定した行政サービスの持続が求められています。急速に進む高齢化による税収減も避けて通れません。
 今、政治家が一番に果たすべきことは、税金の使い方について議論をしっかりとすることであると思います。そして、使うだけの行政運営から稼ぐ自治体へと転換させることも重要になってきます。10年、20年といった長期スパンで未来を捉え、責任を持って税収の安定策を今、論議すべきなのです。財政問題解決なくしてこれからの杉戸はありません。

 現在だけでなく、将来の杉戸を考えたとき、一体どういうことを論議すべきなのか、問題点を見つけることのできる行政責任者が求められているのではないでしょうか。



 今朝は、東武動物公園駅で朝立ちをしました。レポート第5弾をお配りしました。テーマは、合併問題です。関心をお持ちの方が増えたような気がします。しっかりと判断のできる賢い杉戸町民になりましょう。
【2007/03/16 09:15】 | いしい幸子の活動 | page top↑
埼玉県庁で記者会見します・・・
 自治体再生プロジェクトの記者会見が埼玉県庁で行なわれます。
私、いしい幸子はこのプロジェクトに参加しています。毎朝、お話しています『子供にツケをまわさない』の趣旨に賛同した仲間での記者会見です。

 3月23日(金)14:00~埼玉県庁記者会見場です。

「子供にツケをまわさない」あるいは「子供にツケをまわす決議に反対する」という納税者保護誓約書に署名した首長・議会議員並びにその候補予定者が埼玉県において10人を越えました。

政党には関係ありません。
埼玉県では上田清司埼玉県知事が「子供にツケをまわしません」という納税者保護誓約書に署名をして選挙を戦ったことを記憶している方もいると思います。果たして一期目の上田知事は「環境税」という新たな税負担を県民に求めることをしませんでした。
国民周知のように、新たな税項目を増やして無駄に使われることは明白です。環境減税の方が遙かにインセンティブがあることでしょう。
有権者は消極的になるのではなく、自らができる範囲で少しだけ工夫をして選挙に参加するべきです。

記者会見の様子については後日お伝えします。

【2007/03/15 12:43】 | いしい幸子の活動 | page top↑
笑顔のご声援・・ありがとうございます
 今朝も風が冷たく、寒い朝でした。
 
 私の駅頭朝立ちも3ヶ月半が過ぎようとしています。多くの皆様に私の顔を覚えていただいたようです。最近、挨拶をしておりますと、多くの方が笑顔の声援を下さいます。目と目が合いますと、ものを言わずとも伝わるものがあります。皆様からの温かい声援をいだだきますと今朝のような寒さも吹き飛んでしまいます。ありがとうございます。
 また、高校生の皆さんも『おはようございます』とにっこりと挨拶を返してくれます。素直な気持ちの学生が多いことに驚いています。こんな環境を大切にしていきたいと思います。
【2007/03/15 12:04】 | いしい幸子の活動 | page top↑
気づき始めています・・・杉戸町民
 昨日の午後は、風もなく暖かで春を感じました。私は自転車で下高野付近に出かけました。リーフレットをポスティングをしていると皆様から声をかけていただきました。お話をして感じたことは、杉戸町民は気づき始めているということです。今までの行政のやり方ではいけないということ、現在の春日部市との合併では杉戸町民にとって意味がないということなど・・・・
 日ごろの思いをお聞きしました。私からも町の財政問題や今後の課題についてお話させていただき、有意義なときでありました。

 皆さん、気づいたら行動しなければ、私たちの杉戸町は変わりません。ぜひ、杉戸再生のために、いしい幸子と一緒に活動をしてください。

 月曜日より駅頭での朝立ちの際、『杉戸の町民は春日部市と合併することで幸せになりますか』という合併問題のテーマを取り上げたレポートをお届けしています。皆さん、ぜひご覧になってください。
【2007/03/14 09:09】 | いしい幸子の活動 | page top↑
杉戸再生するには賢い住民の判断を・・
 『杉戸町の最大の行政改革が合併です』などど言っている方もいますが、杉戸住民の皆さん、もっと賢くなりましょう。
 私が、今朝、東武動物公園駅で配布した『レポート第5弾』に合併問題を取り上げております。財政の厳しい春日部市と合併したところで、杉戸住民の幸せはあるのでしょうか?掛け声にだまされないでください。合併後のまちづくりの構想もないのですから・・・
地方交付税が今まで通りの額がもらえるといっても、これは私たちの税金ですよ。
 今は、杉戸町再生のために借金生活をやめ、健全化を図ることが先決です。まずは、プライマリーバランス0(ゼロ)をめざすことです。
 住民の皆さん、今こそ、立ち上がりましょう。私の考えに賛同してくださる方、ご連絡ください。
【2007/03/12 15:50】 | いしい幸子の活動 | page top↑
ボランティアの輪が広がってきました・・・
 昨日は、私の勤務先の専門学校の卒業式でした。2年間の学校生活を終え、社会へと巣立っていきました。医療事務員としてしっかりと社会貢献してくれることを願っております。

 3月10日(土)午後

  ふれあいキャラバン行程
   ・東武団地
   ・マミーマート前
   ・下高野
   ・万願寺橋
   ・下高野(美富飯店近く)

 地元の美富飯店近くでお話をさせていただきました。そこに男性お二方がいらっしゃいました。「運転手をするよ。」とボランティアの申し出をしてくださいました。
 本当にありがたいことです。感謝します。来週より本格的に『幸子のふれあいキャラバン』を始めますので、運転のほうをお願いしました。
 また、美富飯店のご主人と奥さんがお店から出てきての声援をいただきました。私の活力の源となります。ありがとうございました。

 来週は、本格的に『幸子のふれあいキャラバン』をスタートします。今月中に200箇所で皆様にお話をする予定です。皆様のお宅で、『子供にツケをまわさない』という私の声が聞こえましたら、耳をすまして私の考えを聞いていただければと思います。
【2007/03/12 09:54】 | いしい幸子の活動 | page top↑
統一地方選の争点とは・・・・
 最近、新聞紙上は統一地方選の記事でにぎわっています。各新聞とも財政問題が争点であろうと書いています。つまり、これからの地方自治体は財政の再建なくしては今後がないということです。
 今朝のテレビ番組(みのもんたさん司会・TBS)で九州の自治体の財政について報道されていました。
 現在、財政が厳しい状況の自治体は、90年代に投資事業をしたところです。今朝報道された町は、昨年『夢の大吊橋』を建設し、観光名所として成功していました。この町は90年代、財政が厳しく、これまで町民と町が一体となり我慢を続けてきたのです。そして、財政が安定し、今回の事業を行ったのです。これまで、町民は町に参加ではなく、加勢してきたと住民代表の方がお話をされていました。つまり、町民一体となり町を守ることが必要なのです。
 また、この町は安易に合併特例債という借金をすることに反対をして、合併をしなかったそうです。それまでの経験により、町民にも借金をすることに抵抗があったのでしょう。

 私は、この報道から、財政の基盤が出来上がればさらなる方向性も見出すことができるということ、そして町民一体が加勢をしてまちづくりをすることが必要な時代だということを再度確認した思いです。

 杉戸町民の皆さん、どう思いますか?
【2007/03/10 09:32】 | いしい幸子の活動 | page top↑
昨日は春日部高等学校の卒業式でした・・・
 ここ二日間はバタバタしていて、ブログ更新もできませんでした。
 私は、息子が通っている春日部高等学校の役員をしております。昨日は卒業式後の祝賀会のお手伝いをしてきました。卒業式後、卒業生は校庭に集まり、春日部高校伝統の“臙脂の集い”をしていました。校歌を歌う卒業生を見ていたらなんだか胸が熱くなってきました。これほど校歌を愛する学校があるでしょうか。実は、主人も春日部高校の卒業生です。主人はお酒が入ると春日部高校の校歌を歌いだすほど校歌が大好きです。その理由がわかりました。私も春日部高校の行事に参加するようになり校歌を歌う機会があり、それからは春日部高校の校歌が大好きです。とてもいい校歌ですので皆さんも機会がありましたら聞いてみてください。

 3月6日(火)午後5時30分から
        東京都庁記者クラブにて
 日本税制改革協議会 『子供にツケをまわさない』の記者会見があり、私も参加してきました。活動の報告の後、杉戸町長選挙出馬予定者として挨拶をさせていただきました。


 3月7日(水)
 
 ふれあいキャラバン
  ・鷲ノ巣(舟越製作所前)
  ・二本木
  ・杉戸(栄華さん前)
  ・倉松

 この日の話は、春日部市と合併すると杉戸町民は幸せになれるのかどうかを中心に訴えました。現在の推進者側は、合併の掛け声だけで、具体的な構想は何も示していません。私たちは、合併相手とされる自治体の財政状況を冷静に分析しなくてはなりません。メリットはない。現時点では、こう私は判断しています。まず、財政の建て直しをしてから、広域なまちづくりを構想するのが安全であると考えます。杉戸町を取り巻く環境を冷静に判断すべきです。
 
 皆様にお知らせです。来週から本格的な活動を始めます。
どうぞ、少しでもお時間があり、いしい幸子と杉戸のために活動してくださる方がいらっしゃいましたらご連絡ください。お待ちしております。
【2007/03/09 09:41】 | いしい幸子の活動 | page top↑
今日は東京都庁で記者会見
 今日の夕方、東京都庁で記者会見をします。私が主張しています「子供にツケをまわさない」の日本税制改革協議会の記者会見です。内容につきましては、後日お知らせします。

 今朝は、高野台駅西口で朝立ちしました。「自治体健全法案」ついてお話しました。

 今日は、このまま町に出かけます。夕方は、都庁です。
【2007/03/06 09:00】 | いしい幸子の活動 | page top↑
畑の中からのご声援・・・
 週末は、恒例のふれあいキャラバン・・・・
杉戸町内で町民の皆様のお近くに伺い、私の考えをお話をさせていただきました。
 3月3日(土)
  ・杉戸小学校前
  ・倉松
  ・清地
  ・並塚

 この日は、並塚でお話をしていると、過ぎ去ったと思ったバイクのおじさんが戻ってきました。どうしたのかと思っていると、小さいころから知っている魚屋のおじさんではないですか。今はお店を閉めてしまっていますが・・・・しばらくぶりにお話もでき、なつかしさでいっぱいになりました。応援しているから頑張れと激励されました。ありがとうございました。

 3月4日(日)
 お休みでしたので朝から騒がしくてもいけませんので、町に出てお話をするのは午後からすることにしています。
  ・宮前
  ・目沼
  ・船渡橋
  ・並塚(森田生コン前)
  ・倉松(2ヶ所)
  ・高野台
  ・下高野
  ・万願寺交差点

 倉松での出来事です。話をしていると畑の中から一生懸命手を振ってくださるご婦人がいらっしゃいました。話をしながら私も手を振り返しました。すると、そのご家族でしょうか?次から次へと家から何人もの人が出でらっしゃいました。最後まで私の財政問題について話を聞いてくださいました。また、他の家の方も出できてくださいました。話の後、感謝の気持ちを伝えにお邪魔しました。ありがとうございます。

 週末は、以上のように町の中をめっぐていましたが、今朝は東武動物公園駅で朝立ちをしました。6時からはご挨拶、7時からは30分ほど「自治体健全化法案」の話をしてきました。また、現在の厳しい財政状況にした責任は、行政責任者である首長にあると訴えました。地方交付税の減額を理由にしていますが、歳入が減ればそれに見合うように歳出をコントロールする。これが、行政責任者首長の仕事ではないでしょうか?
 いまさら財政再建を訴え、どうしようとしているのでしょうか?まず、均衡財政にするべきなのです。町の財政運営の方法、考え方を変えなければ財政再建はできないのです。

 話はかわりますが・・・・・・

 私が今年1月4日より、杉戸駅で朝立ちをしておりますが、ちりとりとほうきを手にし、掃除をしている中年の男性をお見かけしていました。この男性は毎朝掃除をしていたのです。確かに、タバコの吸殻やごみくずが見かけられます。私が朝立ちをしている場所にもごみが落ちています。たまらず、ごみを手で拾い集め、自宅に持ち帰ったこともあります。その後、この方は駅前の不動産屋さんの方だとわかりました。頭が下がります。今朝は、この方から1枚の資料をいただきました。早起きをして掃除をすることで感謝の気持ちが芽生え、人を愛し地球を救おうとする心が生まれるなどの内容でした。

私もその通りだと思います。毎日持続することは大変です。わかっていてもなかなか実行できません。私は、明日から駅で朝立ちをするときにはちりとりとほうきを持参して出かけようと思います。思っただけでは変わらない。これが私の生き方です。まず、実行してみます。
【2007/03/05 09:38】 | いしい幸子の活動 | page top↑
財政4指標でチェックと杉戸町図書館友の会
 昨日の新聞記事に、「自治体の財政健全化法案」がありました。自治体が出資する土地開発公社や第三セクターを含めた負債総額の比率など4つの指標で財政状況をチェックする。破綻を未然に防止するため「早期健全化」段階で財政計画の策定と総務相や知事への報告を求めるものです。
 新法案では、赤字比率のほかに、①水道や病院など公営企業を含む全会計の連結赤字額②毎年度の借金返済額③公社、第3セクターなどをあわせた連結債務残高を追加することとなっています。
 全自治体は、07年度決算からこの4指標を毎年公表することになります。
 この法案の特徴は、夕張市の破綻の反省を受け、財政悪化の早期発見、対処ができるというものであります。新指標となります公営事業や地方公社などの債務は、自治体の“隠れ借金”とされます。この補填が自治体にとって大きな負担となっているわけです。財政を再建するためには、今が正念場であり、建て直しに向け一層の行革努力が必要であります。
 これからもわかるように、地方自治体にとって財政問題は避けて通ることのできない問題なのです。

 話はかわりますが・・・・

 おとといの夕方、「杉戸町図書館友の会」のお二人が公開質問状を持って来られました。
 この団体の方々は、ボランティアで図書館にかかわる活動をされています。現在の杉戸図書館の抱えている問題、今後の図書館の構築などのお話を伺いました。そして、公開質問状を預かりました。私なりに調査、検討をしてお答えしたいと思います。
 図書館友の会の方々だけでなく、杉戸町にはボランティアで活動をなさっている団体が多くあります。こうした町民の方々は、熱心に勉強され活動しているわけです。まさに、その分野でのエキスパートであります。これからは、このような団体の方々のお力を借り、まちづくりをしていくことが重要なのではないでしょうか。短い時間ではありましたが、有意義な時間でした。ありがとうございました。

【2007/03/03 09:33】 | いしい幸子の活動 | page top↑
市にならないと何もできない???
 昨日の夕方は、高野台西口でお話をさせていただきました。均衡財政の重要性を話していると、通行人の方からいきなり「合併推進か?」とのご質問でした。私は、まず財政再建なくして広域な町づくりはないとお答えしました。その方は、「市にならないと何もできない」とおっしゃっていました。私は、市になると何ができるのか、逆にお聞きしました。その方は黙っていました。財政が健全でなければ行政サービスの持続はできない、何をするにもお金が必要となります。合併推進者は、自治体の規模が大きくなれば効率的な運営ができる、行財政改革の一環と位置づける方もいらっしゃいますが、まずは、運営のやり方を変え、財政を安定させる必要があるということをお話させていただきました。市になるだけで財政問題が解決できるのであれば、財政の厳しい市などないはずす。しかし、お隣の幸手市は大変財政の厳しい状態です。春日部市も財政が厳しいのです。ですから、市になることが、健全な行政運営ができるとは限らないのです。行政責任者の考え方、やり方を変えない限りは、財政再建はできないのです。
 この方は、前回の合併に際し、小川町長が住民の意向を無視したことにご立腹でした。しかし、現在の杉戸を含めた地方自治体の取り巻く環境は、先に行われた平成の大合併の時とでは変化しています。なにより、先に合併した自治体の結果が出始めている。この状況を踏まえ、今後の杉戸がどうすべきかを今また判断しなくてはならない時期に来ているのです。住民が正しい判断ができるように、情報を提供することが重要です。そして、「合併推進」という掛け声だけが聞こえますが、「合併後の具体的な町づくりの提言」がなければ、正しい判断ができません。そして、町づくりをするには、財政の基盤がなくてはできないことを付け加えておきます。
 今、地方自治体は変革のときです。私、いしい幸子は、均衡財政をすることが、杉戸再生の第一歩だと考えます。皆さん、どうお考えになりますか。
 
【2007/03/02 09:54】 | いしい幸子の活動 | page top↑
中学生の気持ちよい挨拶・・・
 私は、駅で朝立ちをしていて感激したことがあります。2月26日、27日と県立高校の入試が実施されました。中学生の中には、電車を利用して受験する高校に向かう姿も見受けられました。緊張した様子の中学生に「気をつけて、いってらっしゃい」と私が声をかけると、どの中学生もにっこりとして「行ってきます」と返事をして駅の中に消えていきました。「ありがとうございます。頑張ってきます。」と答える生徒もいました。
 挨拶をすることは当たり前のことですが、当たり前のことを当たり前のようにすることは大変難しいことです。私も専門学校で学生の指導をしておりますが、杉戸町の中学生の挨拶は大変すばらしいものでした。家庭の教育、また学校での挨拶運動の成果ではないでしょうか。
 私は、大人が率先して挨拶をして、挨拶であふれかえる杉戸町にできたらと思います。挨拶をすることによりコミュニケーションの第一歩が始まります。子供たちを育てる環境は重要です。教育熱心な杉戸町、これからもさらなる充実した教育を提供したいものです。
 今日もたくさんの皆様にお会いするためにこれから出かけます。
【2007/03/01 09:10】 | いしい幸子の活動 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。