スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
町長、職員の対応に疑問?

 昨晩も合併の懇談会が泉公民館で開かれました。参加者は70名ほどだったでしょうか。

町長、職員の対応に疑問が残ります。

町が何もしなければ、県が強制的に合併を指導する、つまり県の構想で合併をさせるということが、今回の懇談会がスタートすると同時に、クローズアップされています。

町長も今まで県の構想などということばを口にしたことはなかったのに・・・

また参加者から勘違いをした発言が幾度となくあります。

私は、県の担当課で確認をし、その結果を職員に伝えてあります。

訂正を要望しましたが、職員は一向に訂正しようとしません。

昨日は、この点についてストレートな質問があったにもかかわらず、担当課の職員は正確に答えませんでした。

県が強制的に合併させることはありません。

なぜ、職員ははっきりと言わないのでしょうか?

情報を的確に提供するのが職員の責務ではないでしょうか?

町長も同じです。

私は納得できません。

詳細な質問は後日改めて報告します。

スポンサーサイト
【2008/08/30 09:19】 | いしい幸子からの提案 | コメント(1) | page top↑
私たちで杉戸町の財政白書を作りませんか?

 合併懇談会でも杉戸町の財政についての意見が毎回出ています。町民のみなさんも大変関心があり、勉強もされているようです。

 財政や町政は、議会だけでなく、多くの町民の目でチェックすることが必要だと思うのです。

自分たちの納めた税金がどのように使われているのか、知ることも大切です。

しかし、財政の内容を知りたいと思ったとしても、誰もが簡単に理解できるような資料は杉戸町にはないといってもよいでしょう。

確かに「広報すぎと」には、予算・決算時には大きく紙面を割いて報告されていますが、詳細な部分や経年にわたる分析までは情報提供はされていません。

そこで、行政がやらないなら、町民で財政白書なるものを作成してみようと思ったのです。

幸いにも、私の町政報告会に参加され方は、かなり財政に興味をお持ちのようです。

こういった方々にも声がけをしました。

皆さん、私たちの手で「杉戸町の財政白書」をつくりませんか?

関心はあるけれど、よくわからない・・・・と思っている方。

大歓迎です。

みんなで勉強しながら、杉戸町の財政状況を探ってみましょう。

とにかく、興味をお持ちの方、ご参加ください。

  

  第1回目  杉戸町の財政白書を作る会・顔合わせ   

     日時  平成20年 8月 31日(日)      

          午前10時から   

     場所  西公民館   

【2008/08/29 09:32】 | お知らせ | コメント(0) | page top↑
懇談会 西公民館120名を超える参加者

 小雨がぱらつく中、120名を超える方が合併懇談会に出席しました。

さて、内容は次の通り。

町長の挨拶

 大勢の方に参加していただき、町の財政や合併について興味・関心があることがわかる。

 杉戸の合併が、なぜ今頃になって再燃したのか。

平成16年7月11日  春日部・庄和・宮代・杉戸の1市3町の住民投票の結果、宮代の反対で、これがだめになる。

平成16年9月16日 春日部・庄和・杉戸の1市2町 合併に賛成だったが議会でだめ。

平成19年4月 春日部の合併を公約に私が町長に当選。

杉戸町は春日部との合併に3回 賛成となった。

春日部市との合併について町民から直接請求が上がった。町長としては反対したが、議会が賛成した。

そして、住民投票は反対が賛成を上回った。

合併は一時休止となる。

次に、杉戸の枠組みの現状は、県の合併構想がこのまま推移する。

このままこの枠組みである。

平成22年3月31日の期限内に方向をださないとだめ。

単独か、合併で行くのかを新法内に決める。

優遇のある期限に合併できる最後のチャンスと思う。

30年~40年後の将来を決めるものである。

発言者 男性

 久喜周辺が合併協議会を設立した。合併枠でもめて、だめだった。なげかわしいい。しかし、今回は様変わりしている。ともかく困難を乗り越えて大きなソロバンで考える。

県内も合併の枠組みがあるが、ここまでくると合併をやらなくてはいけない。負担しなければならないところは自分たちでやる。

苦しい中で町の運営をしていく。

過去には1市3町で合併協議会を設立。4者が合意をして合併を計画していた。宮代でだめになった。

枠組みだが、困難を乗り越え合併の原点に戻る。

住民投票は、提案に宮代が入っていない。避けて通れない。大きな傷である。

選挙のあとに住民投票があった。

地縁・血縁の結果であり、合併については明確でなかった。選挙は地縁。投票は新町長に対するアレルギーだった。

宮代が枠組みに入っていなかった。

停滞した6年間を飛び越えて、合併する。

議員も町民のためを思って考えるべき。

1市2町で合併を進めてほしい。

発言者 男性

 質問 住民投票の結果をどう受けとめているのか。

(答)町長

しんしに受け止めた。一時休止した。

宮代町が11月に意向調査した。

また、宮代の議員が1市2町の請願が出た。

これを含めて、町民の意見を聞きたい。

 

 質問 しんしに受け止めてもらいたい。住民の目線に立って。  

(答)町長 

住民投票は春日部とだけだったので、だめだった。

選択肢が1つだったので、問題がある。 

 

質問 町長の話はしどろもどろ。町政に支障はないのか。

(答)町長

改善に努力する

 春日部と進めるべきではない。むしろ、宮代町と合併をしたほうがいい。

発言者 女性

 宮代と杉戸の合併で何ができるか。町長が当選して、これで春日部市との合併が進むと喜んでいたのに。

町民として春日部市と合併したい。みんなの気持ちを出して。

発言者 男性

 中央(国)の意志で合併が出てくる。住民投票で合併の話は終わっている。町長にはもっとやることがある。この間、合併でごたごたするのはいやだ。急いで合併をしなくても良いのだから。

行政を十分にやっているのか。長期計画を掲げて、やっているのか。

発言者 男性

 道州制もある。合併は国の方針である。地方自治のスリム化。

行政効率化、合併の本質を見るべき。

しがらみ、世間のしがらみではだめだ。

杉戸は沈没する。合併は避けて通れない。

合併を推進してほしい。

発言者 男性

 春日部の借金はどれくらいか?

(すぐに町側答えられず)

 町長が合併の相手としている自治体の財政を考えておかなくてはならないと思うが・・・・

では、杉戸の借金は?

(答)平成17年度ベースで 

 春日部 1413億円  24万人 

 杉戸   190億円  4万7千人

 春日部が900億円くらいなら、杉戸町同程度だが、これでは、

合併をした同時に杉戸町が借金を背負うことになる。公債比率をみても杉戸が得をするとは考えられない。

春日部を含めた合併をすれば、負担が増える。庄和がよくなるといわれたが、よくなっていない。

発言者 男性

 野口町長になってから、町政に興味を持ち始め、本日も懇談会に集積した。

町長は当選後、編入合併でもいい、とか

任期は1期などと発言をしていて、

これで大丈夫かなと感じていた。

思った矢先に、住民投票があった。春日部市との編入合併はだめだと言うことである。

また、議会も傍聴した。

その際、町長はこんな発言をしている。

「他の近隣自治体の財政がこんなに厳しいとは知らなかった

「町長職がこんなに大変だとは思わなかった」」

など、正直な人だなと思った。

町長、ひとつ

「おれに任せろ。皆さんに、任せろ」と言ってください。

また、合併枠も春日部だけなのですか?

宮代とか、幸手とかは考えないのか。

(答)町長

 宮代とともに春日部にいく。杉戸だけではいかがなものか。

今のところ、幸手のことは言えない。

「おれにまかせろ。春日部市との合併をおれに任せろ」とは

神様ではないので、いえない。

十分、時間をかけて検討してほしい。

(答)町長

 平成16年から合併問題をやっているが、こんなに合併が難しいものとは思わなかった。

発言者 男性 

 地方税50億円あって、人口4万7000人の面倒を見られないのは、町長をはじめ、行政、議員がだめだから、できないのである。

ご破算にしていこう。

町長は公約違反だ。公用車の件は、財政再建に関心がある人だと思って選挙で投票した人もいるのでは。

また、合併についても、宮代町と合併するのが精一杯だと思う。

(答)町長

 50億円だけで町政をやればよいというが、極端なことはできない。

公約違反は広報紙で、お詫びをした。

以上が、懇談会のおおまかな内容である。

さて、今回、財政課の職員が私のブログを見てくれたのでしょうか?。

財政を説明する際、以前と変わっていました。

今回は、専門用語を町民にわかりやすいことばで伝えていました

前よりは、わかりやすくなったはずです。

町民に町の財政を理解してもらえるよう報告するのも仕事です。

すぐに対処していただき、感謝しています。

参加者の中から、帰りがけに、

「町長の県の合併枠組みの理解の仕方がおかしいのでは?間違っているのでは?」とのご指摘を数名の住民からいただきました。

私のほうから、「強制的に県の枠組みで合併させられることはない」と訂正しておきました。

この件に関しては、町長、幹部職員には何度も誤った解釈だとして意見していますが、改善されません。

町長、そして町は正しい情報を提供すべきです。

今後、訂正が必要になる事態になってしまうのではないでしょか?

【2008/08/25 10:27】 | いしい幸子からの提案 | コメント(2) | page top↑
県の合併構想について県庁に確かめました

 このところ、懇談会での町長の挨拶や住民の意見の中、また、町内であちらこちらで、県の合併構想の枠組みについて誤った情報が出ていました。

 内容はというと・・・・・

 合併新法期限内に杉戸町が動きを見せない場合は、

県の合併構想の枠組みで合併させられてしまう。

久喜や白岡など、合併協議会を設置しているところを飛び越え、

羽生と一緒にさせられる。

というものです。

昨日、県の担当課に確認しました。

「県が強制的に合併をさせることはありません。」

とのことです。

間違ったことが、あたかも事実のように意見が述べられています。

「杉戸がこのままでいると強制的に合併させられる。」

これは、誤った情報です。

皆さん、誤解のないように・・・・・

【2008/08/23 08:57】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
穏やかな懇談会でよかった?・・・元東小学校集会所

 昨晩も雷鳴とどろく中、合併についての懇談会でした。参加者は30めいほど。元東小学校集会所。

 町長の挨拶

 懇談会では合併と町の状況を話し、合併の方向性を示したい。

県の合併構想では、杉戸町は北部のところに入る。春日部方面とは違う。県が審議会を作り、答申を作った。

黙っていれば、この枠組みになると思う。根拠はないが、私はそう思う。

県に確かめたところ、県は決めたわけではないと言う。この枠組みで方向性を探っているだけとのこと。民意を尊重する民意に沿って検討していくとのこと。県の枠組みはきちんとできているのかな。

新法内の合併をするには、10月までに方向性をつくらなくてはいけない。そうしないと県の指導力でこの枠組みになる

国の借金は850兆円、一人当たり865万円になる。

地方の面倒はみられない。地方分権で、地方は地方で、地方の活力でやっていく。

杉戸町の地方交付税は、平成11年 31億円、

                平成18年 14億円

63%減である。これからも地方交付税が減る。

合併は避けて通れない。

単独でいけるかもしれない。

職員の給料2~3割カットしないとやっていけない。

このようなあまり厳しいことをしないで、合併ならできる。

懇談会をなぜ今頃という意見があるが、

昨年の8月 住民投票

その後 合併枠組みアンケートで春日部・杉戸・宮代の枠が一番多かった

また、先月には、宮代の議員の過半数で1市2町の合併の請願を出した

私は、宮代と杉戸と同じ方向性で行きたい。

宮代が春日部市に行くからそれに添っていく。

皆さんの意見を聞いて、集約し、どうするのか決めていく。

春日部市との合併を公約に当選させていただいた。

私には900人の町民がついている。

しかし、議員が反対すればできない。

皆さんの意見を聞いて、皆さんから意見を出して、杉戸町も合併してよかったと言えるような合併にしたい。

20年、30年先のことを決める。

子ども、孫のための合併、子どもには発言権がないので、

大人が決める。皆さんの意見を求める。

以上が、町長の挨拶です。

ここで私・石井幸子から、一言 

町長の挨拶で気になるところがあります。

赤字で示してありますが、根拠がないと言いながら、黙っていれば県の枠組みになると町長が発言するのはどうかと思うのは、わたくしだけでしょうか?

次に、財政状況の説明でした。

財政収支見通しの説明ですが、・・・・

私、石井から意見を少し。

平成23年度には、財政調整基金が底をつくと職員は説明しました。

それに加え、「住民のサービスが低下したり、住民の負担が増えることになります。」と解説しました。

行政側は、現行のサービスを持続した場合の見通しであり、改革などは含んでいない、と説明はしています。

しかし、平成23年には大変なことになると、住民に対して不安をあおることにはならないでしょうか。

では、他の自治体はどうなの?  という疑問もあります。

私に言わせれば、行政改革が手ぬるい状態であるのに、この解説は誤解を招くと思うのです。

また、町長は春日部市との合併を前提に話をしていますが、

春日部市と合併をすれば、こうした不安はないのでしょうか。

財政調整基金残高などは、近隣市町の比較はしないのでしょか。

比較してこそ、見えてくるものがあります。

検討してください。

それから、もうひとつ。

杉戸町の財政状況を説明する際、数字の読み上げだけでは、町民には難しいと思われます。

例えば、「歳入」という用語・・・・

職員は何気なく使いますが、聞いている人にとって、また、財政に慣れ親しんでいない町民には理解しにくいようです。

いつも言っているように、小学生にでもわかるように・・・これが基本では・・・

「歳入」であれば、このような説明がいいのでは? 

 歳入 つまり、町に入ってくるお金です。 

 家庭で言えば、収入に当たります。

 このくらいの説明を心がけてほしいのです。

なぜなら、杉戸の状況を理解して、初めて正確な判断ができるからです。

説明する職員の方、よろしくお願いします。(石井の意見)

次は、昨晩の参加者の意見です・・・・

昨晩は、質問者が3名。ほとんどが合併についての意見でした。

発言者 男性

 合併問題は将来の町づくりで、避けられないと言うのであれば、

子・孫のために合併していただきたい。

いろいろ伺うと、国にお金がないから、地方は地方で力をつけてやってください。これが基本なんでしょ。

杉戸町は、地方交付税をずっといただいている。これがないとやりくりがつかなくなる。

合併反対との意見を聞くが、合併をやらないでまちづくりをすると、地方交付税に3割~4割頼っている町が、削減だけしても無理なのではないか。

上田知事の県の枠組みを見ると、買い物、経済、文化を考えるとある。

これらは、杉戸町は春日部エリアではないか。

どうも県の枠組みが完成されるまで、私たちのまちづくりが見えてこない。

方向性が町からも提示していないので、合併しかない。

はっきりいって、合併したほうがいい。困難を乗り切って合併したいと思う。

町長は、平成16年ごろから、合併問題を取り上げ、合併の第一人者と思っている。町長となると大変だと思うが、春日部合併、宮代町と一緒に合併に堂々と向かってほしい。

1点だけ、質問を・・・

地方分権の内容が4項目あるが、結局、合併をしないとだめだということですよね。財政の数字も暗いということですよね。

行政の皆さんは、合併をしないとだめだ、と発信できないのですか。

合併は、国の方針ですよね。

行政の責任者として、合併をしないとこうなると情報発信をすべき。

いろいろ考えがあるのはいい。

議会で論議してもらいたい。

行政側から発信できないのか。

(答)町長 

合併は今始まったことではない。

杉戸も昭和35年に合併があった。

今回の合併に失敗すると、20年から30年遅れる。

推測で申し上げるが、杉戸は財政110億円規模

地方税 つまり自分たちの税金58億

地方交付税 13億

そのほか財政調整基金、地方債

半分が人の財政であるので、合併が財政の最大の手法。

合併より厳しいことをしなければ、この財政ではできない。

合併の歴史がネット上にある。

合併が悪かったという人はいない。社会の変革とともに合併がある。

国に根拠があってやっていること。

町が30年も遅れたようにならないために合併すべき。

例えば、東武動物公園駅、東口の開発は大変なネックがある。

宮代町は東口を改良しても130メートルぐらいしか良くならない。

駅前広場の費用は、宮代町もちになる。

杉戸町より、宮代町のほうが多額の費用がかかる。

宮代は、東口より西口を整備しろといっている。

近隣の町村と合併して、春日部と協力して、

大きな町のほうが技術力があるので、今、合併して損をしたと言う人はいない。ひとつの例です。

(答)北島総務財政調整幹

 職員はどのような将来を考えているか。

平成11年ごろ、法律により、

国の台所事情が厳しい。国・県の事務権限を下ろす。

地方交付税も減少。

町が国に依存しているお金はどうすることもできない。

歳入が減れば、出るものをしめなければならない。

事業系に予算がつけられない。

福祉は増大する。義務的なものにお金をつける。

地方にウエイトを置く。地方分権改革推進会議の答申は、64の法律、

350~360の権限を下ろす。すべてがなるとは限らない。

例えば、農転許可など。

いずれにしても市に移譲してkる。

財源が伴わない。

財源は危機的状況である

8月の広報から、連載で合併についてはお知らせしていく。

以上であるが、

北島調整幹の発言は、正しい?

「財政は危機的状況である」といったが、田中監査委員の説明では、こうは言っていないと思うのですが・・・・

町長をはじめ、調整幹級の職員は田中監査委員から説明を受けたはずですが・・・受け取り方が、人それぞれだということでしょうか

発言者 男性

 合併を掲げて当選したが、合併には反対が多い。

過去2回の住民投票では賛成が多かった。

昨年8月の結果は反対が多かった。

オリンピックではないが、2勝1敗だ。

過去2回を合わせて1本だ。

私たちの意見が議会によって、ひっくり返る。幸手市は春日部市と一緒になりたいといっている。

合併していいことがあるかというと、3年から5年ではわからない。

子、孫の時代に良いことになる。

春日部市と合併できないと

羽生などと一緒になるといわれるので、春日部市と一緒になるように協力に進めてほしい。

発言者 男性

 財政の話を聞いたが

平成23年から赤字に転じると言うことで大変なことになる。

国の方向は、合併の方向を示している。

40年きざみで合併していく。

財政がよくなったと思うように、グローバルにやっていく。

宮代との合併を推進して、春日部市と合併すると

サービスが向上する。

4年も5年も合併問題でごたごたするのはよくない。

議員のエゴを出さないで、町民のために考えてもらいたい。

杉戸町の将来がよくなる、和をとるように、

町長に、春日部推進の議員の方にエールを送る。

(答)町長 国も世界も変わる。

個人的な意見だが、借金するのが当たり前。

国も借金する。3割ぐらいは借金するのが当たり前。

ある程度の規模が必要。

以上、午後8時6分で終了。

最後に、内田教育長から

「今晩は穏やかな懇談会でほっとしている」と挨拶。

続きは

「合併は、行政改革の究極の手段である。

やらざるを得ない。

教育も大きな市を町では違う。

市だとクーラーもある。義務教育で格差があってはいけない。

あるところでは、事務が主事の仕事もしている。

熱心にご協議ありがとうございました。」

   次回の懇談会は

 8月23日(土) 午後2時から

           南公民館

です。

【2008/08/22 10:58】 | いしい幸子の活動 | コメント(3) | page top↑
合併の考え方を厳しく追求・・・合併懇談会

 昨晩は、高野農村センターで合併についての懇談会が開催されました。

まずは、町長の挨拶

 「なぜ、こんな懇談会をするのか」と疑問を持っている人もいる。また、合併がどんな方向性で進んでいくのか知らない人が多い。こんな形で合併が進んでいくというお話をするのが、この懇談会の目的だ。

宮代町が春日部市との合併の動きがある。私は、宮代町と方向性を同じにしたい。宮代と添っていきたい。

枠組みの問題であるが、資料にあるように、県の構想では、杉戸町は北の地域となっている。平成22年3月31日、合併新法内、これが目標値。期限が切れれば、まっさらになる。

杉戸町がこのままであれば、杉戸町はこの枠組みが強いということである。

合併は100%賛成とはならない。私は春日部市との合併を選挙公約としている。

このあたりは幸手が近いので、それなりの考えがあるだろう。

方向性を定めていき、質疑応答で協議していきたい。

質問者  男性

1、昨日資料を渡され、すぐには分析できなかった。資料の財政について質問したい。

 いずれは合併しなくてはならないと私も思う。杉戸町の抱える課題を解決して合併したときに、よいまちづくりができると考えている。

町長は、財政赤字がどうにもならないから合併だと言っていたが、今日は県がああだ、こうだというから合併するというように思えるが、どうなのか。

2、財政収支見通しについて。

人件費だが、財政状況から考えると職員数を減らす。給料を削っているところもあるが、町長はどう考えているか。

3、普通建設事業費割合は高いほど望ましい。自治体に余力があるということである。春日部は低いが、それほど財政危機に直面しているのではないか。

(答)町長 

1.県の方向性にすりかわったということであるが、放っておくとこの方向性(県の合併構想枠組み)になりますよということです。

3、建設事業費は少ないと思う。近隣市町の差はない。

質問者  男性

1.町長は、宮代で合併の協議が始まっているので春日部市との合併を進めたいと言ったが、住民投票で春日部市との合併には反対ということで大きな意味を持っている。

 公債比率、実質債務残高比率の数字が大体同じというが、そうは言えない。

2.春日部と進めたいというが、春日部市は来たければ来てもいいという感じではないか。吸収合併でもいいと過去に町長は言ったが、吸収では困る。その前に、こういう条件で合併したいというものは。

3、平成の大合併の検証はしたのか。

新聞記事では、3割自腹 膨らむ借金との見出しにあるように、合併後が厳しい。

合併をしたときに公共料金等の検証をしたのか。

(答)町長

1、宮代と歩調を合わせる。はじめから言っている。春日部市と杉戸を進めていけば、宮代がついてくると思った。

2、庄和町は、合併してよくなったとも聞く。春日部市からの道路ができたなど。えらくひどくなったとは聞いていない。3年、5年では結果がでない。10年、20年で検証をする。

質問者 男性

1、検証はどうしているのか。町は研究機関をもってやっているのか。春日部と合併したくないという住民の意思を無視している。春日部市との合併が、県の構想より上回るということを示してほしい。

春日部市との合併に対する、町長の主張がない。

(答)北島総務財政調整幹

30万人の規模の都市が効率的にはいい。事務を地方に下ろすが、ほとんどが市である。一定の規模が必要。

質問者 男性

1、春日部と合併すれば議員の配分も5:1くらいになる。税金が春日部市に持っていかれるように思う。予算委員会を考えてほしい。春日部駅の立体交差、武里団地の問題などに予算を持っていかれる。春日部をやってから、その次に杉戸というように。

(答)町長

合併すると同じ市民になる。議員も庄和町からも8名いるから・・・

質問者 男性

1、幸手の市町から合併の申し入れはあったのか。断ったのか。

2、県の指導で行くと、杉戸がこのままだと、久喜、白岡などの現在合併協議会を設立しているところを通り越して、羽生と合併になるのか。

宮代・杉戸・幸手の枠組みという話が出てもいいのではないか。

(答)町長

1、幸手市長が来たとき、宮代と協議しているといった。

2.おっしゃるとおり。町民の総意であれば、それもありうる。私の意見よりも町民の意見が多ければ従う。

3、(北島) 飛び越しての合併は合意があれば、可能。

制度上は可能。

質問

 幸手から申し込みがあれば、町長は受けるのか。それとも春日部なのか。

町長 

今では、いえない。

北島総務財政調整幹 

久喜の枠組み、白岡の枠組みが合併したら・・・・

質問

 町長が新米であれば、行政マンである北島さんが、こういう枠組みもあります、などアドバイスするのが行政マンじゃないのか。行政マンである、北島さんの役目じゃないのか。北島さんが答えているので、北島さんに聞く。

 町民の答を聞くということはどういうことか。

住民投票をするのか、意向調査にするのか。

北島 

 議会とも調整していく。

質問者 男性

 1、町長がいう合併問題、町長が言っていること、やっていることが違う。町長は40%の票を獲得し当選、宮代のアンンケートで杉戸・宮代・春日部市という枠組み賛成も40%。杉戸町は住民投票で白紙になっている。枠組みを幸手、久喜なども検討すべきでは。春日部・宮代は、新市でスタートしているのだから。だから、町民が町長に疑問を持つんだ。口先では困る。合併は白紙からスタート。その後、住民アンケートをするといえば、済むのではないか。町長、どうか。

(答)町長 

 住民投票の件は、いろいろな方の意見を聞いて決める。

 春日部市との合併を公約に当選したので、すぐにはあきらめられない。

質問者

町長、あなたはどうしたいのか。これだけを聞きたい。

財政赤字を増やしたいのか。行政改革を提出してきた私たちの情熱はあなたが一番知っているはずだ。

町長

85億円だったか?それじゃないとまわらない。

杉戸単独では難しい。給料に手をつけなくてはならない。

質問者

やってみれば良いじゃないか。やらなければできない。合併どのこうのより、行政部分が遅れている。

町長

 貴重なご意見として受け取る。

 終了

私から一言・・・

この会場では、合併についての根本的な考え方が争点となったように思う。

町長の春日部市との合併ありきという姿勢に疑問を持つ町民がいるということだ。

杉戸町だけではやっていけないと町長はいう。

春日部市と一緒になれば、杉戸町の問題点は解決できるのか。

それならば、きっちりと裏づけを町民に示せばよいのではないか。

それもしないで、春日部としたいだけを繰り返しているので、話が進まないのである。

理論的に話を進めてほしい。住民が納得していない。

感情で合併を進めるのではなく、政治的(政策)レベルでの協議を求める声が会場でもれ聞こえてくる。

合併を論議し始めた頃と、状況が変化していることを町長は認識しているのか。

かつては、合併の中身も良く知らずに進めてきた経緯がある。

しかし、今は違う。

住民は行政の言いなりには、ならない。

自分たちのことは、自分たちで守らなくてはならないことに気づいたからだ。

住民は町をどうすればよいか、必死で考え、勉強していることを忘れてはならない。

行政側は、こうした住民の熱き想いを受け止められるよう、備えなくてはならない。

昨晩の住民の分析や合併の捉え方には一理ある、と思ったのは私だけだろうか。 

 今夜も懇談会は続く・・・

 元東小学校集会所   午後7時から

 私も参加します。

住民からどんな意見がでるのか、この耳で聞きたいので・・・・

【2008/08/21 11:55】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
合併の懇談会に参加して・・・すぎとピア

 昨晩、合併についての懇談会に参加しました。

まず、町長の挨拶。

「子孫のために、20年、30年先のことを皆さんと協議したい。

私は、春日部・宮代・杉戸の1市2町を推進したい。

私の考えるように、また、思うように合併が進まない。

私は春日部市の合併を公約に当選した。

8月の住民投票では賛成より反対が上回った。

最初は宮代がだめだった。杉戸は住民投票でだめになった。

宮代の昨年11月のアンケートでは、春日部市と宮代・杉戸の1市2町が多かった。12月に報告があった。

そのときは、住民投票の結果があるので動きがとれないと伝えた。

平成22年3月31日が合併新法の期限である。

条件のいい交付金が受け取れる。新法内に合併したい。

できないと単独になってしまう。

時代の流れは合併である。時代にのる。

春日部市との合併の最後のチャンスである。

議員・住民と行政が手を取り合って協議したい。」

町長の挨拶について

17日の挨拶とは一転して、「県の合併構想枠組み」については触れなかったのです。会場によって、町長の挨拶の内容が異なるのもいかがなものかと思いますが・・・・。住民の認識に偏りができますので、挨拶の内容(合併についての考え)は統一することを要望します。

次に、質疑応答の内容・・・

質問者 女性

(1)合併のメリット・デメリットをわかりやすく教えてほしい。

 (答)配布資料・8月の広報に書いてある。メッリトは、住民の利便性、サービス向上などがある。デメリットは、役場が遠くなるなどあるが、総合支所方式をとるので大丈夫だ。(行政改革推進室長)

(2)杉戸の未来図はどう考えているのか? 

 (答)宮代・杉戸がまず一緒になり、その後春日部市と合併する。というように2段階で行くのかどうかは、これから決めていく。(北島総務財政調整幹)

質問者 男性

(1)合併してどのようなまちづくりをしていきたいのかを聞きたい。人件費がずっと同じで、減少しない。本当に改革しているのか。

(2)春日部が出てくる根拠を明確にしてほしい。まちづくりの方向性がないのに合併とだけ言っているのでは、住民は判断できない

 (答)貴重なご意見として受け取ります。(町長)

質問者 男性

 今日も合併反対と賛成で意見が分かれる。当然のことかもしれない。きりがない。うんざりしている。またか、という思いがある。住民投票の結果があるのだから、1市1町(春日部・杉戸)でも、1市2町(春日部・杉戸・宮代)でも反対は明らかになっている。かわらない。

住民投票から1年たった今頃、懇談会やっているほうがおかしい。今までやろうと思えば、いつだってできた。何をやっているのか。

杉戸町規模なら、単独でやろうと思えば、できると思う。やる気になればできる。春日部市とでは、吸収合併になってしまう

庄和町の循環バスだって、庄和のバス2台が春日部全域を回ることになり、旧庄和町の人は1時間に1本あったものが、1日2本といった状況になっている。

合併問題は白紙に戻してほしい

税金はどうなるのか。上がるのか。下がるのか。

 (答)上がるものもあれば、下がるものもある。(町長)

質問者 女性

 主婦の立場から言わせてもらう。埼玉県のインターネットを見ると県の合併構想が出ている。「杉戸町は何もしない」とこの合併枠組みになってしまう。羽生のほうに事務の基点がいってしまうと、交通費もかかる。北より南の合併がいい。南の方の合併を進めてほしい。

このほかにも、質問がありました。

さて、私の意見ですが・・・・

町が合併について説明を十分にしていないため、誤って理解をしている住民がいたように思います。

「杉戸町は何もしないと県の合併構想の枠組みになる」と言い切った住民がいますが、これは勘違いです

県に拘束力はありません。県は構想を策定し、枠組みを提示するまでで、合併はあくまでも自治体の自主性に任せられているはずです。

このように誤った認識をしている住民がいたのであれば、その場で行政側が訂正すべきではないでしょうか?

誤った情報が住民間に広がってしまう可能性があると思うのですが・・・。

いいのでしょうか?

質問者の意見の中には、住民視線からの貴重なものもありました。

 まずは、合併してどのようなまちづくりをしたいのかを町長に示してほしいというものです。

町長は、合併協議会で協議することだと答えていますが、本当にそうでしょうか?

まちづくりの構想があってこそ、合併があり、合併先が決まるのではないでしょうか?

まちづくりの構想がなければ、合併後の運営が難しくなるのです。

これは、平成の大合併で検証済みです。

検証すべきと私が言い続けてきたのは、ここにポイントがあるからなのです。

合併後のまちづくりを成功させるには、まちづくりの構想や杉戸町の課題の対処策が必要となるのです。これがなければ、場当たり的な行政運営になってしまうのです。

懇談会での説明は・・・・・・

  財政の状況を数字で説明をしていましたが、住民が理解するには難しいと思います。わからないといった声もありました。

数字を読み上げるだけではだめなのです。

職員が数字を読み解き、杉戸町の財政を分析し、問題点を明らかにする。

問題点を解決するには、どうしたらよいのか。

例えば、その方法が合併であり、合併先を○○にすることで、

こうしたまちづくりが可能となり、杉戸町の問題点が解決できる・・・・

といったように、段階を踏んで、構想を住民に提示すべきではないでしょうか?

 

 懇談会は、今晩も予定されています。

 午後7時から  高野農村センター

です。

私は、今晩も参加します。

【2008/08/20 12:10】 | いしい幸子の活動 | コメント(3) | page top↑
合併についての町民懇談会・・・「すぎとピア」今夜7時から

 17日から合併についての町民懇談会が始まりました。17日は2箇所で開催され、多くの住民が参加したようです。私は予定が詰まっていて、残念ながら参加できませんでした。同じ会派の須田議員さんから懇談会の内容は聞きました。

 今回の懇談会で、町長は合併の枠組みを新たな表現で住民に投げかけました。 

その枠組みは?というと

県の合併構想の枠組みである 杉戸町から北部との合併か、

それとも 春日部市を含む南部との合併か

この2つの選択肢を住民に提示したのです。

全員協議会では、県の合併構想の枠組みという言葉など、町長の口から一度たりとも出てきたことはありませんでした。驚きました。

私が議会や全員協議会で何度も合併の枠組みについては検討するように言ってきました。町長は春日部市以外には目もくれず、検討・研究すとも言っていませんでした。

それなのに、急に県の合併構想の枠組みを住民に提示したと言うことは、県の構想枠組みも検討・研究したということなのでしょう。

検討・研究もしないで、住民に枠組みを提示することはできないと考えるからです。検討・研究なしで提示したのであれば、問題です。なんとも無責任な話となるからです。

北部と合併をした際には、こういったまちづくりになる、

一方、

南部と合併をすると、こうなるといった、

青写真を町長が提示なければ、住民は決めかねます。

説明責任は町長にあります。

今晩の懇談会に出かけて、内容を確かめることにします。

皆さんもどうぞ、積極的にご参加ください。

町長に直接質問できる、よい機会です。

 今夜7時から  すぎとぴあ です。

【2008/08/19 14:43】 | お知らせ | コメント(0) | page top↑
消防の広域化の協議が始まります 杉戸町の枠組みは?

 埼玉県では消防行政の広域化を提言しています。つまり、消防の再編です。現在、県内には36消防署がありますが、再編して7消防署にしようというものです。

 杉戸町の消防の枠組みはどうなっているのでしょうか

県の提示では、杉戸町の消防枠組みは第7ブロックとなっています。第7ブロックとは、県が提言している合併枠組みと同じものになります。

県では、消防行政の効率から考えてみても、自治体の枠組みと同じほうがよいのではないかと、枠組みを提言しています。

本年度末までには、広域消防の枠組みでの協議会を設置というスケジュールのようです。杉戸町としては、どのように対処するのでしょうか?

合併問題ではっきりとした方針が示せていない状況の中、野口町長は消防広域行政にかかわる枠組みをどのように考えているのでしょうか?野口町長には、9月議会の一般質問で答弁していただくことにします

【2008/08/11 12:51】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
もうすぐお盆休み・・・・

 明日はもう9日です。来週はお盆です。子どもは夏休みで学校は休みなのですが、部活動で学校に行ったり、夜は塾に行ったりで、なんら普段の生活と変わりません。私には夏休みという感じがまったくしません。なにしろ、私の勤務先の学校では、今日まで定期試験でしたし・・・・・・・。

お盆休みにでもなれば、ちょっとは休めるかなと淡い期待をしています。

さて、9月議会に向けての準備や何やらで、やることがいっぱいです。

・一般質問の項目を絞り込みと調査・勉強

・地方自治法改正に伴い、全員協議会が法的根拠を持つことから、これに 関する議会の取り決め事項の検討

・検討中の請願について

・予算要望の検討

などです。

皆さん、平成21年度の予算編成に伴い、ぜひやってほしい事業等がありましたらご連絡ください。また、無駄な事業などがありましたらご指摘ください。皆さんの声を反映した要望書を提出したいと考えています。

また、8月27日には平成19年度の一般会計の決算について監査役から説明があります。

内容については、後日お知らせします。

 

【2008/08/08 14:49】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
杉戸町の財政白書をつくりませんか

 みなさん、杉戸町の台所事情(財政)には興味がありますか?

先日の町政報告会でこんな意見がありました。

杉戸町の財政状況は厳しいとは聞いているが、具体的にどんな状況かはわからない。

こう感じている方が大方ではないでしょうか。私が財政について少しわかってきたのは、ここ数年のことです。数字とにらめっこしているだけで、どう分析すればよいのか・・・・こんな感じでした。

しかし、これではいけないと財政分析の講習会に参加したり、JTR(日本税制改革協議会)でお世話になっている松本さん(和光市議会議員)や私の公会計の先生・吉田先生にアドバイスをいただきながら、勉強中であります。

住民が自分の住んでいるところの台所事情を知らないというのは、少々問題があると思うのです。町は予算や決算状況を町民に知らせる責務があります。たしかに、広報紙などで情報を公開していますが、わかりやすいとは言いがたいものではないでしょうか。

住民が台所事情を知らないと言うことは、住民が適切な判断を下すことができません。杉戸町の台所事情をわかりやすく伝えられないだろうか?住民目線で、わかりやすいもの・・・・・

ない。

では、自分たちで作ればいいのでは?と思ったのです

 皆さん、杉戸町の財政白書を一緒につくりませんか?

第1回目 顔合わせをします。

知識などはなくても大丈夫です。杉戸町の台所事情を知りたいと思う方はぜひ、お集まりください。

 杉戸町の財政白書を作る会(仮称) 

 日時  平成20年8月31日(日)

      午前10時から 

 場所  西公民館 ・講座室

お待ちしています。

女性の方もぜひ、主婦の視線から参加してください。

【2008/08/05 14:40】 | お知らせ | コメント(0) | page top↑
町政報告会へのご参加 ありがとうございました

 昨日は、厳しい暑さにもかかわらず、私の町政報告会にご参加いただきありがとうございました。30名ほどの皆さんに参加いただきました。

それから、元衆議院議員の中野 譲さんも飛び入り参加。中野さんからもお話をしていただきました。

今回は、会場を西公民館に変えての報告会でしたので、参加者がどれくらい集まるのか、心配していました。

日頃、議会報告レポートをお届けしている方が、「頑張っているから見に来たよ」と足を運んでくださいました。遠くは、泉地区からもご参加いただきました。

 私からは、6月議会の報告と合併についての話をしました。その後、皆様から質問や要望などをいただきました。積極的に参加されている方々ばかりです。意見交換などもでき、充実した会となりました。

ただ、合併についての考え方を理解していただけたかどうかは不安が残りました。説明のしかたなど、反省すべきところもあります。聞いている方が理解しやすいように工夫しなければと感じました。

次回の町政報告会もよろしくお願いいたします。

お盆過ぎると今月下旬には9月議会のための議会運営委員会が開かれます。9月議会は決算議会です。ぜひ、皆さん、傍聴にお越しください。

【2008/08/04 13:56】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
杉戸町合併についての「懇談会」を開催

「町長が合併についての考え方を話し、皆様からのご意見をお聞きします。」

 町は合併について懇談会を開催します。

懇談会の日程等のお知らせは、8月1日付けで回覧されると思います。また、杉戸町役場のホームページの「行政改革推進室」で見ることができます。役場のホームページの新着トピックスには、手違いのため、まだアップされていません。担当課に連絡し、早期のアップを依頼しました。

 懇談会の日程

 8月17日(日) 午前10時  深輪産業団地地区センター

           午後2時   東公民館

 8月19日(火) 午後7時   すぎとピア

 8月20日(水) 午後7時   高野農村センター

 8月21日(木) 午後7時   元東小学校集会所

 8月23日(土) 午後2時   南公民館

 8月24日(日) 午前10時  西公民館

 8月26日(火) 午後7時   中央公民館

 8月29日(金) 午後7時   泉公民館

 8月31日(日) 午後2時   杉戸町役場

  

 野口町長から合併の必要性や合併の方向性の話があるとのことです。杉戸町の将来にとって重要な問題です。ぜひとも、多くの皆さんの参加を希望します。 直接、町長の話を聞く貴重な機会です。

 懇談会開催のお知らせを多くの方にお知らせください。

【2008/08/01 14:38】 | いしい幸子の活動 | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。