スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
3年後に消費税を引き上げする?

 昨日、麻生首相が「3年後に消費税を引き上げしたい」と発言しました。

景気対策をするといいながら、その後には増税を考えているのです。

ちょっと待って。

本当に国にお金がないのでしょうか?

そして、使っているお金に問題はないのでしょうか?

私には

社会保障制度や医療制度を維持するにも財源不足だから、増税します。

と聞こえます。

歳出削減には努力したのでしょうか?

国会議員の議員定数を減らしたでしょうか?

国会議員報酬を削減したでしょうか?

まずは、議員自ら、態度で示すべきではないでしょうか?

無駄なもの、まだあるはずです。

居酒屋タクシーなどという報道があったように、一般企業では考えられない支出がまだまだあると思うのです。

私たち国民が監視をしなければ、官僚や政治家は、税金を使いたい放題ではないでしょうか?

増税の前に、やるべきことが・・・・

足らなければ、増税・・・・

こうした図式から脱却することが必要です。

足らないのではなく、足りるようにするのが、首相の仕事です。

財政運営能力が試されているのです。担当大臣とよーく考えてほしいものです。

そして、皆さん、我々は次期衆議院選挙では、消費税を増税する、麻生内閣でよいのかどうかも問われる選挙であることをお忘れなく・・・・

私は、消費税引き上げには反対です・・・・

いかなる増税にも反対することは、私の選挙公約です・・・・・

スポンサーサイト
【2008/10/31 14:24】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
宮代町への回答は先送り?

 10月20日には全員協議会で、町長から宮代町からの申し入れに対して、「研究会を設置したいので、ご理解を」と発言しました。これは、先日ブログで報告させていただきましたが・・・・・

 その後、念を押すかのように、町長は議長に、宮代町に「研究会を設置する」との回答をすると報告したようです。

これを受け、議長は代表者会議を10月27日に開き、町長からの報告を各派の代表者に伝えたとのことです。

野口町長は、10月28日に宮代町へ回答をする予定でした。どんな回答を出すのか、文書を見たいと私が担当課に連絡したところ、事前には見せられないとの返事。どんな文言で、どんな内容かを知る権利はあると思うのですが・・・・・。

しかし、10月27日、春日部市の全員協議会では、宮代町への回答をめぐり、問題とされて、修正することになったようです。そのため11月10日、全員合議会で再度検討するようです。

春日部市議会の中で、杉戸町の住民投票の結果を尊重すべしとの意見が出ています。この現実を、野口町長はどう考えるのでしょうか?

なお、春日部市議会では、新法内の合併にも懐疑的という感じのようです。野口町長は相手のある合併問題に対して、情報収集したのでしょうか?、その結果、合併が可能であると判断して、動いたものと思いました。しかし、そうでもないようです。

春日部市議会も慎重に検討しています。

また、杉戸町議会も、町長が研究会を設置するとしたことに対して、問題だとする声も多くあります。

私は、まず、杉戸町議会で「宮代への回答」の中身を検証すべきと思います。中身を知らずに、回答させるべきではないと思います。

皆さん、いかがですか?

【2008/10/29 11:17】 | いしい幸子の活動 | コメント(3) | page top↑
町長からの詫び状が届かない?

 杉戸町の皆さん、町長からのお詫び状が届きましたか?

私のブログのコメントにも何件か問い合わせがありました。また、街頭で演説をしているときにも、詫び状が届いてないとのお話がありました。

これは、各行政区長経由で各世帯に配布されるものです。この問題は10月10日付けのものです。おそくても20日には配布されているのではないでしょうか?

お宅に届いていない方は、行政区長にお尋ねください。

 さて、もうひとつ問題が発生。

このたび、「杉戸町・宮代町・春日部市との合併を実現する女性の会」と名乗る一団体が、各地域の行政区長のところへ行き、合併推進の署名活動の用紙の配布・回収を依頼するという行為が行われました。

ある行政区長は、自らの区長名を出し、行政区の組織を使って、署名用紙を配布させています。

ある一団体の署名活動を行政区長やその組織を使うことに問題はないのでしょうか?

今回は、合併という政治色の濃い問題だと思うのです。

町の担当課や総務財政調整幹の見解はというと・・・・

法に抵触しないので、注意を与えるだけだとのことでした

しかし、皆さん、行政区長はれっきとした職員なのですよ。非常勤特別職なのですが・・・・

町から報酬もいただいているはずです。

町から広報紙などの配布物を依頼するとため、配布負担金もお支払いしています。つまり、町が認めていない配布物を、行政区長の権限で、行政区の組織を使って、配布してよいかという問題になるのです。

行政区長という身分は、すべてのことに対して、中立・公平の立場でいなければならないでしょう。選挙の応援も同じです。公私を分けて活動していると開き直る区長もいっらしゃいますが・・・・。

このあたりで、区長たるものはどうあるべきか、検討すべき時期ではないでしょうか。本当に区長制度が必要なのかなど。

また、区長にも定年制を設けてはどうか、という意見も以前からあります。

今回、町が認めていない配布物を、区長が区制度を使って配布することについては、町がしっかりと指導してくれるものと期待しています。

本来区長がすべきことではないと思います。

できれば、未配布分については、依頼した団体が回収するように指導すべきです。

法に抵触しないから、指導できない町では困ります。常識的に考えてほしいものです。

逆に言えば、法に抵触しなければ、何をやってもいいことになります。

【2008/10/23 15:44】 | いしい幸子の活動 | コメント(3) | page top↑
1市2町での合併研究会を設置

 昨日は、全員協議会が開かれました。傍聴者も定員を超え、議会運営においても今後の課題点となりました。

 宮代町議会では、「春日部市を含む枠組みとする合併推進に関する請願」が採択され、そして決議されました。そこで、榊原町長から合併協議を開始したいとの申し入れがあったことについて、野口町長から報告がありました。

 そして、野口町長からは、1市2町(春日部市、宮代町、杉戸町)の合併研究会を設置すると意思表明がありました。

 研究会といっても、任意の合併協議会と何ら変わりはないと私は思っています。昨年の住民投票の結果を無視し、1市2町の枠組みでの研究会です。8月の住民懇談会でもいろいろな意見が出ていたことは町長も認めていました。しかし、野口町長の一存で合併研究会の設置となるわけです。町長には権限があり、議会の賛成がなくても研究会の設置はできるのです。議会の承認なしで、町長独断で研究会を設置する方向で進めるようです。

 研究会(任意の合併協議会)後に、法定協議会に持ち込もうとしているのは見え見えです。

 研究会ではどんなことが、検討されるのでしょうか?

 合併後の住民サービスとか、まちづくりの構想だと答弁しています。

つまり、内容は合併協議会そのものなのです。

 住民投票の結果を無視して、野口町長は動き始めました。

 住民懇談会や議会で、野口町長は、「合併については、議員と協議をしながら決めていく」と発言はするものの、いつも協議などすることなく、議員には報告をするだけであります。野口町長の政治スタンスは、まさに独裁政治ではないでしょうか?

 皆さん、冷静に考えてください。

旧春日部市、旧庄和町、宮代町、杉戸町との旧1市3町の合併協議会が行われたとき、お互いの財政状況を研究したでしょうか?

 まちづくりをきちんと描いたでしょうか?

以前の市民・町民、そして、首長、議員も合併ありきで考えていたのではないでしょうか?

合併しなければ、財政が大変だ。夕張のように破綻してしますなど、事実でないことが真のように町中を駆け巡りました。

春日部市の財政状況も知らないで、春日部市と合併すれば豊かになると勝手に思い込んでいたのではないでしょうか?

昨年、春日部市との合併を公約に掲げた野口町長が当選しましたが、果たして、この票は春日部との合併に賛成しての票だけだったのでしょうか。

春日部との合併賛成もあったと思われますが、反前町長の票もかなりあったのではないでしょうか。その結果が、8月の住民投票の結果なのです。

このころになり、合併は本当に必要なのか、合併で財政がよくなるのか、春日部市の財政は大丈夫なのか、杉戸町の財政はそんなにひどいのか、など、疑問を持ち始めた町民が増え始めたのです。

国や町の言いなりではダメだということに気づいてきたのです。

昨日の全員協議会で、「旧1市3町の合併は多くの住民が願っている」と発言した議員がいましたが、いつのことをいっているのでしょうか。

昨年8月の住民投票時の町民は、合併について、以前より合併を理解して投票に臨んだのではないでしょうか?昨年8月の住民投票の結果こそが、住民の意向なのです。

いつまでも、昔の結果を持ち出し、議論するのはいかがなものでしょうか。

今回、仮に研究会が始まったとします。旧春日部市と旧庄和町の行われた対等・新設合併は、今回可能なのでしょうか。

春日部市は、庄和町との合併に費やした労力や経費を、現在の春日部市の状況で、今回の合併にかけるでしょうか?

冷静に考えれば、春日部市にそれだけの余力があるとは思えないのですが・・・・

吸収なら、話が進む可能性があるでしょう。

杉戸町、宮代町は春日部市とは人口規模がかなり違います。どうみても対等には合併できないのではないでしょうか。

もし、吸収合併であれば、杉戸町が進めてきたまちづくりなどは、継続できるのでしょうか。

道州制や地方分権化時代だから、合併しないとやっていけないと思っている方が多いのですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

皆さん、春日部市との合併を冷静に考えてください。

春日部市の状況を冷静に判断する必要があります。

また、町長も議員ももっと勉強すべきではないでしょうか。

杉戸町の将来がかかっています。

町民を無視した、野口町長の決断にこのまま、黙っているわけにはいきません。対応策を検討中です。

【2008/10/21 14:12】 | いしい幸子の活動 | コメント(3) | page top↑
20日の全員協議会は傍聴できます

 昨日の議会運営委員会で、全員協議会の傍聴について協議しました。

 10月20日の全員協議会については以下の通りです。

  

  議題   合併について

  時間   午後2時から

  場所   全員協議会室(第一庁舎)

        傍聴席  15席(受け付け順)

 宮代からの合併申し入れについて町長から報告があります。杉戸町はどのように対処していくのか、方向性が見えてくるのではないでしょうか?

町民の皆さんも、ぜひ傍聴してください。野口町長がどのように対処するのか?議員がどのような協議をするのか。

開かれた議会の第一歩です。全員協議会を傍聴してみてください。 

【2008/10/18 09:47】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
明日、議会運営委員会が開かれます

 明日は10時から、議会運営委員会が開かれます。

議題は、「全員協議会の取り扱い」についてです。

先に報告したように、法改正により全員協議会が正式な会議として位置づけられました

今まで、非公式な会議という問題点があったのですが、9月定例会において会議規則が可決され、全員協議会は原則として傍聴可能となりました。

 ここで、注目すべきは「原則」となっている点です。

明日の議会運営委員会では、20日に開催予定の全員協議会は傍聴可能とするのか、どうかを協議するのです

「原則」となっていますので、協議結果によっては、傍聴できないとなるかもしれません。

私どもの会派「改革市民クラブ」は、傍聴を認めるべきとの姿勢です。

20日の全員協議会の議題は「合併について」だと思われます。

合併という重要案件については、町民の傍聴のもとで協議すべきと考えます。傍聴を希望する町民がいるのであれば、傍聴を認めるべきでしょう。議会運営委員会では、どんな意見がでるのでしょうか。

そして、傍聴可能となれば、多くの町民の方に周知することが大切です。役場のホームページでのお知らせはもちろんです。私もブログでお知らせします。傍聴が決定したら、私はビラ配布もしようと検討中です。

 これからは、開かれた町政運営が求められています。

そして、議会は今、透明性が必要とされています。

そのためにも、全員協議会の傍聴は必要だと思うのですが・・・・・・

みなさんは、どうお考えになりますか?

もし、傍聴をしたいと思われる方は、

支持している議員や知り合いの議員に、

また、議会に傍聴したいと要望してみてはいかがですか?

 

合併について、町執行部と議員がどのような協議をしているのか、確かめるよい機会になると思いますよ。

【2008/10/16 09:52】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
野口町長から詫び状が届く

 皆さん、「野口町長から詫び状」が届きましたか?

10月10日付けの文書です。行政区長さん経由で各世帯に1枚届いているはずです。

まだ、という方は、ポストをのぞいてみてください。

ここ数日、町民から反響がありました・・・・・・・・。

「広報紙に載せられなかったのか?」

「税金の無駄だ」

「誤解と書いてあるが、はっきりと町長は言い切っている。こんなうそを懇談会でいうなんて信じられない」

「失言もいいとこだ。国会ならすぐに辞任問題に発展している」

「杉戸町の議会は何をしているのか。このままにしておくのか。」

「謝って済む問題ではない」

「文章が長すぎてよくわからない」

「きちんと説明すべきだ」

などなど、多くの方からの意見です。

野口町長、これが町民の生の声です。

【2008/10/15 13:15】 | いしい幸子の活動 | コメント(3) | page top↑
吉田教授を招いての講演会は好評でした・・・

 昨日の「私たち杉戸町の未来は? 合併問題を考える」の講演会には多くの皆さんが参加してくださいました。ありがとうございました。

私の予想を上回る40名弱の方にご参加いただきました。

私の町政報告会にも参加してくださる常連の方、初めてお目にかかる方、

宮代町議会議員、杉戸町議会議員、そして杉戸町役場職員のお顔を見ることができました。

 私からは

 ・これまでの合併問題の流れ

 ・野口町政の合併推進理由の検証

 ・杉戸町近隣自治体の財政検証

 ・野口町政の財政収支見通し

 ・杉戸町の課題

 ・石井幸子提案による財政収支見通し

 ・杉戸町町民の選択肢について

1時間ほどお話させていただきました。

 続いて、千葉商科大学大学院 吉田 寛氏から

 ・会計について

 ・税について

 ・仕事(税を)を任せていい人か、そうでないか

 ・子どもにツケをまわさないとは

 ・杉戸町の財政収支見通しについて

   野口町政と石井幸子案の検証

 ・合併を検討する際に、判断すべき数字とは

 ・基礎自治体はどこにおくべきか

以上を1時間20分ほど、ご講義いただきました。

参加者の皆さんは、最後まで、熱心に聴いていたようです。

最後に質問を受け、終了となりました。

参加者の中には、吉田先生の講義に興味を持たれ、個別でお話をされていました。

参加いただいた皆様からの感想

 ・大変わかりやすかった。

 ・合併を考える際に役に立つ情報があった。

 ・もっと多くの町民に聞いてほしいと思った。

 ・大学教授の話を聞くことができ、よかった。

 ・このカルスタすぎと(会場)で、このような会が開催され、建物を有効活用  できうれしく思う。

 

 今回は、連休だったこともあり、事前に「ぜひ参加したかったが、旅行を計画してしまった。参加できずに残念。」「どうしても参加できない。参加する友人に録音するようにお願いした。」など連絡をいただきました。

多くの皆様が合併について興味をお持ちだと言うことがはっきりとわかります。また、町民自らが町政に参加しようとする雰囲気が杉戸町にも出てきたということがわかります。

一議員の活動で、どこまでできるかわかりません。

皆様のご協力をいただいて、町を変えていけたらと思います。

さてさて、

合併に関しては、大きな局面を迎えています。

今週17日に議会運営委員会が開かれます。

地方自治法が改正されたことにより、全員協議会が正式な会議となりました。傍聴も可能になったのです。合併についての全員協議会は傍聴を認めるのか、どうするのか、この点について協議します。

 我々の会派「改革市民クラブ」は、合併など町民に直接かかわる重要案件については傍聴できるようにすべきとの考えでまとまっています。

この件については、決定次第、皆様にお知らせします。

続いて、来週20日には全員協議会が行われます。

宮代町長が来庁し、正式に合併についての申し入れがあったことをうけての全員協議会だと私は理解しています。

野口町長はどのように説明し、どのように合併についての話を切り出してくるのか、じっくりと聞きたいと考えています。

できれば、この全員協議会では、町民の傍聴のもと、町長と議会が協議・議論できる場にしたいと思っているのですが・・・・・。

どうなるかわかりませんが、杉戸町のために、できる限りのことはします。皆様のご協力をお願いします。

【2008/10/14 13:58】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
杉戸町近隣の合併を考える講演会のお知らせ

 「私たち杉戸の未来は?  合併問題を考える」のご案内

 石井幸子と千葉商科大学大学院教授  吉田 寛先生が語る

 日時  平成20年10月13日(月・祝日)

      13時から15時30分

 場所  カルスタ杉戸(杉戸町生涯学習センター)

      多目的ホール

 今、杉戸町にとって合併問題が大きな政治課題になっています。

町は8月17日から合併についての住民懇談会を開催しました。その結果を踏まえ、野口町長は住民投票を検討したいとの発言をしています。

 懇談会では、「合併をしなければいけないのか」「どこと合併をするのか」「合併するとどうなるのか」など、さまざまな質問がありました。

 そこで、皆さんが一番知りたいと思うことを情報発信しようと今回企画しました。合併を考える上で、皆さんに知っておいていただきたいことを中心にお話します。

 今回は、千葉商科大学大学院教授 吉田 寛氏が公認会計士というプロの立場から見た、杉戸町の財政状況も語っていただきます。

 杉戸町の未来を決めるのは、私たち住民です。合併を正しく理解するよい機会です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 杉戸町の方に限らず、宮代町、幸手市の方もぜひお越しください。

【2008/10/11 12:26】 | 町政報告会のお知らせ | コメント(0) | page top↑
北海道・栗山町議会に視察

 久しぶりのブログ書き込みです。

9月議会終了後は、広報委員会での「議会だより」の作成や10月13日の講演会での資料準備と、忙しい日が続いています。

 そんな中、10月8日から2泊3日で、会派で北海道に視察に行ってきました。

 視察先は、議会基本条例で有名になった栗山町議会、図書館の窓口業務を業務委託した北広島市です。

 内容については、13日以降に詳しくお知らせします。

まだまだ、13日の準備が続きます。

【2008/10/11 11:42】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
「杉戸町の未来は?合併問題を考える」のご案内

「私たちの杉戸の未来は?合併問題を考える」のご案内

   石井幸子と千葉商科大学大学院教授 吉田 寛が語る 

  日時 :  平成20年10月13日(月・祝日)

        13時から(12時半開場)~15時30分   

  場所 :  カルスタ杉戸(杉戸町生涯学習センター)               

         多目的ホール 

 今、杉戸町にとって合併問題が大きな政治課題となっています。

町は8月17日から合併についての住民懇談会を開催しました。その結果を踏まえ、野口町長は住民投票をしたいとの発言をしています。

 懇談会では、「合併はしなければいけないのか」「どこと合併するのか」「合併するとどうなるのか」など、さまざまな質問がありました。

皆さん、野口町長から納得のいく回答は得られたでしょうか?

皆さんが判断するときに必要な情報は得られたでしょうか?

 さらに、懇談会での町長の発言には、町民に誤解を与える内容一部がありました。議会の追求により、町長は「町民の皆さんに謝罪したい」としていますが、解は解けていないと私は思っています。

 そこで、皆さんが一番知りたいと思うことを情報発信しようと今回企画しました。野口町長が町民に誤解を与えた発言内容についても触れたいと思います。合併に関する重要な内容ですので、早い時期に誤解をとくべきと私は考えます。

 合併を考える上で、皆さんに知っておいていただきたいことを中心に私からお伝えします。

 今回、千葉商科大学大学院教示 吉田寛氏が公認会計士というプロの立場から見た、杉戸町の財政状況を語っていただきます。

 杉戸町の未来を決めるのは、私たち住民です。合併を正しく理解するよい機会ですので、どうぞご参加ください。お待ちしております。

【2008/10/03 10:26】 | お知らせ | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。