スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
第3回合併研究会会議結果

12月25日の第3回合併研究会の会議結果は以下の通りです。

1、合併協定書(素案)の研究

 ・前回に引き続き、合併協定項目27項目について研究した。

2.新市基本計画(素案)の研究

 ・新市のまちづくりや一体化のための方向性について研究した。

3.中間報告の内容について

 ・合併協定書(素案)、新氏基本計画書(素案)などを報告することで合意した。

4.今後のスケジュール

 第4回、5回研究会は次の日程とする。

  4回 1月7日 午後1時から

  5回 1月14日 午後1時から

場所  宮代町役場2階会議室

議題 引き続き、合併協定書(素案)、新市基本計画(素案)について

 中間報告 1月15日から20日を目安とする に向けて作業を行う。

以上、杉戸町議会事務局を通じて、12月26日の午後FAXが届きました。

A4版、1枚での報告でした。研究した内容も、どういった発言がでたのかもこれではわかりません。

町民に情報を提供するべきではないでしょうか?

スポンサーサイト
【2008/12/28 09:55】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
本日、第3回合併研究会です

本日、合併研究会の第3回目が行われます。

整理事項は、27項目についてです。

結果についてはまた後日お知らせします。

さて、今日の新聞報道では、

久喜市など1市3町の合併協議会では、来年3月に住民説明会を、4月に住民意向調査を実施するとしました。

菖蒲町議会では、19日に住民投票条例を求める決議案を可決しています。

杉戸町は、来年1月下旬に住民説明会、2月に法定協議会というのスケジュールが提示されています。

杉戸町でも「合併研究会を推進し、住民投票を求める決議案」が可決されています。

杉戸町は住民投票の行方はどうなるのか?

【2008/12/25 09:59】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
sugizoさんへ、コメントありがとうございます。

sugizoさん、コメントありがとうございます。

20代とのこと、途中?マークがあり、ちょっと私には理解できないところがあります。

そこで、もう一度メールください。20代のsugizoさんが考える合併を教えてください。

 

さて、私の合併についての考えですが・・・・・・

私は町民がどうしても合併したいというのであれば、対等合併できる相手であり、将来性も重要な条件だと考えています。

また、合併時期についても新法期限内にはこだわりません。

国、総務省がいっています。「平成の大合併はもう終わりにしようか。思っていたより自治体の数も減ったし・・・」

これがお国の考えなのです。

 

それから、最後にお願いがあります。

石井先生とは呼ばずに、石井で構いません。

議員を先生と呼ぶのはどうかなと私は思っていますので・・・・

 

【2008/12/21 02:09】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
NO-MANさん、たびたび回答ありがとうございます

NO-MANさん 回答ありがとうごいます。

吸収合併は何の知識もない人には影響力がある。編入合併ならまだしも・・・・とのご意見ですが、

編入合併なら何がまだいいのですか?  知らない人が吸収合併と聞くと、何に影響力があるのですか?

議員が編入合併イコール吸収合併だということが流布することになるのでしょうか?

吸収合併がよくないとおっしゃるので、これからは次のように説明させていただきます。

編入合併とは、

合併をしようとする複数の市町村のうち、

1つが存続法人として、

それ以外の市町村を廃止して存続法人の組み入れる合併方式のことです。

つまり、杉戸町を廃止して、春日部市に組入れてもらう合併方式になると説明をすればよいでしょうか?

NO-MANさんが言うように、この方がわかりやすいですね。

吸収・・・・というより、理解しやすいみたいです。ありがとうございます。

これからは、このように説明します。

次に、編入合併だが合併条件は対等にという点ですが・・・

研究会の報告記事ということですが、

これはあくまで、杉戸町と宮代町の回答を報道しているものです。

春日部市は、この但し書き(協議は対等に)をつけてはいません。

それはどういう意味なのか? 

考える必要があるのではないでしょうか

新聞報道されているから、合併条件が対等だと鵜呑みにするのはどうでしょうか?

町民として、野口町長に確認されるのも一つの方法ではないでしょうか?

合併賛成の理由、よくわかりました。

私の意見を少し言わせていただきます。

財政が健全化できればそれに越したことはないとのご意見ですね。町レベルでは限界があるともおっしゃっています。

さて、NO-MANさんは、どうしてそのように思うのでしょうか?

町レベルでは財政の健全化ができないのでしょうか?

では逆に、市になればできるのでしょうか?

私は、財政の健全化は町でもできると考えています。自治体の規模が問題ではないのではないでしょうか。

財政運営の仕方にポイントがあると思っています。

まずは、事業の仕分けです

先進自治体では、取り入れていますので、NO-MANさんも「事業の仕分け」調べてみてください。

また、新法期限内に合併したほうがよいとしている点ですが、

たぶん財政的優遇措置のことを言っていると思いますが

優遇ととらえる見方と、慎重にとらえる見方とあります。

この点については、意見の分かれるところです。

地方交付税の増額ととらえているようですが、それは危険な考えです

近頃はわかりやすい解説本もありますので、読んでみるといいのではないでしょうか。余計なお世話かもしれませんね。

また、中核市の適正規模ですが、これまたいろいろな研究結果が出てきます。

1万人未満の自治体では数字がものすごく悪いのですが、人口20万人を超えるとさほど差はありません。また、多すぎてもコストがかかるという結果も出ています。

ここで注意したいのは、人口30万人が行政効率が良いとしていますが、行政側にとっていいということですよね?

住民視点ではどうなのか、ご存知ですか?

住民視点での適正規模も重要ではないかと思います。

しかし、NO-MANさんは、春日部市・宮代町・杉戸町での枠組みで中核都市が適正規模だということを実現してみるとおっしゃっていますから、それでいいのではないでしょうか。

NO-MANさんの考え方がわかり、参考になりました。

ありがとうございました。

やり取りをして感じたことは、

町が町民に合併についてきちんと説明をすべきだということです。

それから、コメントを送っていただいたもうお一人・・・

 hiroさん、いつもありがとうございます。

【2008/12/21 01:18】 | いしい幸子の活動 | コメント(2) | page top↑
コメントありがとうございます。

コメントに対して・・・・

編入合併の意味がわからない住民がいっらしゃるので
あえて吸収合併と書かせていただいております。
あなたは、私が吸収合併だということにご不満のようです。

吸収合併という言葉に置き換え、マイナスイメージを植え付けようとする のは
私の悪意だとしています。
では、あなたは吸収合併はマイナスだと感じているのでしょうか?
また、編入合併を吸収合併と言い換えては困るとも聞こえます。
しかし、これが事実ではないでしょうか。

 
あなたは春日部市との合併に賛成といっています。
春日部市との編入合併を理解されて賛成をされたのだと思います。
それはそれでいいのではないでしょうか。


ただし、間違って理解している点がありますのでご指摘しておきます。


野口町長が編入合併と回答した経緯は、
期限内に合併するには、時間がない。
春日部、宮代と足並みをそろえないと研究会が進まない。
それで編入合併と回答したのです。
合併条件は新設・対等合併のそれと同等のものになるよう 調整しているといっていますが、誰がそのようなことを言ったのでしょうか?

そんなことはありません。

 編入といって対等の合併ができるわけがありません。

 
会派同士での対話申し入れの件ですが・・・・
請願、合併研究会促進と住民投票の決議など関係するものが
たくさんありました。
決議案にも一部賛成のところもあれば、譲れないところもあった、
これが事実です。


また、町長、春日部、議員が嫌いで反論しているわけではありません。
誤解です。
町長がやることをやっていれば認めるのではないでしょうか。
手順も踏まず、そっと進めてしまうやり方はどうかと言っているだけです。

また、根拠のない話には乗れないということです。

 
春日部市との合併については、今はその時期ではないと私は判断しています。

合併についてはいろいろな意見があります。
できれば、あなたがどうして賛成なのか、理由を教えてください。
みなさんの参考になります。

議会は単なる好き嫌いで判断していません。
理由があります。
住民の皆さんに理解していただけるように議員による討論会が必要だと
私は思います。

【2008/12/20 20:08】 | いしい幸子の活動 | コメント(5) | page top↑
コメントありがとうございます。

投稿者の方の周りには合併賛成者だけかもしれません。

私も別に合併反対とは言っていません。杉戸町にとって良い選択をするべきと言っているだけです。

投稿者の方が賛成するように、春日部市とはどうだろうかと反対の方もいらっしゃることは事実です。

賛成の方もいれば、反対の方もいる・・・

ご理解いただきたいのは、何のために合併するのか、将来性はどうなのか、ということです。

投稿者さんは、春日部市と編入合併することに賛成のようですが・・・

いろいろな意見もあることは紛れもない事実です。

【2008/12/17 16:02】 | いしい幸子の活動 | コメント(3) | page top↑
研究会ではなく、まさに合併協議会では?

昨日、第2回目の合併研究会が行われました。その結果が、事務局よりFAXで届きました。

 先の12月議会で、合併研究会の促進・・・という決議が可決されました。研究会は町長の専決でどんどんやっていいのだとして、9名の議員が賛成しています。研究会とは何か?内容について議論になりました。研究会というものの、内容が合併協議会での協議そのものだからです。

まさに今回もそれが証明されました。

春日部市、宮代町、杉戸町ともに合併方式は編入合併ということでまとまったようです。

そして、今後は、合併協定項目・27項目について整理するようです。

27項目とは、

・財産の取扱い

・地域審議会、地域自治会、合併特例区の取扱い

・議員の定数及び任期の取扱い

・農業委員の定数及び任期の取扱い

・地方税の取扱い

・一般職の職員の身分の取扱い

・特別職の身分の取扱い

・条例、規則等の取扱い

・一部事務組合等の取扱い

・使用料、手数料の取扱い

・公共団体等の取扱い

・補助金、交付金等の取扱い

・行政連絡機構の取扱い

・町名、字名の取扱い

・各種福祉制度の取扱い

・慣行の取扱い

・国民健康保険事業の取扱い

・介護保険事業の取扱い

・清掃事業の取扱い

・消防団の取扱い

・上下水道の取扱い

・電算システムの取扱い

以上です。

これらを町長が4名の職員(杉戸町からの研究会出席者)に託して協議するのが私は不安です。

前回の合併協議会の内容があるといいますが、それはあくまでも対等合併の条件でした。しかし、今回は編入合併なのです。

それから、新市基本計画(案)の研究については、

地域別方針について、それぞれの地域で研究することとする、と報告にあります。

新市、つまり春日部市となった時の地域の(杉戸地区)計画についてはそれぞれの地域で研究する、ということなのです。

この扱われ方を職員はどう、受け止めたのでしょうか?

今後の研究会のスケジュールは

 3回目  12月25日

 4回目  1月7日

そして、1月第3週目(13日から16日)に中間報告をまとめるとのことです。

職員だけで進めているこの研究会で何もかもが協議されています。これから法定協議会を立ち上げるからいいのだとする声もありますが、本当にこれでよかったのでしょうか?

【2008/12/17 00:36】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
コメントに対して・・・杉戸町は財源がない?

匿名・派遣社員さん  コメントありがとうございます。

 まず、杉戸町に財源がないといいますが、杉戸町には地方税の上がりがあります。

 平成18年度決算での数字ですが・・・

 杉戸町の地方税は 5,295,420千円あります。

ちなみに

 春日部市  26,323,681千円

 宮代町    3,381,494千円

 幸手市    6,184,821千円

 久喜市   11,146,405千円

わかりやすく住民一人当たりの地方税の負担額 つまり 住民あたり地方税をいくら払っているかです。

 杉戸町   112,551円

 春日部市  110,014円

 宮代町   100,436円

 幸手市   114,748円

 久喜市   150,104円

地方税には、市町村税個人、市町村法人、固定資産税、その他があります。

住民一人あたりでみると、あまり皆さんに周知されていませんが、杉戸町は地方税の上がりがまあまああるのです。

以外にも、春日部市は少ないのです。

そして、久喜市の地方税の上がりの多さに将来性が予測されます。

地方自治体にとって、地方税がいくら入るかは重要なことです。

地方交付税などの国からの援助も必要ですが、年々減っているということは事実です。ですから、なおさら地方税がどれだけ入るかは自治体にとっては死活問題となるわけです。

今、地方自治体は稼げる自治体になるべく努力が必要です。

杉戸町も地方税がもっと上がるようなまちづくりをしなくてはならないのです。町長はこの点をどう考えているのか、議会でも質問していますが、何の策も持ち合わせていません。選挙では、住民のみなさんも、こうした点についてもチェックする必要があるのではないでしょうか。

匿名・派遣社員さんは、杉戸町に財源がないとおっしゃっていますが、地方税は立派な財源と見るべきではないでしょうか?

それから、2点目、道路の整備ということですが、

これは予算の権限を持つ町長の考え方次第で、何のともなるわけです。

お金がないから道路補修ができないと野口町長は、たびたび議会で答弁していますが、やり方次第だと思います。

何にお金をかけるのか・・本来、地方自治体である町は、自治体がすべきことをするという基本に戻ることが必要です。

町がすべきことは、インフラ整備、福祉、義務教育の充実、住民が安心・安全で暮らしていけるようにすることなのです。

現在、民間ですべきもの、公ですべきものの仕切りがうまくいっていないように思います。ここを明らかにしなければ、住民からの要望が多様化していますので、町政運営は難しのではないかと私は思います。

確かに、今年度の杉戸町の道路維持補修費は3000万円だったと思います。これで大丈夫なのかと予算編成時に私は質問しました。

財政が厳しいからこの程度にしたとの答弁だったと思います。

必要なところには、工面して予算をつける、これが私の考えですが・・・

次に、3点目、東武動物公園東口通り線の拡張工事についてです。

町民の長年にわたる要望事業ですが、なかなか進みません。

町だけの事業ではいきません。国・県などに要請する必要があるのです。首長、県議、国会議員の力が必要なのではないでしょうか。

また、東武鉄道さんのご協力も欠かせないと私は思うのです。

杉戸町には、幸いに井上直子県議会議員がいらっしゃいます。おおいにお骨折りいただくことが必要ではないでしょうか。県からの補助は、県議、そして杉戸町長に頑張っていただくしかないのです。

また、選挙区の国会議員にもお力添えをいただくことです。町長がもっと積極的に動かなくては始まりません。そうです。町長はわが町のトップセールスマンなのですから・・・・

匿名・派遣社員さんがおっしゃる「下手な演説はいいから・・・」という点ですが・・・・・

下手な演説でも演説をしなければ、他の人に思いは伝わりません。

街頭演説、議会での討論などありますが、どれも重要だと考えています。

街頭演説は、選挙のときだけやるのでは意味がないのです。私は議会の報告を住民の皆さんにすることも議員の役目と思っています。議会にだけ出席をしていればいいのか、そうではない。これが私の考えです。選挙で選ばれた議員は、住民に報告する義務があるのです。住民に議会のこと、町政運営について、興味・関心を持っていただくことが大切なのです。住民のチェックがなければ、町はよくなりません。そのためにも私は街頭演説で皆さんに報告しているのです。

上手ありませんが、これからも続けさせていただきます。

下手との評価でしたので、努力したいと思います。議会で重要な議案に対して、賛否の意見を言わずに挙手だけよりは、議員として理由だけははっきりと言うのが必要なことではないでしょうか。

一般質問もそうです。やるのもやらないのも議員個人の判断です。定例議会ごとに町政運営について疑問があったり、提案があるのが普通では・・・・

演説 つまり話をすることは重要ではないですか?

匿名・派遣社員さん、思いを伝えなければ、ことは進みません。下手でも思いを伝えることが大切だと思っています。

派遣社員さんがコメントで思いを伝えたように、私も演説をして思いを伝えなければ何も始まりませんから・・・・・

コメント、ありがとうございました。

【2008/12/17 00:13】 | いしい幸子の活動 | コメント(2) | page top↑
議員の考え方を知りたい・・・

今回の一連の決議は、住民にも大きな関心ごととなったようです。

今朝もご近所の方が心配してやってきました。

「住民投票の結果が尊重されずに残念。議会での議員の心変わりで、たった1名の議員の考えで町の方向性が変わってします現状。議員に何を考えているのか聞いてみたい。」

と、お話しされました。

私は、住民として当然の権利を主張されていると感じました。

住民の代表である議員が、各々合併についてどう考えているのか、よく知る必要があるのではないでしょうか。

吸収合併に進んでいるこの状況を住民は心配しています。

本当に住民のことを考えているのか、とこの方は嘆いていらっしゃいました。

私は、各議員の意見を住民に聞いていただけるようなチャンスができればいいのではないかと思います。

町民の皆さん、どうでしょうか?

【2008/12/15 23:33】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
住民投票をしなければ民意が尊重されない

12月議会の審議にあったように、住民投票の結果もいろいろな理由をつけて尊重されることにはなりませんでした。

 では、町民の意思を尊重するには・・・・

先日もお話しましたように、住民が町長や議会の考え方にズレを感じた場合には、住民投票で住民の意思を投票によって明らかにしたいと思うのは当然のことです。

12日の議会終了後、多くの町民から反響があります。

「どうしたら住民の意思が尊重されるのか・・」

「春日部市とはノーと結果が出ているのに、まだ住民投票をやる決議が可決されたのか」

「国が合併の弊害をあげている。自治体の数もf減り、もう合併は終わりといっているのに、杉戸町はまだやるのか」

などなど、どなたも町の行く末を心配しています。

 町長や議員が勝手に住民投票の解釈をしているこの状況を打破するには、再度住民投票をして、住民の意思を投票で明らかにする必要があります。

早い時期に住民投票条例を設置する必要があります。

研究会の進捗状況にもよりますが、町長が法定協議会設置案を上程する前に住民投票を設置すべきと思うのです。

当局つまり町長は、1月下旬に住民説明会を予定していると議会で発言しています。ということは、1月の中旬にはそれなりの合併の形が見えてくるのでしょうか?

2月には臨時議会で法定協議会設置議案上程との話もありますので、急いで動く必要があります。

法定協議会を立ち上げてから、住民投票という順序ではいろいろと問題が出てくると私は思います。

私たちが今できることは、住民の意思を明らかにする場を作るということです。

 また、明日は第2回目の合併研究会が開かれます。

明日は、合併方式などの基本4項目について再度調整するとのことです。

杉戸町は、新設合併(対等合併)から編入合併(吸収合併)へと意見を変更するそうです。

なぜなら、杉戸町だけ編入合併と言い続ければ、研究会が進まない・・・これが理由だというのです。

皆さんは、吸収合併でいいのですか?

吸収合併でいいと住民が意思表示をしていないのに、吸収合併で研究会を進める・・・・私には理解できないのですが・・・・

だから、早く住民投票をしたいのです・・・

【2008/12/15 00:20】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
議員の行動の重み・・・町の将来方向が変わる

 昨日は杉戸町議会最終日でした。

審査結果は次のとおりです。

1.請願「昨年8月の住民投票の結果尊重を」の表決 

  賛成 8名 私石井・田中議員・石川議員・古谷議員・稲葉議員・

          須田議員・森山議員・阿部議員

  反対 9名 勝岡議員・都築議員・坪田議員・岡田議員・高岡議員・

         菅沼議員・・宮田議員・原田議員・長岡議員

 よって、否決となりました。

 つまり、昨年の住民投票の結果は尊重しないという議員が9名いるということです。

私は、住民投票結果を尊重すべきと賛成討論しました。内容は以下のとおり。 

 住民投票とは何であるのか。よく理解していただきたいのであります。住民投票とは、地域の理念や方向性を決める重要な政策の選択において、町民の意向を直接反映する手段であります。 もちろん、町長や議員は、選挙で選ばれた町民の代表であります。しかし、選挙の時、町民は、その候補者の全部の公約に賛成して一票を投じているとは限りません。ました、選挙後に起こる新たな展開に対しての判断を、すべて白紙委任したわけではないのです。 そして、町長や議員の意思が、主権者である町民の意思とずれていると感じた場合、住民投票が行われ、主権者の意思を投票によって町長や議会に示すことができるのが、住民投票なのです。 こうした住民投票の意義を踏まえれば、町長ならびに議会は「住民投票結果を尊重すべき」ではないでしょうか。住民投票条例には、「尊重しなければならない」という表現にとどまっていますが、政治家にとって、投票で示された「民意」は重いものであります。「法的効力を持たない」と解釈されることもありますが、町の行政行為に実質的な法的効果をもたらすとの大学教授の見解もあります。そもそも今回問題となっている住民投票は、住民投票条例をを定めて実施し、自治体の意思として行われたのでうから、その結果は、町長並びに議会の行動を拘束するのに値するものと考えるべきではないでしょうか。 いかなる結果であっても、町長や議会には、結果の実現について最大限行動する責務が生じるのであります。もし、住民投票の結果を尊重しないいというのであれば、「特段の合理的な理由」がひつようであり、説明責任があると私は思うのです。 町長は、議会と協議することなく研究会を設置し、研究会には宮代町が入っていることから、住民投票での枠組みとは異なる、また、昨年8月と状況が変化したなどを理由に合併を促進しています。これは住民投票をないがしろにしているといっても過言ではありません。住民投票で問われた春日部市を含む研究会を設置し、合併に向けて環境を整えるということが許されるのでしょうか。また、平成16年の住民投票の結果を持ち出し、研究会設置を肯定する意見もありますが、過去の結果であることを認識すべきであります。状況も変わり、町民の意思も変化しているのです。直近の町民意思を尊重せずに、過去を持ち出しては、議論がすすみません。町長・議会は、直近の住民意思を尊重すべきであります。そして、町長は、住民投票結果を尊重するのであれば、研究会に臨む時点で、住民の意向を改めて問う必要があったのではないでしょうか。つまり、住民投票の結果と異なる方向に進める時には、住民投票の結果を尊重し、再度意向を問うべきだったのです。しかし、実際には、意向を確認していないのですから、今現在は、昨年の住民投票結果を尊重すべきです。今回の請願は、住民としての当然の権利を主張したものであり、当然認められるべきであります。当局、議会が判断するものさしは、住民生活の安定と繁栄、住民福祉の向上であるということを付け加えておきます。そして、議会制民主主義の機能を補完するためにも、住民投票によって示された住民の意思は最大限尊重されるべきと思います。よって、私は賛成します。

 反対した議員の意見

  住民投票は、1市1町の枠組みである。研究会には、宮代町が加わっているので枠組みが異なる。研究会は町長が専決でやっていいことであり、議会の承認を得なくてもよい。

 反対する議員の意見は、町長の意見と全く同じです。町民の意思よりも、研究会を進めること、これが重要である言っているようにしか、私には受け取れませんでした。

2.合併研究会を慎重にかつ速やかに推進し、住民投票で町民の意思を確認することを求める決議(案)    

宮田利雄議員が提出者です。

内容

 平成20年10月3日、宮代町議会では、地方分権時代にふさわしい規模と能力を備えた基礎自治体になることの必要性から、春日部市を含む合併を推進する決議を議決した。これにより宮代町は春日部市および登頂に合併を進める協議を開始したい旨を申し入れ、その後、事務レベルの協議である「合併研究会」の設置を提案した。わが町は昨年の住民投票の結果から「春日部市と杉戸町の1市1町」の合併協議は休止したが、行財政改革や地方分権への対応の必要性から、野口町長は、「春日部市、杉戸町および宮代町の1市2町」の合併研究会を設置し、研究する必要があると回答した。また、合併研究会のスケジュールとして11月、12月に合併基本4項目党、調査・研究を行い、1月下旬ごろに住民説明会を行うと発言した。

 平成20年12月10日、議会に「春日部・杉戸・宮代の合併を実現する女性の会」より1市2町の合併を求める町民1万2千人を超える署名が提出された。町議会はこれを重く受け止めなければならないものである。一方、平成19年8月26日実施された、「杉戸町が春日部市と合併することについて町民の意思を問う住民投票」の結果もあることから、町民の意思は統一されているとは言えない状況である。

 ゆえに、町議会は、現在行われている合併研究会を慎重かつ速やかに推進し、合意された内容、結果は住民説明会を通して町民に明らかにし、住民投票で住民の意思を確認することを求める。以上、決議する。

というものでした。

われわれ会派「改革市民クラブ」は、住民投票を尊重せずに研究会を速やかに促進すべきという点に賛成することはできないとして、反対としました。

 表決結果

  反対  8名  石井・田中・石川・古谷・須田・稲葉・森山・阿部

  賛成  9名  勝岡・都築・坪田・岡田・菅沼・高岡・宮田・原田・長岡

よって、可決されました。

3.杉戸町が春日部市及び宮代町と合併することについて町民の意思を問う住民投票条例 

1市2町での枠組みによる住民投票ができるように、田中・石井・古谷・石川・須田・稲葉・森山・阿部が条例案を提出しました

表決  これも同じく、賛成8名 対 反対9名で否決です。

反対討論事前に声をかけてもらえなかった。これは失礼だとして反対するとの答弁を公明党の原田議員がしました。

 私、石井の考え

反対議員は、矛盾してはいないでしょうか

住民投票をすべきと決議をあげていながら、住民投票条例には反対しています。反対理由も事前に相談がなかったからであります。

相談しようも、相手方が何を考えて行動をしているのか、まったくわかりません。何を基本とする会派なのか、わたくしたちには想像もつかないのです。

そういったときに、交渉ができるでしょうか。我々の会派の会長は、〇〇会派の会長には声をかけていたのですが、所属議員にいきわたっていなかったのでしょう・・・・・。すり合わせもしましたが、根本を譲ってまで、一本化する必要はないと考えます。町の将来を私は取引できません。

4.野口勝久町長に対する辞職勧告決議

  私どもは、辞職勧告決議を提出しました。

石井の賛成討論

 野口町長、あなたには政治的調整能力が欠如しており、調整運営遅滞を招き、町民生活に与える影響は計り知れないものがあります。まず、合併の取り組み姿勢であります。野口町長は「議会と協議しながら進めていきたい」と、発言はするものの、実際は報告だけにとどめ、協議することはありませんでした。宮代町での回答も、議会の了承を得ることなく、野口町長の独断でことを運びました。さきほど、研究会は事務レベルな調査なので町長判断でできるとおっしゃいましたが、研究会とは名ばかりで、内容は任意合併協議会に値するものであります。これは、第1回研究会の報告で明らかになったはずです。研究会と任意合併協議会の違いが、きちんと理論づけて示せるのでしょうか。こうした研究会を設置し、参加することを独断で決定し、水面下で進めていたことは、まぎれもない議会軽視、町民むしであります。独断専行で町政を混乱させた責任は重く、自分の理想とする合併実現のためには、住民投票の結果をもそんちょうしないあなたの政治姿勢は決して許されるものでありません。 さらに、幼稚園・保育園園舎整備計画においても、町政運営能力が振るわずに、議会と町民に困惑や不安を与えたのであります。町長たるもの、行政責任者としてもっと配慮をすべきではなかったでしょうか。町政運営が問われるこの時期、このまま野口町長が続行するのでは、杉戸町にとって取り返しのすかない事態にもなりかねます。野口町長、勇気をもって決断するときではないでしょうか。町政運営は合併だけではないのです。野口町長、あなたではもう無理です。これが町民の声です。野口町長、政治家として、かつ杉戸町の町長として、進退について、一刻も早く決断することを町民になり代わって勧告し、賛成討論とします。 

 賛成 8名

 反対 9名で否決されました。

皆さん、これをご覧になれば、議会構成がどうなっているのか、ご理解いただけたと思います。

 議員の「政治理念」を貫き通すか、通さないかで、議会・町の方向性ががらりと変わるということです。

 議会をよーく見てください。

あなたの一票を投じた議員は、大丈夫ですか・・・

合併について全員協議会が議会終了後、開かれました。

12月15日の第2回合併研究会についてでした。

杉戸町の合併基本4項目についての意見は以下のとおりです。

 合併方式  編入合併(ただし合併協議は対等に行う必要がある)

 合併期日 平成22年3月31日

 新市の名称   春日部市

 新市の事務所の位置  本庁;春日部市  総合支所;2町

 石井の考え

  前回は合併方式を新設合併と言っていた野口町長ですが、春日部市と宮代町が編入合併としていたので、研究会を進めるために杉戸町も足並みをそろえ、編入合併とするそうです。

この考えは野口町長です。議会とは協議していません。

皆さんよく、理解してください。

編入合併・・・これは吸収合併ですよ・・・・

杉戸の皆さんは、吸収合併でもいいのでしょうか?

町長は新設・対等合併を押し通さず、合併できるなら、編入・吸収合併でもよいとしています。

これが野口町長です。

皆さん、このままでいいですか?                         

【2008/12/13 14:53】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
杉戸宮代幸手さんへ・・コメントありがとうございます

 ご意見ありがとうございます。

私としては、春日部市との合併を問う住民投票の結果がありますから、その春日部市を含む研究会に進む際には、住民の意思確認が必要ではなかったかと思うのです。

町民の意向を尊重するのであれば、それなりの対処の仕方があるかと思うのです。

杉戸・宮代・幸手さんのように、宮代町が入れば変るとの意見の方もいれば、春日部市が入る枠組みはすべてノーとしたはずとおっしゃる方もいます。

とらえ方がまちまちなのです。ですから、少なくとも議会への了承、できれば再度住民投票する必要があったのではないでしょうか。

ここが今、争点となっています。

それから、合併について状況が変わってきたことも今一度認識する必要があります。総務省・・・つまり国が平成の大合併を打ち切りにするといっています。合併の弊害も確認されたとしています。こうしたことを冷静に見る必要性もあります。

住民懇談会の最終報告もなく、町長の独断ですすめていることも問題があると私は思いますが・・・・・

また、反対ばかりでなく対案をとのご意見ですが・・・・

町民の皆さんがどうしても合併したいのであれば、対案はかねてから用意してあります。皆様にも、ブログでご提案してあると思います。

春日部市を含む枠組みだけではなく、宮代町との2町、あるいは、幸手市との1市1町、宮代町・幸手市との1市2町などが考えられると思います。

こうした所を本来、研究すべきではないのでしょうか?

かねてから一般質問で何度も町長に提言しています。

それを具現化する、しないは町長にかかっています。

【2008/12/12 00:23】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
12月議会最終日・・・議員の姿勢が問われることになるでしょう・・・・・

明日、12月12日は杉戸町議会12月定例会の最終日です。

各委員会に付託されていた議案について、委員長からの報告後、本会議でも全議員による採決があります。

先日の総務財政委員会で審査した請願「昨年の住民投票の結果を尊重してほしい」は、否決でした。この請願も本会議で採決があります。

賛成、反対討論もあります。各議員、各会派の考え方がよくわかるのではないでしょうか?

住民投票の結果は、いかなる結果であっても当局、議員は尊重すべきです。民意なのですから・・・・・

1市1町の住民投票であって、現在進めている研究会には宮代町が加わっているのだから、住民投票を無視することとはならないとする議員もいます。

また、研究会は進めて、その結果、住民投票をするべきと意見した議員もいます。

杉戸町の住民の直近の意思は、春日部市との合併はノーだったのです。その相手との研究会に議会の了承を得ないまま、参加することが住民投票の結果を尊重したことになるのでしょうか?

そんなに研究会に参加したかったのなら、その時点で住民投票をして町民の意思を確認すべきだったのではないでしょうか?

明日は、これからの杉戸町の方向性をめぐり、活発な討論があることが予想されます。ぜひ、傍聴にお越しください。

明日は、午前10時からです・・・

【2008/12/11 20:12】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
住民投票とは首長・議会への住民の不信感の表れでは?

 各地で直接民主制の住民投票が増えていますが、これは首長・議会に対する不信感が一つの要因となっているのではないでしょうか?

代議制による間接民主制は、議会が民意を代表していると解釈するのが前提です。

しかし、現在、議会と住民の溝はかつてないほど深いように思います。

先の杉戸町の総務財政委員会での「住民投票の結果尊重」の請願審査は、住民投票のあり方、結果の尊重義務について改めて考えさせれます。

 「議員が住民の意見を聞いてくれない。議会が民意を反映していない。住民の声を聞いてほしい」と委員会を傍聴した町民が話していました。

住民投票は特定の争点・・・今回の杉戸町の場合でいえば、

春日部市と合併すること・・・に賛成か、反対か、というものでありました。

民意がはっきりと、ノーと出たわけです。

住民投票には、法的根拠はないとも解釈されますが、尊重義務があります。

尊重義務とは・・・野口町長、一部の議員は住民投票後、結果を尊重して合併推進を休止していたといいます。休止したからといって、尊重したことになるのでしょうか?

私は、尊重義務というのは、首長や議会の判断を事実上束縛することになると解釈しています。

 住民投票は、間接民主制を補う役目があるのではないでしょうか。

また、住民投票を通して、住民の監視の目があることで議員が意識する、ここに大きな役割があるのだと思います。

議員も住民投票の意義について、もう少し理解を深めるべきではないでしょうか?

委員会では、住民投票の結果尊重を論点に審議したかったのですが、

どうも合併そのものに論点がずれていたように思います。

12月12日の本会議では、こうしたところが明確に論じることができるように準備しています。

【2008/12/10 00:12】 | いしい幸子の活動 | コメント(2) | page top↑
住民投票は尊重されず・・・杉戸町議会

 本日、総務財政委員会が開催されました。

昨年8月実施「春日部市との合併の是非を問う住民投票」の結果を杉戸町町長、杉戸町議会に対して尊重して行動するようにとの請願の審査がありました。

請願審査の結果は、賛成少数にて否決でした

住民投票の結果は尊重されるべきです。何のための住民投票です。

国の主権者は国民であります。つまり、自治体の主権者は町民なのです。

その町民の住民投票を尊重できない議会、議員では民主制も聞いてあきれてしまいます。

反対理由は、

・昨年8月とは現在では、周辺自治体の合併進捗状況が異なること。

・旧1市3町の枠組みの合併は住民の意向であった、それが宮代町の住民投票の結果破断したが、その宮代町からの誘いであるので、町長の職責で研究会を進めてもなんら問題ない。

・1市1町の住民投票であった。宮代町が加わると、この住民投票の結果とは違う。

など、まったく論点のそれている理由により否決となりました。

皆さん、住民投票の結果が尊重されない議会でいいのでしょうか。

尊重すべきとした賛成議員

 阿部委員(共産党)

 石井(改革市民クラブ)

尊重しなくてよいとした反対議員

 高岡委員(彩の会)

 坪田委員(明政会)

 原田委員(公明党)

【2008/12/08 17:19】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
明日は住民投票の結果を尊重してほしいとの請願審査です

 あす、議会では総務財政委員会が開かれます。

あすの議題の中に、請願審査があります

内容は・・・・

 杉戸町長と杉戸町議会に対し、昨年8月に実施した住民投票の結果を尊重して行動してほしい。

というものです。町民から提出されています。

総務財政委員会ではどのように審議されるでしょうか?

各委員の意見をぜひ聞いてください。

委員会も本会議同様に傍聴することができます

請願審査はこれまで委員会に付託されて審議されてきました。

今回は合併についての町の将来にかかわるものでしたので、われわれの会派「改革市民クラブ」では、はじめから本会で審議してほしいとの要望を出しましたが、今まで通り、委員会で審議ということになりました。

ですから、明日の委員会での審議は大きな意味を持ちます

私どもの会派では、住民投票の結果は尊重すべきと判断しています。

はたして、他の会派の意見はどうなのでしょうか?

町民の意思を尊重するのが議員の役目ではないでしょうか?

合併がどういった方向に行くのか、大きな分かれ道ではないでしょうか?

ぜひ、傍聴してください。

総務財政委員会の構成メンバーは以下のとおりです。

 古谷委員長(改革市民クラブ)

 阿倍副委員長(共産党)

 高岡委員(彩の会)

 原田委員(公明党)

 坪田委員(明政会)

 石井幸子(改革市民クラブ)

野口町長は、住民投票を尊重せずに春日部市・宮代町との合併話を研究会という方法で進めています。

そして、なんと野口町長は「編入合併でもいい」と言い出しました。

皆さん、「編入合併」で、春日部市と合併するのは賛成ですか?

それとも、反対ですか?

【2008/12/07 16:30】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
難病指定を通して考えること

 今定例会で私どもの会派で、「混合型血管奇形」の難病指定という意見書を提出したいと議会に議案提出しました。

杉戸町議会では、意見書の審議は、議会運営委員会で審議されます。

混合型血管奇形で病と闘っているお子さんが宮代町に住んでいます。お母さんが難病指定の活動を埼玉県で始め、協力のお願いがありました。そこで、杉戸町議会でも意見書を国に提出できたらと考えたのです

 本日の朝、議会運営委員会で各会派の審議結果を持ち寄りました。結果は、見送りとした会派 つまり今回、2会派から賛同をれることができませんでした。

理由は、数多くある難病から「混合型血管奇形」だけ指定することはできない。難病指定を申請しても数件しか、認められない状況はどこにあるのか、難病指定を勉強するため、先送りにしたい。以上の理由が反対の理由でした。

 皆さん、難病指定の活動のために会を立ち上げるだけでも大変な労力が必要です。

そして、難病指定の意見書を多くの自治体が提出し、申請書を出したとしても、なかなか指定には結びつかないのです。

長い長い道のりがあるのです。

政治家たるもの、こうした声に応じるべきではないでしょうか

本日は、大変残念でした。

会派で相談して、次期定例会にも再度提出しよう、なんとかしようと意見がまとまりました。

皆さんの応援もお願いいたします

【2008/12/03 22:28】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
地域の要望と引き換えに編入合併賛成を臭わせる?

 今日も一般質問が行われました。

野口町長は、「編入合併」と足並みを合わせて研究会を進めると発言してから、大変元気よく答弁されています。

本日のある議員の質問内容にびっくりです・・・・・・

「そこまで言うの」と思わず、私も驚きました。思わず、同じ会派の古谷議員をみると、やはりびっくりしていたようです。

傍聴していた町民も呆れていました。

 その議員の質問内容は、というと・・・・・・・・

 町長の言うように、合併新法内に春日部市に編入合併するのであれば、合併前に地域の要望を予算化してほしい。幼稚園・保育園の整備も大事である。道路も大事であるが、長年地域から要望のあったものを合併前にやってほしい。要望が多くて実現できないなら、研究会の席で、春日部市に「杉戸町の地域の要望」を約束してほしいといった主旨の話をしたのである。

どうも、話のニュアンスから、地域要望を予算化することが編入合併賛成の道具にしているように聞こえてならないのです。

わたくしだけがこのように感じたのでしょうか。

そうでもないようです。

議会後、他の議員も傍聴した町民も同じように感じていたことがわかりました。

編入合併に条件がつけられないというのがわからないのでしょうか?

春日部市は無条件でといっているのも明らかな回答書を宮代町に提示しているではないですか?

何のための、誰のためのがっぺいなのでしょうか?

議員は何を信条に働くかで、価値が決まるのではないでしょうか。

町民の皆さん、しっかりと杉戸町議会を見てください!!

【2008/12/02 20:29】 | いしい幸子の活動 | コメント(2) | page top↑
杉戸町も編入合併で・・・・野口町長

 昨日12月1日、杉戸町12月議会で、私の一般質問が行われました。

合併研究会について次のような質問をしました。

1回目の研究会では、春日部市、宮代町が「編入合併」としているが、杉戸町は「新設合併」と考えが異なるが、12月15日の研究会での回答はどうするのか。

これに対して、野口町長は、

「合併は相手があるもの。杉戸町だけが新設合併を言っていても研究会が進まない。編入合併でいく。」

さらにあきれた答弁が続く。

編入合併も新設合併も呼び方の違いだけであって、たいして変わらない。」こう答弁しました。

杉戸町の皆さん、どうしますか?編入合併でいいですか?

編入合併でいいという議員も結構いるようです。

皆さんの支持している議員がどのような考えでいるのかを確かめてみてはどうでしょうか?

このままでは、議会で採決した場合、法定協議会へ移行するかもしれません。

就任早々、野口町長は「吸収合併でもいいから春日部市と合併をしたい」との発言をしていました。

やはり、考えは変わらず、なにがなんでも春日部市と合併をすることが町長の夢なのです。

他の議員の一般質問は、今日、明日と続きます。

合併についての質問もありますので、ぜひ、多くの方に傍聴していただきますようお願いいたします。

【2008/12/02 05:55】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。