スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
政権交代実現!!

 自公連立政権に国民がNOを突きつけた結果となりました。なんとか政治を変えてほしいという期待感で民主党が圧勝したのではないでしょうか。

 埼玉県では、自民が1議席も取れずに、14選挙区で民主党、プラス1選挙区で無所属が当選ということであります。

杉戸町は埼玉14区ですが、ここでも世襲議員が苦戦をしいられました。国会議員ともなると、地元の有権者にはなかなか議員を知る機会がありません。何を考え、どんな人なのか。今回、当選した議員はこの4年間の浪人中、地道な活動をしていました。

 定期的に駅頭活動をし、国政の状況を報告し、また自らの政策に関することも訴えていたように思います。ポスターの張替は自ら行うなど、この議員の姿勢を垣間見たような気がします。

 民主党はこの4年間は消費税は上げないとしています。

私は「消費税は上げない」には賛成です。4年間という期限付きではなく、まず、無駄づかいをやめさせる。自公政権により財政運営も厳しい状況です。国民の期待に背くことなく、誠実に政治に取り組んでほしいと感じます。

スポンサーサイト
【2009/08/31 12:18】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
杉戸町9月議会は9月3日から始まります

 9月議会が9月3日から始まります。古谷町長就任後の初めての議会です。所信表明もあることでしょう。マニフェストがどのくらい活かされた所信表明になるのか、大変楽しみです。ぜひ、傍聴に行こうと思います。私の支持者も議会に関心を持つようになりました。傍聴に行く計画をとの提案もありましたので、多くの住民に傍聴を勧めてみます。

 9月議会は、平成20年度の決算議会でもあります。私たちの納めた税金が適正に使われたのかどうか、審議することになります。

 予算と決算を比べると、行政や議会は予算に重点を置いていると言わざるを得ません。予算が通らなければ事業を始めることができません。首長、まさにピンチとなります。しかし、決算はどうでしょうか?決算が認められなかった、などということはあまり聞きません。決算を否決したからといって、お金は使ってしまったんだからどうしようもない、などという風潮さえあります。決算は本来は大変重要な意義があるのです。なかなか行政側も議員も理解していないのが現実です。

 決算をしっかりと審議することで、来年度の予算編成に反映させることもできます。私たち住民は、もう少し決算について関心を持つ事が必要ではないでしょうか。

 

決算の数字が公表されたらすぐに、前野口町長の財政運営がどうであったのか、分析をしてみようと準備しています。

 データができましたら、皆さんにお知らせします。

【2009/08/28 21:56】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
国会記者クラブにて記者会見に同席

 本日、国会記者クラブにてJTR(日本税制改革協議会)の記者会見に同席しました。

 参加者は、JTR会長の内山 優氏、千葉商科大学院教授

吉田 寛 氏、加西市市長の中川 氏、市川市議会議員のプリティ長嶋さん、私とJTR事務局員のまるちゃん。

今日の会見では、今回の衆議院議員選挙において、候補者の税に関するスタンスを明確に表明してほしいということ、また、JTRの活動について話をさせていただきました。

JTRでは、首長や議員に納税者保護誓約書のサインを求めています。つまり、税に関するスタンスを明らかにすることを求める活動をしています。

もっと。わかりやすく言えば、「あなたは増税しますか?しませんか?」どちらの立場なのかということを聞いているのです。

私はもちろん、増税をしないことを約束しサインし、杉戸町長選挙に臨みました。町議会議員のときもサインをしています。

いま衆議院議員選挙まっただ中です。

JTRでは、衆議院議員選挙に立候補しているすべて約1000人に納税者保護誓約書を送付して、サインを求めています。昨日までに35人の候補者がサインをしています。党派を超えて、子供につけをまわさないという哲学に賛同した候補者です。党の縛りがあるからと態度をはっきりとさせない方もいますが、有権者に対して、税に関するスタンスを候補者として示すべきではないかと私は思います。こうした納税者保護誓約書にサインしたかどうかが選択肢となる日もそう遠くはないでしょう。

有権者である私たちが何を基準に選ぶのか?

今回のように民主党への風や政権を交代させてみようという漠然としたものではなく、税をどの候補者に預けようかを基準に考える選挙になることを期待したいと考えています。

残念ながら埼玉14区の3候補者からは、サインをもらっていません。

民主党は、4年間は増税をしないと言っていますが、その後はわかりません。

投票の際には、こうした選択の仕方もあるということを思い出してください。

【2009/08/27 20:59】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
杉戸町副町長退職

 本日、8月20日付けの新聞報道によれば、杉戸町副町長の倉持氏が19日をもって退職しました。

 古谷町長は公約時には、副町長の件についてはふれていなかったようにように思います。

 今後はいろいろな選択肢が考えられます。

1.副町長はおかない。

2.県職員から副町長をお願いする。

3.現在いる職員から人選する。

4.職員以外から人選する。

 今後、注目していきましょう。

【2009/08/20 10:48】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
東幼稚園で工事が進んでいます

 幼稚園が夏休みに入っていることから、杉戸町立東幼稚園では耐震化の応急措置工事でしょうか?工事が進められているようです。

 建物には足場が取り付けられています。震度6程度の大地震には倒壊の恐れがあるとして、とりあえず今年度は応急措置の予算を計上してあります。耐震化の工事なのか、確かめてみますが・・・・・

 さて、古谷町長はマニフェストで「保育園・幼稚園は建て替えをする」としています。町立保育園・幼稚園の将来的な方向性はどのようにするのでしょうか?まずは、ここを明確にしてほしいものです。

 今後の行政からの情報を提供を要望します。

【2009/08/14 21:53】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
議会基本条例の早期制定を

 私が杉戸町議会議員在任していたこの6月議会に、「議会改革検討委員会」が設置されました。

 委員会では、次の3項目を検討します。

 1.議員定数の見直し

 現在の定数は18名。この議員数は妥当かどうか。

 2.費用弁償の見直し

 3.議会基本条例の制定

以上が、検討項目です。

今回の委員会設置は、私も所属していた会派「改革市民クラブ」が議会運営委員会に申し入れをし、他の会派からも賛同を得て、設置されることになりました。

 私どもは、議員定数は15名に削減することが妥当ではないかと考えていました。

 議員の費用弁償に関しては、私の議員としての公約にも掲げていました。昨年より議会運営委員会には費用弁償の見直しを提案させていただいていましたが、協議には至っておりませんでした。内容は、報酬以外の費用弁償1日当たり1000円は廃止にしてもいいのではないかというものです。この費用弁償見直しについては、各議員の認識に違いもありますので今後注目していきましょう。

 また、「議会基本条例」設置は、今後の議会運営からみても大変重要な項目になります。

 議会基本条例とは、杉戸町議会の役割などを明らかにするものです。議会の目的や意義、細かなことになりますと、議会が主催となり町民に議会報告をする議会報告会、議会の周知徹底の方法、議会での討議や執行部の反問権など、これらを杉戸町議会ではどのように扱い、どう明文化していくのか、今後委員会で検討されることになります。

 杉戸町近隣ですと、久喜市が議会基本条例を作成しました。

7月末、私が所属している地方改革ネット(東部地区あるいは近隣自治体の議員・市民で構成されている会)の定例会では、この「議会基本条例」について勉強会を行いました。

 久喜市の例を2名の久喜市議から説明をしていただきました。久喜市では合併を踏まえ、久喜市議会としての議会のスタンスを明文化しようと取り組まれてようでした。他の自治体の基本条例にはない条項もあり、大変よく研究・調査されていると感じました。かなりのボリュームがありましたので、議会開会中だけでは足りずに、議会閉会中にも委員会を開催し、条例を作り上げたようです。

 杉戸町では、委員会開催は議会開会中を基本にという意見も出ていたように記憶します。これでは十分な調査や議論ができないのではないでしょうか。ぜひ、閉会中にも委員会を開催し、早期制定を目指していただきたいものです。特に、議会報告会を早期に実現することを希望します。

 議員定数削減は住民に理解されやすい項目ではありますが、議会基本条例を制定することで議会・議員の質が良くなることは明らかです。期待しています。また、経過を報告していただくことを要望します。

【2009/08/13 05:46】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
三ツ林隆志氏、討論会欠席

 先日ご案内した、衆議院選挙埼玉14区の立候補予定者による公開討論会が昨日吉川市で行われました。

 日本青年会議所埼玉ブロック協議会が、選挙への関心を高めようと県内15区で開催を目指す討論会の第一弾として行われたのです。

 14区の会場は、吉川市中央公民館。約250人の有権者が来場したようです。

 出席者は、民主党元議員の中野譲氏、幸福実現党新人の谷井美穂氏の二人。

 自民党前議員の三ツ林隆志氏は、「前から予定のあった選挙事務所開きのため」との理由で欠席したようです。

 私は、立候補を予定しているのであれば、公開討論会には出席し、自分の政策や意見を有権者の前で述べる責任があると考えます。

 私だったら、事務所開きよりも、一人でも多くの有権者に政策を伝えることのできるこうした場に出席するほうを選択しますが・・・・・

 杉戸町長選挙での公開討論会も、当選した古谷町長は公開討論会には出席しませんでした。

 主催者である「青年会議所」の活動精神を理解していれば、公開討論会には出席したことでしょう。

 有権者にとって、候補者の政策を聴き比べることのできる公開討論会は投票をする上で大変役に立つものであると思います。

 義理や人情で投票する時代は終わりを迎えつつあります。

政策が重要視されてきています。話をしている様子から人柄も察することはできるはずです。

 政治を志すものであれば、こうしたマニフェスト型討論会の意義を理解し、前向きに参加することも必要ではないでしょうか?

 残念ながら、杉戸町を含む14区での討論会は終了してしましましたが、お隣の13区は今週末です。

 国政を目指す候補者の意見を聞くよい機会です。

出かけてみましょう。

 埼玉13区  公開討論会

 8月15日(土)  午後1時から

 コミュニティーセンター進修館(宮代町)

【2009/08/10 20:55】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
14区の公開討論会

 衆議院選挙の告示日まであとわずか。杉戸町の選挙区は埼玉14区となります。本日、午後3時半から吉川中央公民館で公開討論会が行われます。各党のマニフェストの内容がより具体的になる良い機会だと私は思います。

 これからの選挙は変えていかなくてはなりません。私たち有権者が判断をしなければ政治はよくなりません。黙って見ていれば、官僚主導の、政治家の思うままの政治が進んでしまうのです。有権者がどういった政策を選択するのか、重要な選挙になります。

 消費税の引き上げは当たり前とする党もありますが、歳入内でやりくりをするという原則に戻そうという考えは少しもないのでしょうか?

 歳入に問題があるのではありません。歳出に問題があるのです。

景気回復のためなら、増税は仕方ない。扶助費も増加しているのだから仕方がない。

こんな論理が正当化され、増税ありきの姿勢には納得できません。

やるべきことを徹底してやる、国も地方も同じではないでしょうか?

改革は、しがらみがあってはできません。総理大臣経験者がいつまでも後ろで権力を握っているようでは、未来はありません。

私たちにできることは、選挙で投票することです。

政策を見極めて・・・

時間がある方は、埼玉14区衆議院選挙立候補予定者の公開討論会にお出かけになりことをお勧めします。

【2009/08/09 10:18】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
先日の講義は、ミーゼスの「ヒューマン・アクション」を読む

 先週末、千葉商科大学での講義は、ミーゼスの「ヒューマン・アクション」を読み理解をするというものでした。大学院生や先生方(教授)を含め、十数名での勉強会でした。

 経済学の源流とも評されるミーゼスの「ヒューマン・アクション」。

この「ヒューマン・アクション」は増補新版が発売されましたが、1000ページを超える大作です。

ひとりで読み込んでいくのは大変そうです。しかし、皆さんと一緒に読み込んでいくという方法でしたので、なんとか私にも理解することができました。

 今回は、15章の「市場」を読み込みでした。

そこに、興味深い文章がありました・・・・

 市長や市の様々な部局の長は、予算の制約を受けているので、市民が直面しなければならない諸問題を解決する最も有益な方策をもっていても、勝手にそれを実行することはできない。予算で定められた目的に対して割り当てられた資金から支出する義務があり、他の仕事に流用してはならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もし、公務員たちの最高の長(それが主権者である国民であろうと至上権をもつ独裁者であろうと問題でない)が、公務員たちに自由裁量を許すとすれば、彼らのために自己の至上権を放棄することになるであろう。これらの公務員は、無責任な役人となり、その権力は国民ないし独裁者の権力を上回り、彼らがの長が要望していることではなく、自己の好きなことをするであろう。このような結果を防ぎ、公務員たちを長の意思に従わせるためには、あらゆる点について業務処理を定めた詳細な指示を与えておく必要がある。それによって、公務員は、これらの規則を厳守して、すべての業務を扱うことが義務となる。具体的問題の最も適切な解決と思われる方法へ、行為を適応させる自由は、これらの規制によって制限される。彼らは官僚、すなわち、あらゆる場合に所定の非弾力的な規則を守らなければならない人々である。

 以上、抜粋した部分です。

現在に起こっていることにもマッチする内容ですので、改めて勉強になります。

少々、理解しにく文章もありますので、時間をかけて予習もしなければなりません。月1回のペースでの勉強会です。次回は9月5日。

「市場」について、再度、読ん込んでみようと思います。

【2009/08/04 21:29】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
貴重なトンボに子供も大人も夢中・・・・

 昨日は、杉戸町立図書館主催の「夏休み自然観察会」が行われ、20数名の親子が参加しました。

 幸手自然愛護会会長の長須房次郎氏が講師となり、カルスタすぎと(図書館)付近の昆虫や植物を観察しました。

 子供たちは虫取り網を手に蝶やトンボを捕まえようと駆け回っていました。そのうちに付き添いできていた大人のほうが夢中。いつしか、お父さん、お母さんが虫取り網を持っていました。

 施設の付近に貯水池があるのですが、ここはトンボの楽園。

大変貴重な「ショウジョウトンボ」や「オオスジイトトンボ」「チョウトンボ」などを間近に見ることができました。

 ショウジョウトンボは真赤。素晴らしい色です。

また、イトトンボのオスの胴体はコバルトブルー。

素晴らし時間を過ごしました。

図書館友の会としてお手伝いに伺ったのですが、子供たちと一緒に自然観察でき、私もリフレッシュできました。

それから、このすばらしい自然は何としてでも残せるようにしたいものです。、杉戸町の財産なんですから・・・・

【2009/08/02 09:25】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。