スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
町長の人事院勧告に対する認識は?

 今朝は寒かったですね。東武動物公園駅東口で午前5時50分から8時30分までビラ配布をしました。東埼玉総合病院の移築問題の内容ですので関心のある方が手を差し伸べてくださいました。また、励ましの声もかけていただきました。数人の方には、病院移築問題について詳しいお話もさせていただきました。西地区では何回もこの病院問題についてはビラを配布し、情報提供もしてきましたが、杉戸中央や西地区以外にはなかなか情報提供ができていないことも今日痛感しました。今後の情報提供の方法も考えなくてはなりません。

 さて、杉戸町議会は先週の26日に開会しました。

26日の議案の中に「杉戸町職員の給与・杉戸町議会議員・町長・教育長の人事院勧告による条例改定」がありました。これは人事院勧告によって、賞与・給与を引き下げるというものです。

 この議案の質問で森山議員が町長に質問しています。

森山議員「人事院勧告に従って杉戸町の職員の給与等を引き下げすることについてどう認識しているのか。人事院勧告に従うということについてどう考えるのか」

町長「これまでも人事院勧告に従って給与の改定をしてきた。これからも人事院勧告に従っていこうと私は考えている」

では、ここで人事院勧告の手順はどうなっているのか見てみます。

 ・民間給与の調査

   企業規模100人以上かつ事業所規模50人以上の全国約7900事業所を調査。

   ↓

 ・各府省、職員団体等の要望・意見等を聴取

  ↓

 ・各地域の有識者、中小企業経営者との意見交換、国民各階層からのモニター

  ↓

 ・棒給表・手当の改定内容を決定

  ↓

 ・人事院 給与勧告

そしてそもそも人事院勧告制度とは、地方公務員法では以下のようになっている。

第8条 人事委員会は左に掲げる事項を処理する。

2項 給与、勤務時間その他の勤務条件、厚生福利制度その他の職員に関する制度について絶えず研究を行い、その成果を地方公共団体の議会若しくは長または任命権者に提出すること。

第26条  人事委員会は、毎年少なくとも一回、給料表が適当であるかについて、地方公共団体の議会および長に同時に報告するものとする。給与を決定する諸条件の変化により、給料表に定める給料額を増減することが適当であると認めるときは、あわせて適当な勧告をすることができる。

このようにある。杉戸町は人事委員会が存在しない。そのため、私も議員のときに質問をしている。「人事院勧告があった場合、どのような検討をどのような会議でしているのか」と。その当時、調整幹が「今まで人事院勧告通りに従ってきた。検討会議はしていない」と答えていた。

今回も同様。古谷町長も「今まで杉戸町は人事院の勧告どおり従っている。これからも人事院勧告通りにと考えている」と答弁している。

本当にこれでいいのだろうか。

ここにきて、人事院の「代償措置論」について問題点が注目されている。公務員・教職員は、地方公務員法において労働基本権が制限されている。人事委員会の機能・制度に関して、これが、その労働基本権の制限の代償措置の一つであるといわれている。

 人事委員会が機能しているかどうかよりも、根本的に制度の本来の趣旨・目的に合致していないのではないだろうか。

私は人事院の必要性について研究中であるが、このままの状態では機能していないと考える。

こうした人事院勧告をそのまま議論することなく、給与等の改善に反映させることには問題があると思う。その自治体の、その地域にあった判断や論議をすることも必要ではないだろうか?

とにかく、国の言うとおり、従前どおりという理由付けで粛々と処理されることに不安を覚えるのは私だけだろうか?

スポンサーサイト
【2009/11/30 10:49】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
学校の周囲整備に支援を

 先日、住民から要望がありました。

「広島中学校の校舎周辺の雑草はどうにかならないだろうか。父兄が校庭内の木々などは剪定していたようだが手に届かない高い部分はできなかったようだがどうにかならないのか。また、以前使用していたバスケットコートだろか?フェンスで囲まれているが中は雑草が人の背丈ほどにまで伸びたままで放置されている。有効利用できるのに・・・」

といったお話でした。

さっそく現場を見てきましたが、学校の敷地はフェンスで囲まれ、一部その周りが水路になっているところがあります。そこは少々手入れをしたほうがいいかなと感じました。また、フェンスで囲まれたコートらしきものは本当に草ぼうぼうの状態です。見た目もよくありません。対策等を尋ねてみることにします。

【2009/11/29 23:03】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
杉戸町の八ツ場ダム建設推進の要望理由は?

杉戸町のホームページに「町長の動き」といって、町長の活動記録のページがあります。町長自らではなく、職員が町長の活動を報告しています。

それによると、11月24日(火)は国土交通省への要望活動を行なったようです。

内容はというと・・・・・

杉戸町も参加する栗橋町外五箇市町水防事務組合では、「八ッ場ダムの建設推進について」、国土交通省にて馬淵国土交通省副大臣に要望活動を行ないました。

要望活動には、栗橋町、春日部市、幸手市、鷲宮町、五霞町、杉戸町の首長等が直接、馬淵副大臣に要望書を手渡しました。

民主党政権となり、まず「八ツ場ダム建設の見直し」が大きく取り上げられていますが、八ツ場ダムは埼玉県や杉戸町にとって本当に必要なのか、私は疑問に思います。

今回の要望も台風の影響で土手が決壊し、洪水になったことからダムの建設を推進したいといっているのではないかと予測しますが、どんな要望書の内容なのか。

役場にいって要望書の写しをいただきたいと思います。

要望書に杉戸町長は名を連ねたわけですが、杉戸町にとってダム建設推進の理由はどういったものなのでしょうか?

【2009/11/28 15:41】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
東埼玉総合病院移築の教育委員会の回答とは?

 11月24日、教育委員会会議が行われました。

9月16日付で町長から教育委員会に照会のあった「東埼玉総合病医院移築に伴う候補地について」の回答が協議されました。

教育委員会の回答は以下の通りです。

 杉戸高野台地区は、結果として開発当初の計画人口を大きく下回り、今後も生徒数の増加は見込めない状況にあるため、開発当初の中学校整備計画は見直しを余儀なくされておりますが、現在町内中学生の約3分の1は西地区在住となっており、教育委員会としては西地区内に中学校の整備は必要と考えております。理想としては、西地区在住の生徒数に見合った中学校を(仮称)「高野台中学校建設予定地」に整備することを望むところですが、町の財政状況、人口動態、医療の充実を勘案して同予定地に総合病院が移築される場合は、杉戸高野台地区内の既存小学校2校を統合し、1校を中学校として整備していきたいと考えております。

 総合病院が移築される場合の学校整備の計画(案)は次のとおりです。

1.西小学校の敷地拡張(西幼稚園敷地及び隣接の駐車場用地)及び校舎増築等による中学校としての整備

2.高野台小学校の校舎増築等による規模の拡大

3.西幼稚園(仮称)「高野台中学校建設予定地」への移築

4.西公民館駐車場の確保

上記計画案が主要プロジェクトとして町の第5次総合振興計画に位置付けられ、同計画が成就されることを前提にすれば

(仮称)「高野台中学校建設予定地」の用途変更はやむをえないと判断します。

なお、(仮称)「高野台中学校建設予定地」を用途変更する場合の問題等について、次のとおり意見を附します。

「附帯意見」

(1)(仮称)「高野台中学校予定地」を総合病院移築候補地に変更すること、及び既存小学校の統合による中学校の整備等について、説明会を実施し、住民の理解と協力を得る必要があります。

(2)(仮称)「高野台中学校建設予定地」は現在、仮グランウンドとして多くの野球、ソフトボール愛好者に利用されているため総合病院が建設されると同種目のグランウンドの確保が困難になることから国対記念運動広場を早期に整備する必要があります。

(3)具体的な計画の立案、事業の推進は、町と教育委員会との協働によるプロジェクト組織で対応することが望ましく、計画の妥当性を確保するため、審議会等の設置を検討する必要があります。

教育委員会の回答内容は以上です。

会議での委員の意見には

「附帯意見の審議会設置はこれが先ず始まりで必須条件だ」

「審議会の性格や位置づけは先に石井基議員から出されている要望書と同じである」

などがありました。

住民の皆さんのご協力もあり、子供にツケをまわさない杉戸で提出しました要望書が活きる形となった教育委員会の回答になったと思います。

今後、古谷町長はどのように決断するのか。

これからが問題です。

【2009/11/26 22:01】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
今朝も寒い・・・

 今朝は5時30分から杉戸高野台駅西口で駅頭活動を2時間ほどしてきました。足がつめた~くなり、今温めています。

今日は「東埼玉総合病院移築に関する審議会設置の要望書」提出の報告をさせていただきました。ビラを400枚弱用意したのですが、なくなりました。

内容が病院移築に関する問題でしたので、女性の方や若い方にもビラを受けとっていただけました。関心があるようです。

今日の午後は、杉戸町教育委員会会議が開かれます。この病院の問題も継続審査となっています。内容は後日また報告させていただきます。会議は傍聴できますので関心のある方はお出かけください。

 平成21年第14回杉戸町教育委員会会議定例会を開催します。
   教育委員会会議開催のお知らせ
  
平成21年第14回杉戸町教育委員会会議定例会を開催します
日 時  平成21年11月24日(火)午後2時から
○場 所  役場本庁舎1階会議室
○議案等 
       
報告第44号 平成21年度杉戸町入学準備金貸付審査会委員の委嘱について
報告第45号 印刷料金見直しについて(カルスタ・公民館)
報告第46号 「東埼玉病院移築に関する審議会設置」要望書について
議案第27号 東埼玉総合病院の移築に伴う候補地について(継続審議)
議案第28号 杉戸町教育委員会の権限に属する事務の決裁に関する規程の一部を改正する訓令について 
議案第29号 杉戸町教育委員会教育長の権限に属する事務の決裁に関する
規程の一部を改正する訓令について
議案第30号 杉戸町就学援助費交付要綱の一部を改正する告示について

議案第31号 平成21年度一般会計補正予算(第6号)の概要について
             
              


○傍 聴  受付 開催場所入口にて開会5分前まで行います。
      定員 開催場所の収容人数に応じた人数
※会議は原則として公開ですが、個人情報保護の関係から一部非公開となる場合もあります。

  
<問い合わせ>
教育総務課 庶務管理担当
0480-33-1111内線394

【2009/11/24 08:19】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
オンデマンドバスを視察

 今日は午後から川越市に出かけました。

地方改革ネットワーク(東部地域の市町議員や住民からなるグループです)の議員仲間の5人で「オンデマンドバス」の視察をしてきました。

オンデマンドバス?

 オンデマンドバスの説明をします。

オンデマンドバスとは、予約制の乗り合いバスです。

決まった時刻に決まった経路を移動する路線バスに対し、オンデマンドバスには時刻表や決まった経路はありません。

お客様の要望(デマンド)に合わせて、タクシーのように移動します。タクシーと異なる点は乗り合いです。

方向が似通った移動は少し遠回りして乗り合わせることで効率的に運行できます。

つまり、乗り合いによりタクシーより高効率が期待できます。

乗客がいなければ移動せず、路線バスより高効率です。

多数のバス停を設置できるためバス停への便が良いのです。

オンデマンドバスについては、何となくイメージしていただけたでしょうか?

杉戸町では、巡回バスが町の公共施設をつなぐように運行されています。現在は受益者負担として一回100円をお願いしています。

住民の皆さんからは、巡回バスについていろいろな意見をいただいています。

・公共施設だけでなく、他の所にも利用できたらよい。

・福祉タクシーの補助が少なくなった。

・バス停が遠い。

・高齢者になると免許所を自主返納する人もいる。車に代わる交通手段がほしい。

こうした声が届いています。

巡回バスにも改善すべきところはあります。

巡回バス運営事業には、住民の皆さんに負担していただいていますが、もっと多くのお金つまり税金が投入されています。

このオンデマンドバスを導入することによって経費削減することも可能であること、何と言って利用者の住民の皆さんが便利になることなどの利点もあることから検討する自治体が出てきています。

自治体だけでなく、今日訪ねた川越市では診療所の院長先生がなんと自腹でこのオンデマンドバスを実証実験されていたのです。

外来で診療所に行く高齢者の方を対象に導入していました。

オンデマンドバスの予約の仕方は、パソコンからの入力、携帯電話からなど、またオペレーターを通してもできます。目的地の到着時間を指定する仕組みになっています。

診療所に到着し、診療所から帰りのバスの予約をすることもできます。

このバスシステムを導入した院長先生は、高齢者が外出できるようにすること、在宅介護が基本なので施設介護にならによう、診療所に通いやすいように導入されたようです。

このようにいくつかの診療所や病院が連携して費用を折半しながら運営するのも一つの方法です。

もちろん自治体のコミュニティバスの運営をこのオンデマンドバスのスタイルに変更することもできます。

車種は、バスでもいいし、セダンタイプやハイエースなどのワゴン車でも可能です。初期投資額も多額ではなく、取り組みやすいと思います。

杉戸町にもあったらいいのにと思います。

行政を待っていては始まりません。

子供にツケを回さない杉戸で検討を始めます。

高齢者や子供たちにも安心して、そして低価格で提供できます。

自治体での巡回バスではサービスに限りがあります。

目線を変えて取り組んでいきます。

【2009/11/20 20:06】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
東埼玉総合病院のこれからは?

 本日、東埼玉総合病院での患者さん向けの医療講演会に参加しました。テーマは「これからの東埼玉病院」、講師は院長の高井孝二先生でした。患者さんを中心に20名ほどの参加者でした。

まず、医療崩壊の現状について。

医師不足が叫ばれているが、毎年7700人の医師免許取得者がいる。ここから引退する医師の数を差し引くと、年間3500人から4000人の医師が増えると国は予測し、医師不足は起きないとしていた。

現状は勤務医が不足している。地域医療の崩壊である。結果として、地域中核病院の負担が増えている。

東埼玉総合病院の医師数も28名から21名に減った。小児科、皮膚科、耳鼻科がなくなった。

勤務医の労働過剰が疲弊・退職を招き、開業医へと転身している。病院は医療を担えなくなっている。

 

次に救急車の受け入れ状況である。

 

 東埼玉総合病院A病院

B病院

杉戸町894件124件49件
幸手市80件344件324件

久喜・宮代

530件1111件118件
その他   
 計1521件2029件499件
時間外985件
総計1802件

この表からも杉戸町は救急車の受け入れで東埼玉総合病院の恩恵を受けていることがわかる。

医師不足は今が最悪ではない。もっとひどくなる。小児科、産婦人科の医師が不足してくる。

杉戸町も例外でなく、医療崩壊が始まっている。

地域の医療は誰が守るのか?

主体は住民とその考えを代表する行政が守るべきである。

医療行政の方向性は

これまでは医療機関完結型医療であったが

これからは地域完結型医療となるのが理想である。

今後の病院経営の方向性は医療機関での機能分担と相互連携が病院運営の根幹をなす。

地域の中核として医療の核となることを自覚して地域とのかんけいはどうあるべきか考える。

医療体制は単体ではできない。

東埼玉総合病院の目指す姿は、

二人主治医制である。地域の診療所・病院と連携して、患者を診ていく。情報を交換し、中核病院は技術を提供していく。

地域連携をいかに作るかが課題である。まずは糖尿病グループから始めている。

二人主治医制度導入を提案し、一患者二人主治医制を目指す。

東埼玉総合病院の今後について。

老朽化が問題である。トイレなど狭い。耐震化が問題。大地震ではもたない状況。今の建物を耐震化するとさらに狭くなってしまう。移築を考えている。

平成22年度 着工目途

平成23年度 移築開業予定

利根(南)保健医療圏(杉戸、幸手、宮代、久喜、白岡、菖蒲、栗橋、鷲宮)

杉戸、幸手、宮代を中心に人口13.5万人の医療を考える

7対1の看護基準の継続をしたい

193床を確保したい。

移築費用は約40億円を投資予定。

病院レベルの医療をこの地に残すため病院を守っていきたい。

いい気の医療の体制を行政で大至急整えていただきたい。

以上が、講演内容です。

みなさん、医療について考えてみてください。

杉戸町にとって東埼玉総合病院はどんな存在ですか?

今後の医療は、患者(地域住民)と行政と病院の三者が一体となって解決していかなくてはならない問題です。

私の感想は明日のブログで・・・・・

平成22年度

 

【2009/11/19 21:11】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
国会の外務委員会を傍聴

 今日は国会の外務委員会傍聴に出かけました。

委員長は皆さんおなじみの鈴木宗男議員です。質問者は小野寺議員でした。

内容は、普天間問題が中心です。

岡田外務大臣と武正副大臣が適切な答弁をご自分の言葉で、事務方に頼ることなく答弁されていました。

内容を把握されているからこそ、できるのでしょう。

普天間問題は大きな問題です。民主党は政権与党になって初めて知りえた情報もあるでしょう。情報を十分整理され、議論した上で結論を出していただけるものと期待します。

【2009/11/18 19:24】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
病院の審議会設置要望が新聞記事に

 16日月曜日に古谷町長に「東埼玉総合病院移築に関する審議会設置」の要望書を提出したことは報告しましたが、

本日18日、毎日新聞にその内容が記事になりました。

内容は以下の通り。

  東埼玉病院の移転でし町審議会を

  杉戸・住民団体要望

 杉戸町の住民団体「子供にツケをまわさない杉戸」(石井幸子代表)は、東埼玉総合病院(同町清地2、杉原弘晃理事長)が移転のために町所地の借地を申し入れていることについて、住民や有識者を入れた審議会の設置を求める要望書を署名400筆とともに古谷町長に提出した。

 17診療科、199床を持つ同病院は開院から33年が経過。施設の老朽化で医療高度化への対応が難しくなることなどを理由に、11年を目標に移転計画を進めている。

 借地を申し入れたのは同町高野台南5の約1万平方メートル。周辺の開発に伴い、町が中学校建設予定地として事業費14億円を投じ、96年に3万1700平方メートルを取得した。しかし、人口増が予定を下回り、財政難も重なって具体化していない。

 石井代表らは「地域医療ネットワークや少子化に伴う学校再編など、町のグランドデザインにかかわる問題。住民に情報を公開し、意見の集約を図るべきだとしている。」

【2009/11/18 06:10】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
古谷町長に要望書2件提出

 本日、古谷町長に面会し、400名の署名を添えた要望書を手渡しました。要望書は「東埼玉総合病院の移築に関する審議会設置」であります。署名にご協力いただきまして本当にありがとうございました。

また、もう1件は指名業者の選定をする「指名委員会」の機能強化の要望書です。杉戸町で改善が必要と思われましたので、私から要望をさせていただきました。

 古谷町長からは、病院の件については「難しい問題である。住民との懇談会で意見を聴きたい。」と・・・・

 指名委員会の件は、北島調整幹から「指名委員会を随時やっています。」との回答が・・しかし、私が職員から調査したところによると上水道の工事では指名委員会が機能していないようだと思うのです。北島調整幹は調査すると話していました。ぜひ、指名委員会の機能強化をお願いしたいものです。

要望書の内容は次の通り。

「東埼玉総合病院移築に関する審議会設置」要望書

杉戸町町長

 古谷 松雄様     

平成21年11月16日

               団体名  子供にツケをまわさない杉戸

                    代 表  石井幸子

               住 所  杉戸町高野台南5-3-18

 古谷町長が町長に就任後、東埼玉総合病院から改めて町所有地への移築に関する申し入れがありました。病院への回答も今年度中ということであり、行政の早急な対応が期待されます。

東埼玉総合病院は地域の中核病院として、救急医療病院として当町としてなくてはならない存在となっています。多くの住民が引き続き当町での医療活動を強く要望しています。しかしながら、東埼玉総合病院の移築要望先は西地区中学校の建設予定地のです。現在、杉戸中学校の約6割の生徒が西地区から通学していることから、今後の少子化を踏まえても西地区に中学校建設を検討する余地があると思われます。西地区にある小学校2校も含め、将来的な方向性も鑑みて教育的視点から検討する必要があるのではないでしょうか。

 今回の東埼玉総合病院移築に関する問題は、医療問題と教育問題とが大きく関わっています。今後の杉戸町のグランドデザインにもかかわることから、早急に行政、住民、有識者などで構成する「東埼玉総合病院移築に関する審議会」を設置し、幅広く意見を集約すること、並びに住民に広く情報を公開することを要望します。               以 上

 

建設工事請負業者指名委員会に関する要望書

 

杉戸町町長

古谷 松雄

              平成211116

               団体名  子供にツケをまわさない杉戸

                    代 表  石井幸子

               住 所  杉戸町高野台南5-3-18

 

杉戸町では昭和633月に「杉戸町建設工事請負指名業者選定規程」を全面改正し、杉戸町建設工事等指名業者資格審査会及び指名委員会に関する規程」の整備をされております。

この規程の第9条以下に「指名委員会」に関する条項がありますが、現在、上水道に関する建設工事について「指名委員会」が機能しているとは言い難い状況にあると思われます。

上水道に関する建設工事については、1000万円以上の場合は指名業者資格審査会が機能しているものの、指名業者選定に関しては指名委員会が機能することなく、水道課単独による選定となっているのが現状であります。

町当局におかれましては、早急に上水道建設工事におきましても指名委員会が機能するよう規程の徹底を強く要望いたします。

また、最近粗雑工事等が原因による事故が発生しましたが、指名停止には至らず文書による注意でありました。措置要件にあります「かしの程度」の解釈も難しく、最終的には町長の判断によるところとなります。どの業者も納得できるような判断の基準を明記するなど今後の改善を重ねて要望いたします。

 

                          以 上

 

 

 

 

 

 

 
【2009/11/16 19:04】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
明日、古谷町長に面会です

 明日、古谷町長に面会の予定です。

杉戸町の現在抱える諸問題について「子供にツケをまわさない杉戸」では

今回、2件の要望書を提出します。

一つ目は、「東埼玉総合病院移築に関する審議会設置」

二つ目は「入札業者選定に関する委員会機能の徹底」です。

どちらも今杉戸町にとって早急に取り入れていただきたいものだと思いますので、町長に理解していただくように説明したいと思います。

病院移築に関する審議会設置については、皆さんに署名をお願いしました。おかげさまで400名弱の署名を集めることができました。ご協力ありがとうございました。この件については、署名をいただいた方には、後日、結果を必ずご報告させていただきます。

二つの要望書の内容については、明日このブログでご紹介させていただきます。

【2009/11/15 19:04】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
中野譲衆議院議員懇談会

夕方6時から幸手市で「中野譲衆議院議員懇談会」が行われました。

中野議員からは所属常任委員会の報告などがありました。その後、参加者からの質問があり、丁寧にお答えいただきました。

【2009/11/14 23:21】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
子育て支援を考える・・幼稚園・保育園の将来像

 杉戸町の課題として町立幼稚園・保育園の老朽化・耐震化問題があります。耐震に関する応急処置はしたものの、安心・安全を考えれば建て替えなどが必要です。古谷町長はマニフェストで「町立幼稚園・保育園の建て替え」を掲げています。

 子育て支援として何を行政ができるのか?

 建物を建て替えることですべてが解決できるのか?

安全を確保することは重要です。最優先するべきです。

私が言いたいのは、子育て中の保護者が何を望んでいるかということです。

これまで行政は確かめたことがあるでしょうか?

「幼稚園教育を受けさせたいが、延長保育がない。しかたなく保育園に入れている」

「私立幼稚園に入れたいが、費用の面から町立幼稚園にしている」

こういった声もあります。

もっともっと声を聞く必要があります。

また、幼稚園・保育園の形態もだいぶ変わってきました。

公立・私立の幼稚園・保育園があります。幼保一体のもの、認定こども園、公設民営の幼稚園・保育園など、たくさんあるのです。

杉戸町もどのような子育て支援をしていくのか、将来像を決めてから幼稚園・保育園の建て替え、つまり町民のニーズにあった施設を作るべきではないでしょうか?

幼児教育の専門家の話は参考になります。

今日は、幼児教育や子育て支援の話を伺いたく、越谷市にある「越谷わかば幼稚園」を訪ねました

こちらは子供たちが通った幼稚園です。それはそれは素晴らしい教育をしています。礼儀作法はもちろん、人の話を聞く態度、がんばる力の養成、運動・音楽面のカリキュラムの豊富さなど特徴的な教育をしています。そしてなにより「母親教育」もさりげなくしているところがすばらしいのです。

園長先生、理事長先生と1時間半ほどお話させていただきました。

来月12月、子供にツケをまわさない杉戸では(仮称)「子育てフォーラム」を予定しています。

講師を招いての基調講演をはじめ、杉戸町の町民が求める子育て支援についてみなさんと意見交換できたらと思います。

詳細が決まりましたらお知らせします。

私たちみんなで子育て支援について考えていきましょう!!

【2009/11/13 21:20】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
見沼区役所のパッケージ工房視察

 今日は、地方改革ネットワークの皆さんとさいたま市見沼区に視察に出かけました。

 視察の内容は、見沼区で実施されている「パッケージ工房の運営」についてです。

パッケージ工房? 

引っ越しや出産・婚姻など人生の節目の出来事(この事業ではライフイベントと呼んでいるそうです)に伴い必要となる各種の届けをまとめて受け付けする窓口のことを見沼区ではこう呼んでいます。つまり「ワンストップサービス」を実現するための事業です。

 また、同じ区民課の証明申請窓口では、住民票などと一緒に税務証明も申請ができます。

 以前はお客様がさまざまな手続きをする際に複数の課を回っていましたが、パッケージ工房では複数の職員が同時並行処理することで、お客様が移動する手間を省いています。

 たとえば、社会保険に加入しているご夫婦とお子さんが二人のご家庭が引っ越してきた場合

 ・以前はお客様が手続きに合わせていろいろな所を回っていました。

 区民課  住民変更・住民票の受付

  ↓

 支援課  児童手当の受付

  ↓

 保険年金課 子育て支援医療の受付

・パッケージ工房ではお客様は移動せず、複数の職員がいろいろな手続きを同時に処理します。

 窓口は一つです

  パッケージ工房    住民変更・住民票の受付

                児童手当の受付

                子育て支援医療の受付

この事業は若手職員の提案により実現されました。

市民にわかりやすい窓口を目指すとともに、能動的職員を養成し、職員の資質向上に努め、区役所窓口サービスの満足度向上を図ることを目的にしているということです。

お客様の評判も良いとのこと。処理時間の短縮が喜ばれているようです。先に挙げた例ですと、以前は1時間30分ほどかかった手続きも、パッケージ工房窓口では30分ほどで済むということです。

 そしてなにより視察を通して感じたことは、職員の方々の対応が大変に親切であり、丁寧であるということです。実際の窓口の対応を見ていても従来の役所の雰囲気とは全く違います。銀行のような対応が徹底されてます。皆様もお気づきだと思いますが、見沼区役所では住民の方を「お客様」と呼んでいます。配布資料はもちろん「お客様」と書かれています。サービスの原点がここにあると感じます。

 コストをかけなくても改善できるようです。職員が住民のために何かをするという姿勢の重要性を学びました。

 どの自治体でも対応できるのではないでしょうか?

 

【2009/11/10 23:34】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
国債は「ツケ」ではない????新聞記事に一言

 11月5日付けの毎日新聞19面に経済への視点として、評論家である中野剛志氏の記事がありました。

内容はというと・・・・

 民主党はこのほど税収の落ち込みが見込まれるため、赤字国債の増発もありうるとした。今の世代が支出を拡大するために国債を発行することは、将来世代にツケを回すことだという批判も出てくるが、

 今の世代が国債を発行して、将来の世代に便宜を与えるような社会インフラを整備するのであれば、それは将来世代へのツケを回したとはいえない。

 政府内から国債の増発を容認する声が出ていることも、概算要求が過去最大になったことも、それ自体は批判されるものではない。経済運営の方向性としては正しいのである。

 簡単にいうとこんな内容です。

まずは、国債はツケではないと書いているが本当にそうであろうか

「国債はツケではない」という言葉を目にした時、思わず読み直した。

国債はツケではない?

では、国債を国は何につぎ込んでいるのだろうか?

道路や空港などのインフラ整備のための公共事業に充てられる建設国債と、使途を特定せずに単に税収不足を穴埋めするための赤字国債の2通りにつぎ込んでいる。

日本は財政法で定めているように原則的には税収だけで運営すべきである

しかし、戦後、例外として公共事業のためなら借金してもよいという大原則を立てた

 インフラを整備するために借金するのであれば、インフラの恩恵は建設時に生きている人だけでなく、まだ生まれていない将来の人にも及ぶ。だから、建設費の一部を将来恩恵を受ける人にも負担してもらうべき借金の形で残すことができるというのである。

そうだろうか。本来、税というのは、「承諾なくして課税なし」が大原則だ。承諾していない将来の子供たちに借金というツケを残すことに疑問を感じる。

 また、建設国債で作ったインフラが本当に将来に恩恵をもたらすかという問題もある。無駄な公共事業をすれば、将来に何ら恩恵をもたらさずに借金だけを残すことになる。

 一方、税収不足を穴埋めするための赤字国債の発行は、借金は建設国債だけという大原則からも逸脱している。返済するあてのない赤字国債までも発行し借金を重ねている状態であるのに、この評論家は国債を「ツケ」ではないと言い切っている。

私は国債発行は将来世代への「ツケ」だと思っている。だからこそ、私の政治スタンスを「子供にツケをまわさない」として日々活動しているのである。

国債発行をどう捉えるかで、財政運営は変わってくる

 

 また、中野氏は「国債の購入者、貸してが日本人である場合は、政府の借金先は将来の日本人である。将来世代の日本人の間で所得の移転があるだけで、国民全体としては財産が減るわけではない」と書いている。

はたしてそうだろうか?

国債は国の借金である。国がお金を借りるのだから貸してくれる人がいるはずである。誰がお金を貸しているのだろうか。日本人の中で、個人で国債を買って持っている人は珍しいのではないだろうか。

では、誰が国に貸しているのか

貸しての約半分が公的な機関のようだ。公的金融機関、郵貯、公的年金、日銀というところだ。 

私たちの稼いだ所得の一部を銀行や郵便局に預けた貯金の多くが、私たちの望むと望まざるとにかかわらず、国債を買うために充てられている。これだけではない。民間の保険会社や郵便局の簡易保険を通じて掛けた生命保険の掛け金や、給料から天引きされた厚生年金・共済年金の積立金なども、保険会社や国から保険金や年金給付として戻ってくるまでの間は、その多くが国債につぎ込まれているのだ。

 これらの国債が本当に必要な事業に充てられているのならまだしも、無駄遣いや今問題となっている特殊法人に充てられているのでは国民も納得できない。

 我々が貸したお金の多くは、もはや戻っては来ず焦げ付いてしまっているらしい。

これは、将来、年金給付が減らされたり、郵便貯金で得られる利息が減らされたりする形で、国民にツケを回されていることになっているのではないだろうか

とにかく、毎日新聞でこのような経済解釈をした記事が乗っていたことに驚きました。

 

【2009/11/09 20:19】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
くすのきエコデーに参加

 久しぶりにくすのきエコデーに参加しました。3か月ぶりでしょうか。少し出店をお休みしてしまいました。

 私は「出前町政相談所」としてこれまで参加しています。

よい天気でしたので、散歩がてらに多くの高野台近くにお住まいの多くの皆さんが足を運んでくださいました。

 さて、本日は「東埼玉総合病院移築に関する審議会設置の要望」について内容を説明し、賛同していただける方に署名をしていただきました。

私の考えは、行政、町民、有識者(医療部門・教育部門)で構成する審議会を早急に設置し意見を集約し、情報を公表すべきだというものです。

病院の移築については、これまで噂には聞いたことがあるけど、町から説明を聞いたことがないのでどういったことになっているのか知りたかったなどたくさんの意見をいただきました。40名近い方とお話をすることができました。

「子供にツケをまわさない杉戸」として要望書を用意しました。代表は私、石井幸子ですが、この趣旨に賛同いただける「子供にツケをまわさない杉戸」の皆さんと署名活動を始めます。

病院側の移築要望先が西地区の中学校建設予定地であることは以前にお知らせしています。住民のみなさんからは病院も中学校もほしい、中学校建設予定地の資産有用もすべき、総合的に今真剣に考えてほしい。病院が杉戸町から出ていってしまったら本当に困るなどお話してくださいました。

署名とともに皆さんの声を町長に届けたいと思います。

署名を希望される方はご連絡ください。

くすのきエコデーに再び参加してよかった・・・今日の率直な感想です。みなさんと触れ合うことができたのです。

みなさんが私を待っていてくださいました。

何人もの方から、町の問題や情報を直に話す機会がありうれしいと言っていただけました。

「子供にツケをまわさない」の上りバタを立てていましたので、「石井さんだと思って来てみました」とありがたいお言葉・・・・・やっと「子供にツケをまわさない」というフレーズが認識されるようになり嬉しく思います。

みなさんとのお話から、病院の問題以外にも老人会の問題や巡回バスの有料化に関するご意見などいろいろ課題も頂きました。私なりに町に提案させていただきます。また、ご質問いただいた件については、来月のくすのきエコデーのときに回答したいと考えています。

【2009/11/07 22:07】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
今週の土曜日はくすのきエコデイーに参加

 今週末は、恒例のくすのきエコデーに三ヶ月ぶりに参加します。選挙があったりとりバタバタして参加できませんでした。

皆さんから「くすのきエコデーに参加しないの?」との問い合わせもありました。

みなさんとお話をする良い機会です。気軽に声をかけてください。

今回は皆さんと「東埼玉総合病院移築に関する問題」について意見交換したいと思います。

お待ちしています。目印は「子供にツケをまわさない」の旗です。

当日は「子供にツケをまわさない」ステッカーを差し上げます!!

   

   くすのきエコデー

   11月7日(土)

   午前10時から午後2時ごろまで

   杉戸高野台駅西口  くすのき通り

【2009/11/04 20:06】 | いしい幸子の活動 | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。