スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パワフルな先輩から元気をいただく
 今日は時間を作り、先輩主婦のお宅を訪問しました。

この方は、とってもパワフルです。

ボランティア活動に力を注いでいらっしゃいます。

以前にも私のブログでご紹介させていただきましたが、本当の意味でのボランティア活動をされている方です。補助金など一切もらわずに、実費は参加者から徴収し、人件費をすべてボランティアで賄うといった食事会+催しものなどを自宅で実施されています。

このほかにも町のイベントにも参加。

近隣の皆さんとも連携をされていて、それはそれは驚きます。

 私はある方からご紹介をいただき、お付き合いさせていただいております。

今日も手作りのジャスミンティー、しそジューズ、しそを入れた手作りケーキなどをいただきながら約2時間ほどお話しさせていただきました。

笑顔が素敵な方で、前向きで、はっきりと物事をおっしゃる方です。

先月のお食事会では片付けぐらいしかできませんでしたので、来月行われるお食事会ではしっかりとお手伝いをさせていただきます。

こんなすてきな先輩主婦に出会えたこと。これは私の財産になります。

学ぶことがたくさんあります。

次回はどちらかに出かけて、情報収集を兼ねての人生勉強をしましょうとお誘いをいただきました。

今から楽しみです。
スポンサーサイト
【2011/07/14 20:15】 | いしい幸子からのメッセージ | コメント(0) | page top↑
防災対策について
 3月11日の東日本大震災。千年に一度と言われる大地震でした。
私も経験したことのない揺れで、恐怖を感じました。

幸いにも我が家では、棚が倒れたり、プリンターが落ちたり、燈篭が倒れた等で済みました。

考えさせられたのが、その後の計画停電でした。

告知はされていましたが、約3時間の停電は生活をするうえで支障となりました。

日ごろ無意識に電力を使用していましたので、いざ、電気が使えない生活をたった数時間過ごすだけで戸惑いました。

実際に懐中電灯で部屋の明かりを賄えるかと言えば、そうでもないことも経験して初めてわかります。懐中電灯は一点をともすには便利でありますが、全体をというわけにはいきません。

日ごろ、防災セットを用意はしておりますが、いざとなると不足しているものもあります。

その後、補充はしました。

ここにきて、原子力発電の見直しや検討がされています。

いざという時、杉戸町での電力確保はどうなっているのか?

調べてみようと思います。
【2011/07/14 06:36】 | いしい幸子からの提案 | コメント(0) | page top↑
政策を広める役割
 国政が揺れに揺れている現在、私はこう思うのです。
私達の選んだ国会議員は本当に真に国民のことを考えて働いているだろうか?

不満だらけなのに再度、同じ政治家を選んではいないだろうか?

政策等の主義主張がなく、「ただいい人だから」「人柄がよさそうな人だから」などという基準で投票してはいないだろうか?

この結果が今の国政の状況を生み出していると認識すべきと私は思うのです。

選挙区で政策などを語らずして、また、国政報告もしない。


国政の様子をしっかりと報告する。政治家には報告の義務があるのではないでしょうか。


私は国を変えるには地方から。という想いがずっと前からあります。

それを実践するにはまず、これだと思う政策や理念を多くの人に知ってもらうことだと思ったのです。

日本創新党の山田党首や中田代表幹事とともに日本中に周知することが必要なのです。

新しい、少数の政党では周知することも難しい。そのためには党首の代弁者が必要です。

私は党首や代表幹事の代弁者として、日本創新党の考えを伝えていきます。



今、国難ともいえる状況の日本を復興するには、しっかりとした国家論が必要となるでしょう。

自立した日本を目指し、活動していきます。
【2011/07/11 22:34】 | いしい幸子からのメッセージ | コメント(0) | page top↑
受益者負担について思うこと
 おはようございます。石井さちこです。

昨日、住民の方からお電話をいただきました。

町内である団体が「公民館の有料化問題」についてチラシを配布しているとのことで、ご質問をいただきました。


昨年の秋ごろから、杉戸町では公共施設を利用する際、利用者が維持管理費を負担するという受益者負担の原則を持ち出しています。

利用者が負担する・・・・当然のようにも思えますが、行政が取り組む事業目的には福祉的な捉え方のものもあります。

杉戸町では、国体記念運動広場の多目的運動場の使用料をこの10月から有料化としています。また、公民館の使用料についても町民から意見を聞くワークショップをこの10日に開くなど徐々に進めています。

私は、使用料の有料化をどうするのかという問題以前にすべきことがあると思います。

杉戸町の財政状況はどうなっているのか、町民にきちんと説明したでしょうか?

今後どのような財政の見通しをしているのでしょうか?

バランスシートも作成していない状況、新たに財務諸表を業者委託するためにから予算を計上している様子からみても少々不安になります。

財政状況が厳しいから歳出削減をしたい。削れるものはないか?の発想で、削減できるものを探しているようにしか思えないのです。

受益者負担の原則を持ち出すと、あたかもそれなりに聞こえてしまうのにも危険が伴います。

まずは、町内の公共施設の建設目的を再度認識し、設置者(行政側)と利用者の負担割合を決定することをお勧めします。

仮に、受益者負担をお願いする場合でも、各施設を稼働するための費用をしっかりと積算し、利用料の算出式を統一すべきです。

場当たり的な方法で算出しても説得力がありません。

また、公民館の使用料については、公民館の運営方法にも議論が及ぶところです。

行政で運営するのではなく、地域の人々に責任を持って運営してもらう。これも一つの方法です。
大きな視野でみれば、行政区の役割といった問題にまで発展すると私は考えます。

施設利用料の有料化という側面でなく、大きな大きな課題も見え隠れします。

皆さんの声をお聞かせください。
【2011/07/08 06:18】 | いしい幸子の活動 | コメント(2) | page top↑
幼保一元化が後退
 おはようございます。石井さちこです。

今朝の新聞に「幼保一元化構想後退」という記事がありました。

民主党政権の構想に「幼保一元化構想」があり、審議会等で議論されていましたが、幼稚園側の反対があり、断念とありました。

経済状況や女性の社会進出により、幼稚園、保育園をめぐる環境は全くと言っていいほど変化しています。

子どもに幼稚園教育を受けさせたいが、子どもを迎えに行く時間がほとんどの幼稚園が午後2時のため、フルで仕事をするお母さんには無理なのです。もちろん、私立幼稚園などでは、通常の時間外の延長預かりを実施しているところもあります。

杉戸町では5園の町立幼稚園を運営しています。
昨年、幼稚園審議会の委員として私は参加しましたが、町教育委員会の考えは、5園を3園に統廃合するということだけでした。

国の動向を見ながら、対処するという方針を付け加えていただくのに大変な思いをしましたが、国の方針が後退してしまえば、杉戸町に至っては幼稚園と保育園の機能が一緒になった複合施設の実施は遠くなってしまいました。

国の方針でなくても、自治体独自の判断ですでに複合施設を実施しているところもあります。

若い世代が望む就学前の教育はどんなものか?

施設だけが新しくなればそれでいいのか?

杉戸町の歳出に占める教育費はこれまで上位を占めていましたが。これはハード面の部分が多かったと私は分析しています。

本来での教育費、つまりソフト面に費用をつぎ込まなくてはと私は考えます。


若い世代に杉戸町を子育ての町として選択してもらうためには、近隣にない選ばれる要素が無くては無理です。

子育て日本一とは何を意味するのか?

幼保一体となる複合施設は今求められている姿と私は思います。

【2011/07/07 06:15】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
マイペースで
 こんばんは。石井さちこです。

今日も日差しが強かったですね。

本日も街宣活動を実施。辻立ちを何か所か実施。そのほかは車からお話しさせていただきました。


万願寺橋交差点で辻説法しました。

車からクラクションでのご声援いただきました。ありがとうございます。


清地地区では、辻立ちをしていると、自転車の乗ったお母様が登場。

「石井さんね。新しい政党ね。こうしてお話ししてくれると内容がよくわかるわよ。向こうに行こうとしていたけど、声が聞こえたから寄ってみたのよ。暑いけど頑張ってね」とお声がけいただきました。

また、車で倉松地区を回っていると、住宅工事をしている作業員の方から手を振ってのご声援をいただきました。

本当にありがとうございます。

ご声援をいただくとますます、私は燃えてきます。テンションが上がります。

明日ももちろん、街宣活動実施です。

お見かけしましたら、お声掛けください。


一日の活動を終え、帰宅。

片腕が無残な状態になっているではないですか。

そうです。日焼けをして真っ赤になっているのです。

片方だけです。恥ずかしい限りです。

ひりひりと痛み始めました。



私の活動は今日に始まったものではありません。

4年前の合併問題から始まり、子どもにツケをまわさない活動は継続してきたものです。

さらなる活動を継続することで、杉戸町が幸う町になるよう取り組んでまいります。

これまでの皆さんとともに取り組んできた活動が実を結びつつあります。

改革は一日にしてならずです・・・・

しみじみと想う今日この頃です。

私は私の想いで動きます。私はブレない・・・・
【2011/07/02 20:33】 | いしい幸子の活動 | コメント(0) | page top↑
三選目指す上田知事を応援
 おはようございます。石井さちこです。

昨日は、上田知事の後援会の集まりに参加させていただきました。

上田知事とは5月の上田政治塾以来です。

この会に参加し始めてもう4年が経つでしょうか。

県内の企業家の皆さんや上田知事を熱心に応援している方の集まりです。

昨日もある首長さんとじっくりとお話をする時間をいただきました。保育園・幼稚園のお話など私の構想を踏まえて意見交換でき、大変貴重な時間となりました。

また、杉戸町の泉保育園の建て替えに関してのご質問をある方からいただきました。日を改めてお会いすることになりました。

こうした会に出席することで人脈も広がり、情報も得ることができます。


さて、今月は埼玉県知事選挙があります。
今回は、与野党相乗りの図式ですが、投票率を上げ、100万票以上の県民の支持を得て上田知事には再選を果たしていただきたいと思います。

現在、日本が国難ともいえる状況の中、日本の復興策がいまだに見えません。

政治家は何をしているのか?

日本がこういう状況だからこそ、地方から変えるしかないのです。

幸いにも埼玉県には上田知事がいらっしゃいます。

埼玉から変革していきましょう。日本のモデルを作りましょう。

そのためには上田知事が必要だと私は考えております。

私は、上田知事の政策をこの杉戸町でお伝えできるよう、活動を続けてまいります。

選挙戦では、ぜひ杉戸町にもお越しいただき、政策を語ってほしいと重ねてお願いしてまいりました。

皆さん、お楽しみに・・・・
【2011/07/02 07:02】 | いしい幸子からのメッセージ | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。