スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
公共施設の使用料及び減免の見直し原案
 おはようございます。石井幸子です。

昨日の続きですが、議会最終日に開かれました全員協議会での「公共施設の使用料及び減免の見直し原案」についてです。

今回の見直しの特徴は、

1.新使用料算定ルールにより1時間当たりの単価等を算出している。

2.町外の個人・団体の利用は、使用料の2倍を原則とする。

3.営利目的の団体の利用は、規定料金に規定料金の2倍を加えて額。(継続的な利用は不許可)

4.減免
    免除   ①町または町の機関の利用
          ②障がい者個人および町登録障がい者団体の利用
          ③町または町の機関が共催する事業を行う団体が利用するとき
    
    減額   ①町内65歳以上の個人・団体  1/2減額
          ②町内の小・中学生の個人・団体  1/2減額

 減額の部分が大きな変更点であります。

これまで公民館などでのサークル活動をしていた団体の方には、今までの全額免除から使用料の半額を納めていただくという改定案であります。

公共施設の有料化はこれまで条例で規定されていましたが、歴代の町長が免除・減額を定めたことにより、実施されてきました。

町ではいろいろな意見があります。

今回行政側は、厳しい財政により公共施設の維持費をいくらかでも使用者の方にご負担をお願いしたいという理由での使用料見直しと、減免の見直しを提案しています。

多くの利用者からは、減免を今までの通りにということで請願が提出されています。9月議会の時点では、町側からこれらの内容が未提示でしたので、委員会では私石井幸子が動議を出し、継続審議ということになっております。

私は、議会閉会中に議員有志によります「公共施設有料化および減免見直し案についての勉強会」をしましょうとお声掛けさせていただいております。

議会側でしっかりと内容を抑える必要があります。

客観的に今後の行政運営を踏まえた場合に、この問題をどう取り扱っていくのか、町民の皆様方にしっかりと説明し、ご理解いただけるようにしたいと考えております。

本日は、埼玉県町村議会主催の講演会に参加いたします。その時にも各議員に勉強会のお声掛けをしたいと思います。
 
【2011/10/14 06:21】 | 議会報告 | コメント(1) | page top↑
<<明日は「まちづくり懇談会」です | ホーム | 再発防止策検討委員会>>
コメント
受益者負担
公共施設とは言え、ある特定の方たちがほとんど利用している施設等については、減額も私は必要がないと思います。
あくまでも公平性を重視していただき利用者は受益者負担で利用してもらうべきだと思っています。
議員さん達も有権者からの声を聞くのはいいですが、地域住民がどれくらい利用している施設か考えて、是非受益者負担で決定いただきたいものです。
財政が厳しいわけですから、当然です!
ちなみに私は、一度も利用したことがありません。
さらに65歳以上の方の減額案もあるようですが、必要ないです。
高額ではないわけですから、町の公共施設の為にも、小額も負担いただきべきです!
高齢者医療費削減の問題はあるかも知れませんが、小額負担できない方は有料施設を利用すべきではないと思います。
今の若者は、皆大変苦労して就労しています。経済も厳しい昨今、高齢者が有料反対!と言っているようですが、現役世代からみますと、自分の事しか考えていない!
ありえない、話です。
公民館、国体記念運動公園など、全て受益者負担の有料でお願いします!
是非、議員皆様も支持者の声の代弁ではあなく、将来の見据えた判断に期待しております。
【2011/10/14 15:49】 URL | 杉戸っ子 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。