スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
9月議会 審議中
おはようございます。石井幸子です。

9月議会も一般質問は終了しました。

9月は決算議会です。

税金がどのようにつかわれてきたのか、審議します。

人件費を削減するばかりに、補助金で業務を委託する場合が数多く見受けられます。

杉戸町の歳出が抑えられればいいのでしょうか?

県や国の補助金ならよいのか?

また、緊急雇用創出と名がついてはいますが、本当に雇用対策の一助になっているのでしょうか?疑問が残ります。

本来、職員がすべき業務をあえて補助金があるから、業務委託をする。

どこか違うと思うのです。

杉戸町だけの問題ではなく、国の仕組みそのものに問題があるのではないでしょうか?

地方も国に甘えることなく、行政とはなにをすべきなのか?

原点に立ち返り、考える必要があると考えます。

また、まちづくり支援事業として、団体に支援金を出していますが、

これもどうかと思う事業も多々あります。

ボランティアとはなにか?

自治会活動とはなにか?

自治会に配布物交付金として補助金がいってます。

また、自治会費も集めています。

本来の活動は、自前で賄える活動であると私は思います。

支援金、補助金が本来の趣旨で使われるよう、検討していきたいと思います。

これから明日の議会の準備です。
【2012/09/09 10:42】 | いしい幸子からの提案 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。